ジョーダンスピース全英優勝クラブセッティングは?3番アイアンは絶妙!

全英を制覇した、この日のジョーダンスピースの、クラブセッティングを紹介します。

特にこの大会で(特に13番)、大活躍した3番アイアンは、必見!

2017年の、メジャー第3戦の全英オープンは、「ジョーダンスピース」の終わってみれば、完全優勝で終わりました。

しかし内容は、楽勝かといえば、決してそうではなかったですね。

特に、最終日の出だしからの4番までにすでに3ボギー。
ここで、2位の「マットクーチャー」に並ばれて、まさかのマスターズの再来?

スポンサーリンク

「全英で勝つのが夢だった。ドラマチックな最終日だ」

本当にドラマチックでした。
昨年(2016年)マスターズで、5打のリードで誰もが優勝を疑わなかった、あの魔の12番。

2度も池に入れて、あえなく逆転を許してしまいました。
私も見ていましたが、あれはショックだったな~

バックナインで5打のリードが、まさかの逆転負け!

思わずいつかの、グレッグノーマンを思い出しました。

同じく、最終日のマスターズで、自滅でニックファルドの優勝でした。


(出典元:http://www.sankei.com/sports/news/170724/より引用)

全英優勝クラブセッティングと3番アイアンの品名は?

ではジョーダンスピースの、この日、全英オープンを制覇した、クラブセッティングです。
基本的に、ジョーダンスピースは

「タイトリスト」

の契約プロです。
なので、最初っからタイトリストを使用しています。

ウェアは、アンダーアーマーのようですが、当初は契約は無かったような気がします。

しかし、シューズは

「アンダーアーマー」

このアンダーアーマーの、ゴルフシューズは、「ジョーダンスピース」があればこそ。

なぜなら、アンダーアーマーはゴルフシューズが、なかったのです。

スピースが履いてくれたから、いわば契約成り立って

「スピースワン」(アンダーアーマーゴルフシューズ)

ができたわけです。
まだ売ってるかな・・・スピースワン
限定だったから・・・もうないかもね。

アンダーアーマースピースワンシューズはこちら

ここまでは余談でした。(スピースワンは売ってるようです)

ジョーダンスピースのクラブセッティング

クラブセッティングは下記です。

1W: タイトリスト 915D2
(9.5°、アルディラNV 2KVブルー70・X)
3W: タイトリスト 915F
(15°、ツアーAD DI ・7X)
3I:タイトリスト718T-MB
(20°、ツアーAD DI・95X)
4I:タイトリスト 716T-MB
(23°、プロジェクトX ・6.5)
5I~9I:タイトリスト 716 AP2
(プロジェクトX ・6.5)
WEDGE:タイトリスト ボーケイ SM6 F
(46,52,56,60°、 プロジェクトX ・6.0)
PT:スコッティ・キャメロン009プロトタイプ
BALL:タイトリスト Pro V1X(17年)

タイトリスト Pro V1X価格比較はこちら

とこんな内容です。

ジョーダンスピースと3番アイアンとパターのブランドは?

ジョーダンスピースの「全英オープン」で目立ったのが

オレンジシャフトの

「3番アイアン」

「スコッティ・キャメロン009プロトタイプ」

のパターです。

明暗を分けた3番アイアン


(出典元:http://www.golfdigest-minna.jp/より引用)

全英オープン特有の強風に、対応するための処置で、ウッド型のUT(916H2)を抜いて、今大会はこの3番アイアン

「タイトリスト718T-MB」(ロフト20度)

をバッグに入れたわけです。
正直この3番アイアンは、今回の全英オープンでは、ジョーダンスピースにとっては

「伝家の宝刀」

並だったような…そんな気がします。

13番のショットは圧巻でした。

パターの名手が愛用する009プロトタイプ


(出典元:https://jp.pgatour.com/pgatour/news/より引用)

このスコッティーキャメロンの、ピンタイプのパターは、プロ転向以降、すべての勝利に使用されてきました。

総重量:350g
ロフト角:4度
ライ角:71度
ヘッド素材:ソフトカーボンスティールオイルカンフィニッシュ

驚くことにジョーダンスピースは、このパターを15歳の時から使用しているそうです。

要はジュニアの時代から、使用していることになります。
ちなみに全米ジュニア選手権を、2度制覇したのはタイガーウッズと、ジョーダンスピースの二人だけです。

こんなパターです。

この009パターですが、この今の市販のもの(ほとんど新品はない)とスピースの使用するプロトタイプの違いは?

下記のような違いがあるようですよ~~

009プロトタイプの方が市販品よりも

「よりフラットで厚みのあるトップラインを持ち、ボディ自体はフロントからバックにかけてややワイドで、ソフトで丸みのある輪郭」

ということのようです。

皆さん如何ですか?

009パター価格比較はこちら

現在は009ではなく「ニューポートパター」は新品で、これに該当するようです。

ニューポートパター価格比較はこちら

形状は同じような印象ですが、やはりちょっとね~~

ジョーダンスピースのドライバーと飛距離は?

ジョーダンスピースのドライバーは、上記のように

1W: タイトリスト 915D2
(9.5°、アルディラNV 2KVブルー70・X)

です。
こんな顔ですね。


(出典元:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/より引用)

タイトリストは昔っから、洋ナシ型のヘッドで、私は大好きでした。

実は私はタイトリストの愛用者です。
ちょっと方は古いですが、ドライバーはタイトリストを愛用しています。

購入時、7万円ほどでしたが、今でも使用しています。

「大好きです」

気になりジョーダンスピースの、飛距離ですが、GDOのデータによると

「291ヤード」

で飛距離ランキングでは

「94位」

という成績です。
トータルドライブでも

「147位」

元々飛距離で稼ぐ人ではないんです。

パットの名手です。

それと小技というか、ショートゲームはピカ一でした。

  • 平均ストローク:1位
    パーオン率:2位
    平均パット数:3位
    バーディー率:1位

こんな感じの上位成績です。
(2017年7月26日現在)

ジョーダンスピースの全英でのポイント

全英オープンは、名物は風!

それと悪天候と、夏でもブルゾンが必要なほどの気温!

フェアウェイは固い。

そこで、タイガーウッズの優勝の時もそうでしたが、何度も見たのがティーショットに

「アイアン」

よく使われた記憶があるのが

「ドライビングアイアン」

ジョーダンスピースが投入したのが

「3番アイアン」

のようですね。
確かに映像で、このクラブをよく手にしていました。
そしてことごとく、いい位置にコントロールしていたようです。

このショットがさえたのが

「13番練習場ショット」

これはこの先語り継がれる、名ショットだと思います。


(出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/より引用)

13番で、スピースとクーチャーはともに並んで、首位タイ。

ところが13番でスピースが、ティーショット(1w)を大きく右に曲げて、深いラフ。

とても打てないと判断して、アンプレアブルを宣言。

そこで目についたのが、13番右わきの練習場。

ピンとロストの地点を結んだ後方線上の、練習場のフェアウェイ並みに刈り込まれた、非常に良いライにドロップ。
事前に協議委委員に、ここにドロップはいいか確認していましたね。

そこでピンまでのルートを確認するのに、かなりの時間を要したようですが、さすがですね~~

ピンまで230ヤード。

持ったクラブは3番アイアン。(オレンジ色のシャフト!)

最終的にアプローチを寄せて、ボギーでこのホールをしのいだわけです。

しかしこの時点で1打差の二位。

「このホールは落としたけど、いまこの瞬間、流れが変わったぞ」

キャディーの、「マイケルグレラー」さんの言葉が、光りますね。

ここからが圧巻でしたね。
説明の必要はないかと。

人間なんでもそうだと思います。
人生だった同じかと。

何かのきっかけが、流れを変えて、幸運を引き寄せることがあるんだと思います。

このゴルフの中に、人生を感じた方は、結構いらっしゃったのではないかと思いますが、皆さんは如何思いましたか?

スポンサーリンク

ジョーダンスピース全英優勝クラブセッティングのまとめ

終わってみれば、ジョーダンスピースの完全優勝でした。

しかし13番で1打リードを許して、そこからの巻き返しはさすがです。

ジョーダンスピースの、生い立ちや彼の経験からしたら、やはりマインドはこんなものでは、崩れなかったですね。

キャディーの「マイケルグレラー」さんもさすがです。

この二人は、ジョーダンスピースがアマチュアの時代からの、お付き合いですから。

マイケルグレラーさんを、ジョーダンスピースに紹介したのは親友の

「ジャスティントーマス」

です。
ジャスティントーマスは、大学を卒業してからのプロ転向。
ジョーダンスピースは、大学中退でプロ転向。

同じ道ではないですが、二人は大学時代のアマでのよきライバル!

(詳しくは下記で紹介しています。)

ジョーダンスピースのプロフィールは?年収や家族や恋人の噂も!

さてこうなると、俄然ジョーダンスピースの

「キャリアグランドスラム」

が現実味を帯びてきました。
この若き天才ゴルファーが、次の全米プロ選手権で優勝するかどうかに、多分全世界中のゴルフファンが注目です。

なんで??

なんでって・・・
キャリアグランドスラムを達成したプロは、長い全英オープン1850年からの歴史の中でも、たったの

「6人」(ボビージョーンズ含む)

しかいないからです。
元々グランドスラムという言葉は、ボビージョーンズが当時のメジャー大会すべてに勝利して、出来た言葉だといわれています。

ただ当時はまだ、今のようなマスターズ、全米プロ選手権はありません。

当時は

  • 全米オープン
    全英オープン
    全米アマチュア選手権
    全英アマチュア選手権

この4つを1年間に、要はその年開催のすべてに勝利したわけです。
これは1930年の年です。

そこで、初めてグランドスラムと、いう言葉が出たんだといわれています。

今はマスターズと、全米プロが上記のアマ選手権に、とって代わっています。

年間グランドスラムは、達成者はその後いません。

  • ボビージョーンズ:年間グランドスラム(対象試合は今とはちがいます):13勝
    ジーンサラゼン:一回:7勝
    ベンホーガン:一回:9勝
    ゲーリープレーヤー:一回:9勝
    ジャックにクラウス:3回:18勝
    タイガーウッズ:3回:14勝

という感じです。

ここに、ジョーダンスピースが入るかどうか・って時間の問題というか、何回やるかに早くも注目かもしれないな~~

なんて自分で勝手に思ってしまいました。

キャリアグランドスラムの複数回達成者は、上記のように

ジャックにクラウスと、タイガーウッズのみです。

では・・次回の・・ジョ-ダンスピースプロの、全米プロ選手権・・

注目ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る