秋雨前線と台風の関係はいつまで続く?秋の長雨の季節感も感じる言葉!

秋雨前線と、台風の関係を書いてみようと思います。
基本、秋雨前線が発生するのは

「8月の末頃から10月頃」

です。
ということは、台風の季節と重なって、すごく厄介な前線だといえます。
秋の長前は、「秋霖(しゅうりん)」とも呼ぶそうです。

秋雨前線と、台風の関係はいつまで続く?

スポンサーリンク

以前の記事で紹介しましたが、秋雨前線は北のオホーツク高気圧と、南の太平洋高気圧の間に発生する前線です。

ぶつかり合うところは、気温の差が大きいので、このような前線が発生するとのこと。

さてそこへ・・・台風が・・


(出典元:http://www.tenki.jp/suppl/hiroyuki_koga/より引用)

秋雨前線と台風の関係は?

秋雨前線が発生するのは、一般的に

「8月の末頃から10月頃」

となっています。
この季節は、いわば台風の季節です。

2017年の今10月21日は、まさにその現実になりそうです。

台風21号が、北上中で23日には上陸しそうな雰囲気。

そこで、どの台風もそうですが、北上ししたがって、秋雨前線を刺激してどんどん大雨を降らせます。

これが、秋雨前線と台風の厄介な関係かと思います。

場合によっては、とんでもない雨量に、達する場合もあります。

これはまずいですね。

11月はいると、秋雨前線は日本列島の南側に押し下げられて、やがて消えます。

そこまでが、台風と付き合わないといけない、期間になるようです。

それまでの間は、ひたすら台風が来ないことを、祈るしかないですね。

お天気には誰も勝てませんから!

秋雨前線と台風の大雨の関係は?

上記に書いたように、秋雨前線を台風の湿った空気が、変に刺激するからなのですが、すべての場合に大雨になる?

ではないようです。

ではどんな要因が?

これはもう何とも言えないようです。

台風の進路に当たるところに、前線がちょうどある!

しかも、日本列島にすごく近いか、もろに日本列島にかかってる…とか・・

台風の進路には、かからずにヘリをかすめていくような進路…とか

いろんな場面が、想定されるので、その台風と秋雨前線の位置関係が、すごく重要のようです。

然しひとたび、大雨の要因が重なった場合は、とんでもない災害になる場合もあるので、すごく注意が必要かと思います。

秋の長雨ってなんだ?

「秋の長雨」ってよく聞きます。

ではこの意味って?

どうやら、概ね下記のようなことのようです。

夏が終わって、秋雨前線が停滞する、一か月以上の期間ということのようです。

そして長雨という定義はどうやら

「1週間以上雨の日や曇りの日が続く」

事を指すようです。
したがって、秋の長雨というのは

「秋雨前線停滞で、一週間以上の雨が続いてる状態」

ということかと思います。

あきんアが雨の特徴は、しとしと雨だと言います。

別名を見るとこれは風流ですよ~~

  • 「秋霖(しゅうりん)」
    「 秋入梅(あきついり)」
    「秋湿り(あきじめり)」
    「秋さずい」
    「秋の地雨(あきのじあめ)」

というようです。
これは、また別記事で、詳しく紹介します。

スポンサーリンク

秋雨前線と台風の関係のまとめ

秋雨前線が発生するのは

「8月の末頃から10月頃」

です。
しかしこの時期は、台風が発生する確率が、最も大きい期間でもあります。

実際2017年の今年は、現在台風21号のまさに、ライブ中です。

台風の暖かい湿った空気が、秋雨前線を刺激すれば、とんでもない大雨が降るかもしれません。

警戒が必要かと思います。

秋雨前線と台風の関係は、秋雨前線が消える、11月初めころまで、続くかもしれないですね。

いつの時点で、オホーツク高気圧が、南下して太平洋高気圧を下に、押し出すかにかかってるようです。

すると・・いやな冬がやってきます。(私個人の感想)

秋の長雨の意味も、上記に紹介しました。
別名を見ると、すごく風流を感じる、そんな言葉だな~~
って思った次第です。

さすが、日本先人(古人)の方は、季節を表現するには、長けていますね。

秋雨前線はいつからいつまでの季節に発生?別名や天気図も調べた!

秋雨の別名は何と言う?秋雨前線で長雨がいつまで続くか予想した!

これを知ってると、ちょっと周囲では、カブが上がるかも!

なんてね!

然し台風、何事もなく過ぎていってほしいな~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る