飛躍とは?成功者は論理的な飛躍を常は常識!大きく成長する条件は?

庭に自生するイワヒバの9月の風景

飛躍とは?
世の中の成功者の多くの方は、論理的な飛躍を常にしているのは、常識的な感じがします。
大きく、成長する条件を考えてみました。

一年の初め、または何かの転機をもって、大きく飛躍するチャンスが、誰でも巡ってくると思います。
問題は、それをどうやってものにするか?

さて?

どうすれば大きく飛躍できるのか?
個人的な考えですが書いてみました。

スポンサーリンク

 

飛躍する人にとって通常の常識は非常識だ!

 

ことわざ

雲の上の成功者の方・・例えば私が尊敬する

  • 1:アマゾンCEO
    2:楽天会長
    3:ソフトバンク会長
    4:facebook会長

などなど・・の方の思考回路は、一般の方とは違う?

そうですね~~やっぱし私は違うと思います。

世の中の方と、同じ思考回路では、普通のサラリーマンと同じで、終わっていたのでは?

私はそう思います。
よく、投資の世界では、新聞やメディアで、株は買いと出たら、そこですでに終わっている!

「怖いところを売るが極意ぞ!」

これは確か、本間宗久伝でしたか・・

普通の方の逆を行くのが、極意なのかもしれません。

なので、通常の常識は非常識的な発想でないと、こういう方のようには、なれないのかな~~って思います。

勿論、そんなことを望んでいても、雲の上の方と肩を並べるなんてのは、まずもって不可能!

程度の差こそあれ、日常的にそう考えていけば、少しは飛躍の可能性があろうかというたとえなんだべな~~~と。

できないことをできなかったで終わらせない!

 

ことわざ

私は以前の会社では、結構な立場でした。
でも、壁はしょっちゅうでした。

では、その時の社長はどんな人?

それが・・

「できないことをできないで終わらせない!」

こういうかたでしたね~~
皆さんの周囲でもいませんか?

会議で・・

「そんなことが、常識的にできるのか?」

って思うことを、常々口にする上司や、できる社員!

当然ですが、周囲は大迷惑!
できそうもないことを言って、そのできないことにまい進させていく、そんな合意を形成させていくんですから。

やりたくない、ゆるブラックを望む方にとっては、これは大迷惑ですね。

でも、できる方は、そんなことはお構いなく、どんどん攻めていきます。

飛躍する方は、ここが肝心のような気がします。

定年しましたが、雇用延長で働いていますが、これまでのサラリーマン生活では、そう感じてきました。

そして、いつの間にやら、できないと思っていたことができている‥なんで?

そこで、どこが違うんだ?

その思いをレビューすることが、肝心かと思います。

自分の時間は24時間しかない!

 

ことわざ

営業のプロは、自分だけでやろうとは決して思いません。
なぜなら、自分にはどう考えても、1日の時間は24時間しかないからです。

できる社員ほど、ネットワークを構築しているように、感じるんだな~~

要は、自分の代わりに仕事をしてくれる人を、たくさん持っているんです。

例えば、ツールでいえば(でないものも・・)

  • 1:HP
    2:情報発信用のブログ
    3:経営者にとっては社員
    4:提携先
    5:友人など・・

などなど・・たくさん考えられると思います。
これらは、自分の代わりに、寝ていても稼いでくれそうですね。

これらを、大きく活用していけば、自分の代わりに稼いでくれます。

成功する方は、この辺の考え方が違うと思うんだな~~~多分!

スポンサーリンク

・・・・・・・・・・・
関連記事

後悔って、本当に後でするものなんだな~~
先に、予測しておけば、そうはならないものを‥と思っても、そこが人間なんだと思います。

後悔先に立たずの意味と語源の由来は?英語訳や使い方の例文の考察!

女性の印象を、表現するには最高の言葉の一つに感じます。

艶やかとつややかの違いは?意味と使い方の例文や英語表記は?

なかなかいい言葉だな~~って思います!

・・・・・・・・

斯くいうお前は飛躍したのか?

 

職務怠慢の見本

と言われるとなんとも・・
しかし、長いサラリーマン人生で、私が感じた経験値です。

会社での立場が、上になっていくにしたがって、このできないことが重くのしかかってきます。

平社員の時は、逃げ回っていても、立ち場が違うと、それを正面で受けていかないといけない時期が、人生には何度も訪れます。

その時に、できない理由を並べても、許されるかと言ったら、許されないんだよね~~

で・・結果、その重圧で会社を去ることに、なったりするんだな~~

現実、そういう方をたくさん見てきました。

でも、中には、必ず皆さんの周囲にもいるはずです。

「あいつ変わってるな~~~なんであんな発想ができるんだ?」
「部長って、もともとああいう人なん?何で知らないうちにできているんだ?」

なんていう方!

ここは一番、真似て見るのも手ですよ~~

正に

「守破離」

の世界かと。

大きく飛躍するには、まずは自分の常識を見直すところから・・かもしれません。!!

*私の個人的な見解なので、参考にならないかもしれませんが、四方山話として!

・・・・・・・・・・・

関連記事

サッカーでいうアウェーは、日常的に使えそうな言葉ですね。

アウェーの意味や使い方の例文は?類義語や読み方や英語表記はどう?

職務怠慢が、一番しっくりくる怠慢に感じます。

怠慢の意味や使い方の例文は?類義語や読み方や英語表記はどうなる?

類義語や、例文なども考えてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る