即位の礼の意味と一般公開やテレビ放送時間は?場所といつかの考察?

x-t3で撮影画質の評価3月のスギゴケの自生の写真1

202年ぶりの退位による、即位の礼が行われます。
場所や、テレビ放送の予定や、一般公開(一般参賀)の場所や時間などを、公開されてる限りの情報を書いてみようともいます。

この後の、即位の礼正殿の儀は2019年10月22日の予定で、その時に招待するお国の数がすごいですね。(予定)

知っての通り、即位の礼というのは、新天皇が即位するにあたって、執り行われる儀式にあたります。

天皇が即位するというのは、日本国にとって最大のイベントであって行事です。
世界の王家にあっても、日本の天皇家ほどの歴史を持ってるお国はありません。

しかも万世一系です。

日本が、世界に誇れる王家と、言えると思います。

スポンサーリンク

新天皇陛下が、即位する儀式ですから、我々庶民の代替わりのようなものでは、ないわけです。

それこそ、国事行為ですからね~~

即位の礼の儀式の種類とテレビ生中継のスケジュールは?

即位の礼が行われる場所は、もちろん皇居です。

どうやら、テレビで生中継されるようです。
5月1日は、NHKの視聴率はうなぎのぼりかと。

 

即位の礼の儀式の種類とテレビ放送スケジュールは?

 

以下のようです。

  • 1:退位礼正殿の儀:月30日(火)17:00〜
    2:剣璽等承継の儀:5月1日(水)10:30〜
    3:即位後朝見の儀:5月1日(水)23:10〜

関連番組は?

  • 1:新天皇・新皇后 歩まれる道:5月1日(水)20:00〜20:55
    2:ご即位一般参賀〜皇居・宮殿・東庭から中継〜:5月4日(土)9:55〜10:10

のような、予定です。
なお、NHKのオンデマンド放送でも、後で見れます。(期間があるようですが・・)

では、この儀式にどんな意味があるのかの考察です。

1:退位礼正殿の儀:現天皇が、退位する儀式です。

いうなれば生前贈与のようなもの・・かな・・ちょっと違う??
これまでの天皇は、生きているうちは天皇の地位でしたが、初めての皇位の継承を生きているうちに行うわけです。

これはまさに英断ですね!

2:剣璽等承継の儀:三種の神器を継承する儀式です。

三種の神器はこちらで紹介しました。

三種の神器の由来と意味は?保管場所や檀浦の歴史的意味の考察!

天皇は、この三種の神器を代々継承してきたわけです。

3:即位後朝見の儀:天皇がご即位後初めて公式に三権の長をはじめ国民を代表する人々に会われる儀式です。

ここで初めて、新天皇としてお言葉を述べられます。
このお言葉には、ちょっと注目ですね。

*ということで、4月30日~5月1日は忙しそうですね・・日本中が。
ということで、祝日(休日)になったわけです。

・・・・・・・・・・・

天皇の歴史の中で、摂政と関白は抜きで語れません。
有名な関白と言えば「豊臣秀吉」かと。

天皇の歴史 神話から歴史へ!

関連記事

天皇の即位には必須の三種の神器の由来や、その価値について紹介しました。

三種の神器の由来と意味は?保管場所や檀浦の歴史的意味の考察!

初代天皇の名前と、天皇家の歴史について調べてみました。
すごい歴史があるんですね。

初代天皇の名前は?現在は何代目で何年の歴史があるか調べてみた!

・・・・・・・

即位の礼の一般参賀の場所と日程と時間は?

即位の礼は、一般公開はされません。
しかし、終了後に

「即位後の一般参賀」

が行われます。

詳細は以下のようです。

  • 1:日程:5月4日
    2:入場可能時間:9:30~14:30
    3:入口(参入門):皇居正門
    4:退出門:坂下門、帰京門、大手門、平川門、乾門、北桔橋門

重要な、新天皇陛下のお出まし時間は以下のようです。

  • 第1回 10:00
    第2回 11:00
    第3回 12:00
    第4回 13:00
    第5回 14:00
    第6回 15:00

とこんなようです。
お近くの方は、行ってみるのもいいかと思います。
私も近かったら行くのですが・・

ここで注意!

  • 1:手荷物検査があるので、疑わしきものは一切携行しない
    2:検査の都合にかかわらず、かなりの混雑が予想・・時間に余裕を持っていくこと。

ですね。

前回の平成天皇即位の際には、「即位礼正殿の儀」の後なのでしたが、今回はお祝いムード真っ盛りの最中が吉!

ということで、前倒しになったようです。

なお、この

「即位礼正殿の儀」

は、10月22日の予定です。

スポンサーリンク

即位の礼のスケジュールやテレビ放送時間まとめ

202年ぶりの生前退位ですが、歴史をたどると最後の生前退位は

「光格天皇」

が、仁孝天皇に皇位を継承した

「文化14(1817)」

まで、さかのぼるようです。
譲位の理由はわかりませんが、当時は上皇として院政を敷く・・が常のようだったようで、そのような内容だったのかもしれません。

天皇の歴史で、生前の退位はそれ以降はありません。

なので、202年ぶりなのですね。

しかし、歴史をたどると、生前退位は普通に行われていたようですね。
もちろんそこには、時代が時代ですから、権力闘争が存在していたことは、言うまでもありません。

どこのお国の王様(王家)もそうだと思います。

しかし、そうであっても、万世一系でここまでの歴史を積み上げてきたのは、まさしく誇れる歴史かと。

私はテレビで見るしかないですが、この歴史的瞬間に出会えることは、いいことだと思います。

慶事ですから!

・・・・・・・・・

天皇と天下人・・と言えば、織田信長や豊臣秀吉や、徳川将軍家かと。
もっと古ければ、鎌倉時代や・・

即位の礼関連図書はこちら!

関連記事

世界の王家と、日本の天皇の歴史的な古さを比較してみました。

天皇家は世界の王家で歴史の古さはどん位?ランキングにしてみた!

世の中人手不足です。

人手不足の原因と賃金の関係は?人が辞める会社の特徴他のまとめ!

この人手不足はいつまで続くんでしょうか?
景気は、後退局面??
いえいえ・・米中が以外のも、好景気を維持しそうなので、まだまだ続くような気がします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る