付加年金とは メリットとデメリットは?掛け金や年金支給額は幾ら?

猊鼻渓の舟下りの風景写真

付加年金(付加保険料)って皆さん知ってますか?
付加年金をかけられる方はどんな方か、この年金額や将来の掛けた場合のリターン、つまり付加年金支給額も併せて、紹介します。

一般的に、付加年金をかけられる方は、国民年金を支払ってる方になります。
ではどんな方が対象か・・それを紹介していきます。

やはり、どんな年金制度にも、メリットやデメリットもつきものですが、それも考察してみます。
たったの2年で掛け金を回収できる、たった400円の投資ですが、これほど確実な投資はないように思うのですが、それでもデメリットって、考えてみればあるんだな~~

が・・結論から言うと、かなりメリットがあるので、ぜひかけておいたほうがいいです。

スポンサーリンク

老後は年金だけでは暮らせない!

そんな、考えがいわば定番なのですが、然し見方を変えると、暮らせないこともなさそうです。

それには、条件があります・。・

「有利になることは徹底的に使い倒そう!」

これです。
付加年金もその一つかと!

付加年金ってどんな年金制度だ?

皆さんの老後の予定はいかがですか?
私はすでに定年して、現在年金いただいてます。

まだ、一度(2019年1月現在)しかいただいてませんが、年金ってありがたい制度だな~~って思います。

 

付加年金ってどんな年金?

 

加入資格は、次の章で詳しく紹介しますが、たったの400円を国民年金の保険料に上乗せするだけで、将来の国民年金を増額できるサービスです。

付加年金の掛け金:400円

です。
ただしこれは今現在の金額です。(2019年1月現在)
でもず~~~っとこの金額でしたから、変更ってあるかな~~っても思います。

 

国民年金ってなんぼいただけるの?

 

今現在(2019年1月現在)は下記のような金額のようですね。
これは昨年度(2018年)の実績です。

  • 満額支給額:77万9300円
    月額だと:65,000円

となります。
これではちょっと心もとないですね。

要はこれに少しでも、プラスできる年金!

そう思っていただければいいかと。

付加年金を掛けられる方はどんな方?資格は必要か?

では次に、この付加年金の恩恵を受けられる方についてです。
上記で紹介したように、付加年金は、国民年金保険料に、400円プラスして支払います。

ですから、当然ですが加入資格は

「国民年金保険料を支払ってる方」

になります。
一覧にすると下記の方が対象になります。

  • 1:農業者年金の被保険者(必須)
    2:自営業者
    3:無職
    4:アルバイト・パート
    5:20歳以上の学生
    6:任意加入被保険者

1番の農業者年金ですが、我が家ではおふくろが受給しています。
これにも条件があって、農業を賄う維持するための財産登記が、されていないといけません。

我が家では、親父とお袋で将来を見越して、お袋に田んぼの半分を登記しました。
二人で話し合ってそうしたようです。(農業者年金をかける時点で)

いずれ、上の方が対象になります。

*サラリーマンは、厚生年金ですから、対象にはなりません。

付加年金のリターンと掛け金の回収期間は?

さて・・問題の一番気になるリターンです。

 

付加年金の掛け金や期間のイメージは?

 

支払いイメージ

400円 * 12か月 * 10年 =48,000円

10年だと、48000円支払います。

この場合のリターンは?

200円 * 12か月 * 10年 =24,000円

ということで24,000円になります。
この24000円が、年金にプラスして支給されます。

なんと~~~

掛け金は2年で回収できます。
しかも年金は、生きてる一生です。

掛けないほうが、損してる感じになりそうな予感!

この掛ける期間ですが、20年ならもちろんその倍になります。
今、国民年金の方は是非、検討されたほうがいいかと…・・・お勧めです。

 

得する付加年金の保険料の支払い方法は?

 

月額400円ですから、お勧めはまとめて支払う「まとめ払い」です。

1年払いのいわゆる年払い方式だと

「100円引き」

になるようです。
100円じゃあ~~缶コーヒー買えないなあ~~

とは思いますが、お金がたまる方は、こういうことには余念がないのです。

・・・・・・・・・・・

ちょっと怪しい本ですが…
ほんとかな??


(楽天の商品リンク)

年金だけでも暮らせる方法があるそうですが!!

年金だけでも暮らせます!!

関連記事

年金が気になる方は、定年退職も気になるかと。
定年に関する気になることを、まとめてみました。

定年退職の年齢や再雇用や健康保険は?住民税減免などの問題まとめ!

年金口座や、繰り上げなどの期になることはたくさんあろうかと。
そんな内容をまとめてみました。

年金口座選定や繰り下げのメリットやデメリットは?関連記事まとめ!

・・・・・・・・・・・

付加年金のメリットとデメリットは?

では、気になるメリットとデメリットについての考察です。
たった400円で、掛け金はたったの2年で回収できる、この付加年金制度。

これでも、デメリットってあるの?

って‥最悪って考えると、ありそうですね~~

 

付加年金のメリットは?

 

書くまでもないですが、たったの2年で掛け金が回収できることが、メリットですね。

でも最大のメリットは、回収後も一生生きている間、その年金は受給できる。

年金ですから当然ですが、こんないい制度もあるんだな~~
って思いました。

 

付加年金のデメリットは?

 

さて・・そのデメリットですが、下記のようなことを考えてみました。

  • 1:物価スライドに対応していない
    2:将来年金制度が破綻しない?
    3:年金受給まで生きていく自信がない
    4:繰り上げ受給すると減額の対象になる
    5:国民年金の免除制度の方は使えない

などなどです。
国民年金などの年金は、物価スライドに対応しています。
インフレで、物価が上司た場合は、連動して一定比率で増額されます。

が・・・この付加年金はそれに対応していません。

が・・・上記の年金が破綻っていうことも考えたら、何もできないよね!
っても思います。

こんなデメリットがあるかな~~~っては思いました。

スポンサーリンク

付加年金制度のまとめ

付加年金について、紹介してきました。
一ヵ月の掛け金が、たったの400円です。
回収にはたったの2年です。

その後は、一生かけた期間による計算に基づいて、支給を受けることができます。

ぜひ検討してくださいね~~~

年金を、受給して思うことですが、本当にありがたい制度だと思います。

我が家の娘夫婦はたまに、年金は貰えるだろうか?

そういうことを、将来の不安からだと思うのですが、よく言います。

年金は多少の減額はあっても、支払った金額は原則戻ってくると、私は信じてます。
年金定期便の支払った金額欄を見ると、たぶん納得するかと。

私も含めて、支給額と支払金額を見ると、ほぼ短期間で回収します。

この数字が、ず~~っと続くとは、もちろん私は思いませんが、然しお国が破綻する事態にならない限りは、大丈夫かと…

え??

あまい??

かもな~~って、ずいぶん以前から、そういうことは言われてましたが、数十年たってこの年金制度が、大きく減額されたかな?

おふくろの年金管理してますが、確かに減りましたね~~~
介護保険料などというのが、結構大きいですね。

それはまた次回に!

・・・・・・・・・・
関連記事

以前ほどではなくなったようにも思いますが、熟年離婚はやはり重要な社会現象かと。

熟年離婚の年金分割や手続きや再婚や介護やランキング総合まとめ!

年金の繰り上げや繰り下げについて書いてみました。

年金は何歳から受給が一番得?繰り下げ繰り上げ制度を試算してみた!

何歳から支給開始するのが、一番有利になるのでしょうか?
その辺の検証をしてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る