年金は何歳から受給が一番得?繰り下げ繰り上げ制度を試算してみた!

鳴子峡遊歩道から見た紅葉の写真

年金受給の年齢は、いつからが・・何歳からが一番得するかの考察で、正解は何歳?

年金の貰う(受給)年齢は、受給資格年齢に達して、繰り上げや繰り下げというシステムがあって、自分で選択できるようになっています。

昨年のお国の議論で、繰り下げを70歳までの選択した方には、特に優遇する・・そんな話も一部でありました。(決まってはいません)

働きながら年金を受給してる方も、多くいます。
実は私もそうです。

働いているからとか、平均年齢が伸びているからとか、そういう観点も考慮したうえで、
年金には、加給年金もありますし、その個人のおいて少し条件の違う場合もありますから、その辺も考慮して、私の場合も含めて、シュミレーションしてみました。

スポンサーリンク

皆さんの年金の、受給額の予定はいかがですか?
金額や、何歳からの正規の受給資格か、認識していますか?

私は、体調の面もあって、62歳の昨年末から受給しています。

年金の繰り上げ需給は損か得か?


(年金手帳ケースでレビューが一番多い商品!!)

年金は、60歳からの受給資格が発生します。

が・・現在の制度では、65歳までの支給開始年齢の移行期間中です。

60才からの受給開始の、繰り上げ需給が可能なのは、一般的に

  • 1:「老齢基礎年金」(国民年金)
    2:老齢厚生年金

の部分ですが、その他についてはこの場では割愛します。
一般的なお話なので・・

ざっくりですが、繰り上げ受給の場合は、当然減額されます。
sの減額幅が、結構大きいです。

 

繰り上げ受給の減額幅は?

 

繰り上げ需給の減額幅は

「6%/年」

です。

「0.5%/月」

です。

下記の表によります。


(出典元:https://seniorguide.jp/article/より引用)

なので、65歳から受給の方が、60歳からの受給なら

「30%」

も減額されます。
すごいね。

老齢基礎年金の場合なら

779300円(65才) → 545510円(60歳)
(*2018年現在・金額は年で変動するかもしれません参考までに)

でこんなに減ってしまうんです。

これはチョっと、いくら何でも損してしまいそうな気がします。

ちなみに、繰り上げ受給した場合は、5年間は最初にもらいますから、有利です。
すぐにお金が必要な方にはいい制度かと思います。

65才の方のほうが3割多いのですが、総支給額でどこで追いつくかというと

「77才」

で追いつきます。
なのでそれ以降は、圧倒的に正規の年齢のほうが有利!

 

繰り上げ支給が有利な方の場合はどんな場合?

 

考えてみましたが、何らかの理由で、最初にもらったほうがよい方。
さてどんな方でしょうか?

私が思うに・・

  • 1:現在病気中で経済的に困難な方
    2:がん治療などで不安な方
    3:年齢的に平均年齢までは持病があって無理かも

などなど・・だと思うのですが、皆さんはどう思いますか?
いずれ、金銭的な問題や、健康面の不安な方のような気がします。

年金の繰り下げ需給は損か得かの考察!

さてそれでは繰り下げ需給の場合ですが、どうでしょうか?
ちなみに、私は繰り下げることは、全く思っていませんでした。
老齢基礎年金は65才ですから、そのまま。

報酬型の厚生年金は、62歳からの受給です。
それと、企業年金がプラスされています。

私にとってみれば、結構な金額で、すごくありがたいですね。

 

繰り下げるとどんだけ年金が増える?

 

繰り上げと違って、繰り下げると年金の金額が、アップします。
優遇処置があるわけです。

どんだけ?

「0.7%/月」

なので

「8.4%/年」

になります。

5年繰り下げて、70歳からの支給開始なら、42%も増えます。
この金額は魅力的に感じます。

が・・65歳から支給の方は、もうすでに貰ってますから、70歳の方のほぼ1.42倍で追いかけるのですが、追いつくのは

「約81才」

です。
さて‥これって、ほぼ男性の平均年齢ですよね~~

これをどう考えるかだと思います。

さて??

・・・・・・・・・・・・・

自称、年金が一番わかる本です!!

年金を増やせる裏技って、なんか怪しいですね!!

年金が50代60代70代以上でも増やせる7つの裏ワザってどんな方法?

関連リンク

年金口座の選定や、年金送り下げた繰り上げの、メリットやデメリットの紹介です。

年金口座選定や繰り下げのメリットやデメリットは?関連記事まとめ!

定年退職って、皆さん均等に鵜やってきます。
その時あなたの取るべき行動とは?

定年退職の年齢や再雇用や健康保険は?住民税減免などの問題まとめ!

・・・・・・・・・・

妻の加給年金の存在は年金支給開始時期に重要な要素だ!

皆さんの、奥さんは何歳ですか?

この加給年金は、夫よりも若い妻の方が対象の制度です。

例えば、私が60歳で、妻が57才で妻は3歳の年下だとします。

私が、65歳で年金の受給を開始した場合は、妻が65歳になるまでの3年間は、私の年金に妻の加給年金がプラスして、支給されます。

え~~~そんな制度あるの?

あるんです・・ンでなんぼ?

「32000円/月額」(金額は前後するかも知れませんが大枠で)

なので、年間だと12か月をかけた額が、私の年金にプラスされます。

なんぼだ??

って・・これ大きいですね。

5歳下なら、5年間も。
この場合は、妻のほうはこの加給年金を自分の年金という解釈で、実際の自分の年金は、繰り下げたほうがいいかもしれません。

尤も・それは個人の判断ですが。

が・・・これは、年金を繰り上げ受給すると、この加算はありません。
ここが味噌ですね。

さらに妻の他に子供にも加給年金があります。
子供が満18歳になるまで、支給されます。
支給金額は、子供の人数によって異なってきます。

が、結構な金額です。

なので、65歳からの支給開始年齢が、最善と思います。

スポンサーリンク

年金の受給は何歳が一番得の結論とまとめ

さて結論です。

どう考えても、繰り上げ受給はおすすめではないですね。
現在は65歳までの定年延長が、既定路線なので、65歳まで働いてその時点での受給開始がおすすめかと思います。

70才まで繰り下げても、総支給額で追いついて、その恩恵を受けるのは82歳から。
82歳以降でないと、繰り下げの恩恵が受けられないわけです。

さらに加給年金が受けられなく、不利な条件が繰り上げ受給では発生します。

 

実際の繰り上げ繰り下げ需給の実態は?

 

厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業の概況」(平成28年度)のデーターっで、平成28年度の実態調査の結果ですが

  • 繰り上げ受給:34.1%
    通常時給:64.5%
    繰り下げ受給:1.4%

こんな実態のようです。
繰り上げの方が結構多いんですね~~

上記の数字は、年金支給開始後の方の数字で、新規の時点での繰り上げを選択する方は、その3分の一程度のようです。

新規の時点の繰り上げ選択:9.2%(2016年実績)

が・・しかし受給中に、気持ちが変わって、繰り上げに変更する方が多いという、そんな現象が見えてくるのですが、この考え方正しいかな?

皆さん、いつまで生きられるかわからないから(例えば・・)、さっさともらったほうがいい!!

そんな意図が見えるような気がします。

半面、繰り下げ需給の方は、ほとんどいないような感じです。

このデーターを見て、どう思いますか?

結論は、いろんなプロの方も言っているのですが

「65歳からの受給開始が最も懸命!」

が結論です。
勿論私も規定通りです。

繰り下げはしません。
私の場合は、厚生年金の部分が、62歳からなので、その通りに受給開始しました。
私も、いろんなシュミレーションをした結果です。

皆さんも実際の金額と、割増割引の計算をしてみると、実態がわかるかと思います。

皆さんはいかがしますか~~~~??

・・・・・・・・・

年金を増やせる裏技って、なんか怪しいですね!!

年金が50代60代70代以上でも増やせる7つの裏ワザってどんな方法?

関連記事

年金暮らしはいいですが、孤独になってはいけません。
でも、現実はそうでもないのが実態のようです。

孤独の名言や寂しいひとりぼっちの過ごし方は?楽しみ方のまとめ!

働きながら年金受給の方も多いと思います。

年金減額の対象になる給与の金額はいくら?満額支給の金額を計算!

が・・働きすぎると、その給料によっては、年金が減額されます。
さてその金額ってどんくらい??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る