余裕のある生活ならお金はいくら必要?月給や年収の基準を考えた!

円通院の梅雨の苔の風景写真

余裕のある生活のレベルって、どのくらいのお金が必要なのかな?
勿論、お金だけでなく時間的な余裕や、精神的な心のゆとりのある、そんな余裕も、ゆとりある生活の一種なんだと思います。

でも基本、生活にはお金が必要なので、そこがベースで、月収や年収の表現もあるかと思いますが、ここがそこそこ満足されていないと、余裕のある生活って難しいような気がするんだな~~。

が‥半面・・

金銭的な余裕があっても、気持ち的な余裕がなかったり、意外とかつかつしていても、気持ちや精神的に

「なんでこの人こんなに余裕しゃくしゃく??」

そんな人もいるから、人生ってわからんもんだな~~って思うんだな!
思うに、生活に余裕のある人って、ほぼほぼ表情がいいよね!

そう思うのですが、皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク

余裕のある人の、表情を見ていると、自分もああいう風に、おおらかでくよくよしない、そんな人になりたいな~~

もしくは、そうありたいと思って、生きてきました。

皆さんは余裕ってありますか?

余裕のある暮らしを維持するためには年収はいくら必要?

さて・・いくらでしょうか?
皆さんの、お住まいの地域でも違いますし、今の境遇で私の様に農家で、代々の持ち家で(私が新築)田んぼがあって、野菜は自給なら、そんなになくても余裕があるでしょうし・・

私の子供たちが住んでる仙台や、都市部ならこれまたすべてお金が、かかっていきますから、極端な話いくらあっても足りない??

そんな感覚の方もいるでしょう!

夫婦で子供一人世帯ではいくら必要?

こう言うアンケートがありました。
子供一人を育てるのに、いくらあればいい?

そんな問いかけです。

回答は下記です。

1位 500万円 16.0%
2位 いくらでも 15.3%
3位 600万円 11.7%
4位 800万円 10.7%
4位 400万円 10.7%

(マイナビニュースより)

平成28年度の平均年収は

「422万円」

です。
今年2018年は、春の昇給や夏のボーナスや、冬のボーナスも良さそうなので、結構上がりそうですが、でもいずれこんなところで。

上記のアンケートで、注目するのは

4位に:400万円

があるんだなあ~~
これ注目してほしいんです。

この目的は、子供一人育てるのに、余裕のある年収は?

そんな問いかけなんです。
ってことは、圧倒的に400万円以下で、もしかしたら300万円以下の方もいるんだな~~

尤も、年収が300万円以下は低所得者または世帯で、割合的にこのゾーンは約4割といわれていますから、当然かと思います。

やはり、最低限の目標は

「422万円」

平均給与が、とりあえずの余裕のある生活の入り口だと思います。

勘違いしてはいけませんよ~~私が思うのはここが

「入り口」

です。

どんどん稼ぎましょう!!!

1位は500万円。

平均給与レベルの方が、回答するとやはりもう少しは、この

「500万円」

なんだろうな~~と思います。

平均年収というのは、平均の年齢世帯も入ってますから、ここが中央値なんだと思います。

なかなか興味深い、数字でした。

ここの結論は、やはり最低限は平均給与の「422万円」が、余裕のある暮らしの通過点だと思います。

勿論、お金っていくらあっても邪魔にはなりませんし、これ以上の年収の方も、当然多数いらっしゃいます。
上を見たらきりがないですから。
・・・・・・・・・・・・
関連リンク

有給休暇の取得が、来年(2019年)から義務化になります。
でも・・その前にそもそも取得できない方のほうが、圧倒的に多いような気がしますが・・

取得する方法はこちらです。

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

低所得者とは年収がいくらで、最悪の場合の支援制度は?

低所得者とは年収いくらで支援制度は?住民税減免の年収基準等紹介!

支援制度は,種々そろっていますが、対象の方は検討ください。

・・・・・・・・・・・

私が思う余裕のある暮らしの内容は?

好きなものを買って、好きなことをして生きていくのは、理想的なのでしょうが、人生は我慢が付きまといます。

皆さんの余裕のある暮らしって、どんな暮らしですか?

私の考える余裕のある暮らしって?

やっぱし私も人の子です。
誰でもそうですが、普通の欲求かと思います。

  • 1:もう少しお金が欲しい
    2:好きなことして暮らしたい
    3:旅行したい

何か‥あと思いつきません。
もともとが、貧乏性なのかもしれません。

もう少しお金が欲しいって、上記のアンケートではないですが、やはりもう少しなんだな!

ここからステップアップしたいっていうのは、誰でも思うことなんだと思います。

平均年収まで行きたい??

いえいえ・・私の年齢と立場では、もうすでに無理です。
現役でも、其れよりも大幅に引くく、低所得者のレベルでしたから。

今もそうです。
でも・・もう少し何とかしたいな~~って思って、副業やってるんだな!

希望は??

ほしいものは、せめて50万円以下なら、躊躇なく買えるようになりたい!

まあ・・理想ですね‥そうはならないと思いますが‥ハハハ

スポンサーリンク

余裕のある暮らしのまとめ

私が思うに、余裕のあある暮らしというのは、そのスタート地点は

「平均年収金額」(422万円)

の年収かと思います。

が・・・ここはスタート地点です。
なんで??

これでは、食って生活しておしまいだから。
生活しておしまいなのですから、将来の展望は開けないと思います。

子供を私立の大学にやる、そんな余裕はその時点で、全くないことに気が付きます。

何とか奨学金を、やりくりしてしのいだとしても、借入金が残ることに。
家を新築や、マンション購入はかなり難しいかと。

さらに待っているのが

「老後」

こう書くと、なんか生きていくのが、つらくなりそうな予感がしてきます。

でも現実なんだな~~

私が余裕のある生活に感じる事は?

余裕のある生活って、それぞれで感じ方が違うんだと思います。

「大変だろうな~~」

そう思っても、余計なお世話なんだな。
その方は、別に薄給でも心は健全で余裕綽々で、表情の生き生きして、とてもきれいだ!

そういう方も多数います。
それぞれが、感じること・・なんだと思います。

私は、30~40代はこの平均年収よりも稼いでいました。
その時代に、子供たちの学校が終わったので、これは助かった部分です。

さらに、家を新築したのですが、25年ローンであと数か月で完済。

家は持ち家です。

50代は、ほぼほぼ・・ワーキングプアー状態の年収。

この年収で、この13年は本当に苦しかったのですが、よくローンを払ってきたな~~って思います。

この自然でコメ作って、野菜で自給しているようなもの。
でも・・ご近所の皆さん、この自然が嫌なのか、環境が嫌なのか都会に出ていってしまいます。

なんで??

ここで、余裕もって暮らせない?

そう思うのですが、皆さんそれぞれの考えですから。

ちょっとまとまりがなかったですが、私の感じる余裕のある生活に対する考察でした。

・・・・・・・・・・・
関連記事

給与が増えないなら、自分で稼ぐしかないでしょう。
これからは副業の時代です。

詳しくはこちらです。

会社にバレない副業のおすすめや稼いでる金額を調査した内容まとめ!

家を新築、またはマンションを購入。
いざ住宅ローンですが、年収の何倍までなら、無理のない借り入れなんでしょうか?

詳しくはこちらです。

住宅ローンは年収の何倍まで借りるのが無理のない返済が可能か考察!

私の実際の例を紹介しながら、検討してみました。
が・・私が借りた時は、今よりもかなりの高金利なので、単純比較はタブーかもしれませんが、でも一理あるかと!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る