パート社員の扶養範囲の年収金額はいくら?控除うまく使えば超お得!

金沢駅の鼓門の風景写真

パート社員の働き方は、今年2018年の「配偶者控除」と「配偶者特別控除」の条件が、改定されたので、少し変わったようです。
いわゆる、4つの壁について紹介します。

パート社員で働いているけど、旦那の扶養で月いくらまで稼いで大丈夫?
よく103万と、130万の壁っていうけど、どっちがお得?

なんか150万という壁もあるようで・・その壁って4つもあるらしいけど、実際はどうよ??
扶養の範囲内で働く月収が知りたいのですが、皆さんの個別のケースで、悩みは尽きないようです。

また、これ該当する方は、いるかどうかはわかりませんが、60歳以上の方の扶養の金額は、また一ランク上がるんですが、これ知ってますか?

こういう疑問って、それぞれに考えながら、皆さん働いているんだと、皆さん思います。

スポンサーリンク

私も今回初めて、年金の手続きで理解したのですが、60歳を超えると、社会保険控除の金額の上限が引き上げられるんです。

60歳以上の方の扶養の健康保険や年金に関しては、金額が(下記で紹介する130万円のところ)

「180万円」

です。
ここまで一気に上がります。

パート社員の扶養範囲の4つの壁の金額はいくら?

パート社員と、正社員の大きな違いは、年収もさることながら、扶養に入れるかどうかということが、大きいかと思います。

主婦の方の働き方で、個の扶養範囲の壁を意識しない方は、ほぼ皆無かと思います。

では、個の扶養範囲の金額の壁は、どうなってる?

パート社員の扶養範囲の年収の金額は?

主婦の方が、旦那さんの扶養を外れると、自分で社会保険や年金をかけないといけませんし、所得税住民税の対象にもなります。

ではどんな壁があってその意味を、確認していきます。

1:100万円の壁

これは住民税の壁といわれます。
100万円を超えると、所得の約10パーセントの住民税の課税対象になります。

2:130万円の壁

これは私の妻もそうですが、一般的に社会保険の壁といわれているようです。
これを超えると、自分で健康保険を払うことになり、いわゆる第3号から外れます。

ただし、これは働き方や企業規模では、106万円に縮小されます。
条件は?

  • 1:週の労働時間が20時間以上である
    2:賃金月額月8万8000円以上(年収106万円以上)
    3:1年以上の継続勤務
    4:従業員501名以上の企業
    5:学生は除外とする

ということのようです。
これはすべて満たす必要があるようです。
愛企業向けの制度のように思います・・・個人的には。

3:年収150万円の壁

昨年まではこれが、103万円の壁といわれていましたが、今年2018年の改正で

「150万円」

に変更になりました。
いわゆる、配偶者控除の壁です。
夫の給与から、所得税と住民税の控除が受けられます。

4:年収201.6万円の壁

これは結構高いですね。
これは3の延長線上で、配偶者控除は受けられるのですが、受けられる金額が少なくなります。

でも、一応は、配偶者特別控除は受けられるようです。
ただし、夫の年収が1120万円までは、普通に受けられますが、1220万円を超えると、受けられなくなります。

ということですが、そんだけ年収があれば、控除???
っていう気分に、私ら低所得者は思ってしまうな~~って、今書いていて感じました。

以上、主婦の方のパート社員の方の年収については、4つの壁が2018年現在は定められています。

特別枠・・
っていうか、冒頭に書いたのですが、60歳以上の社会保険と年金の壁は

130万円 → 180万円

です。
私は今回、定年退職で社旗保険を任意継続したので、妻の所得証明書を提出する際に、年金事務所で教えてもらいました。

意外と皆さん知らないそうです。
もちろん私も、思いっきり130万円と理解していましたから!

**(詳しくは社会保険事務所で聞いてくださいね~~)
・・・・・・・・・・
関連リンク

低所得者への支援制度について、どういうものがあるのかを調査してみました。
結構あるんですね!
是非、活用しましょう!

低所得者支援制度の生活支援や子育て支援制度の仕組みや受給資格は?

副業はやってもいいという決まりになっても、出来れば会社にはバレない副業がいい!
そう思ってる方も多いのではないでしょうか?

会社にバレない副業のおすすめや稼いでる金額を調査した内容まとめ!

いよいよ副業も市民権を得たような気がします。
・・・・・・・・・・・

主婦のパート社員は扶養に入っていたほうが得?

どうでしょうか?

夫の扶養や配偶者を受けられる、いわゆる130万円の壁!

ここが一番かと思います。
仮に、130万円外れて。131万円の収入の場合はどうなるか?

1:社会保険料負担は約17万円(大体の目安です)

も増えます。
これは、社会保険の扶養を外れると、自身で国民健康保険に入らないといけないからです。
国民健康保険については、扶養や配偶者という概念がなく、あくまでも個に課税されます。

この分だけでも。17万円ほどがかかる勘定になるんだな~~
(凡そです・・各自治体によって変動します)
それと、国民年金か会社の社会保険かで、かなりの変動があります。

130万円超える場合の対応はどうすればお得?

まずは、扶養や配偶者控除を、受けなくてもいいくらいの、収入がその差にないと、お得ではないでしょう。

それと、130万円超えるにしても、自分で国民健康保険は無しです.
必ず、会社の社会保険に加入しましょう。

そうすることで、将来自分で厚生年金を受けられるようになります。
社会保険の場合は、国保と違っていろいろと有利な面が多いです。

なので、超える場合は必ず社会保険の加入が、私なら絶対条件です。

スポンサーリンク

パート社員の4つの壁はいくら?のまとめ

主婦のパート社員の、扶養控除や配偶者控除の条件って、上に紹介したように

「4つの壁」

が存在しているようです。
普通に考えて、一番大きいのは社会保険の壁の

「130万円」

ここが大きいように思います。
私もそうでした。
妻には、130万円は超えないように・・そう言って、年収はセーブさせてきました。

でも勤務先で、社会保険をかけていただけるようなら、この先20年以上の期間、そこで働き続けることができるなら、外れても将来厚生年金受給の道があるので、長い目で見れば有利かもしれません。

専門家の方も言うように、働くなら思いっきり働いたほうがいい!
そういうことのようですが、私も同感です。

しかし、確定的なことが無いようなら、どうでしょうか?

老後は、どう考えても第3号よりは、自分で厚生年金をかけていったほうが、年金額が多いのは当然かと。

この辺を、よ~~く熟慮して、自分の働き方を考えていったほうが、いいと思います。

人生100年時代ですから!!

私の妻の例

私の妻は、今は私の第3号ですが、45歳くらいまで年収が200万チョイのところで、フルタイムで共働きでした。
当然社会保険で厚生年金。

年金額はもちろんですが100万円は(年間で)大きく超えています。(65歳からで確定しています)
そんな程度の年収でも、そんくらいの年金は受けられるんですよ~~

年金は、決まればこれは一生です。(減っていきそうですが・・・・)
60超えても、その先はまだまだあるど~~~~
・・・・・・・・・
関連記事

働き方の多様化で、地域を限定した地域限定社員制度は、今後広まっていくような気がします。
どんな働き方??

詳しくはこちらです。

地域限定社員の制度のデメリットやメリットと転勤等の処遇を考える!

2018年に、働き方改革関連法案の成立で、有給休暇の取得が義務化になりました。

働き方改革で残業代が減って困る中年社員の生活困窮の実態はどう?

社員からの取得もいいのですが、しかし全く考え方が違うのは、取得できていない方に企業が与えなくてはならない!

この、考え方がこの法律の、ポイントのような気がします。
さて‥実現できる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る