有給休暇の義務化の背景は何だ?取得日数を欧米と比較検証してみた!

中尊寺の苔の灯篭の写真

有給休暇の義務化の法律が、施行されますがその背景にある、有給休暇の日本のサラリーマンの方の取得状況や、欧米の他のお国との比較で、実際どのくらい取得率が低いのかを、グラフで比較してみようと思います。

働き方改革関連法が、成立した背景には、度重なる過重労働での過労死の問題であったり、日本固有の有給休暇が取りずらい風土というか、イメージがあるんだと思います。

それを打破するためには、こういう法律が必要??

多分そんな、意図ではないかな~~とは思うのですが、さて‥困るのは誰だ?

それと喜んでるのは?

でもいずれにしても、現状を知らないといけないので、その基本となる現状を、ここでは考えていこうと思います。

スポンサーリンク

この有給休暇の義務化の法案には、勿論ですが、罰則があります。
有名企業なら、おそらく公表という、社会的制裁もあろうかと思います。

今や、サービス残業や、サービスの休日出勤も、美徳で無くなる??

そういう時代なんだな~~なんて、私は感じていますが、皆さんはいかがですか?

有給休暇の日本での取得率はどんくらい?

日本での、有給休暇の取得率って、ドンくらいなんでしょうか?
ここがやはり基本になるような気がします。

欧米との比較をする以前に、まずは日本の現状を知っておくことが、必要かと思います。

日本の有給休暇の付与日数と取得日数の割合は?

厚生労働省の定める、日本の有給化の取得に関する法律では、勤続年数によって、取得の日数は下記の頭のように定められています。

パートタイマーの有給付与日数
(出典元:https://jsite.mhlw.go.jp/より引用)

普通のサラリーマンの方なら、勤務半年後に10日有給休暇が付与されます。

この10日以上の付与の方に年間5日の、有給休暇を義務的に与える。
時季権というのはありますが、いずれ与えなくてはならないわけです。

パートの方も、10日以上付与される方は対象になります。

そのその、自分に与えられた、有給休暇の付与日数の、どのくらいを取得しているのか?
これってすごく興味があると思いませんか?

下記のような統計になっているようですよ~~~


(出典元:https://jsite.mhlw.go.jp/より引用)

ほぼ半分です。
一番直近の平成28年のデーターで、取得率が

「49.4パーセント」

ですので、約半分ということになります。

これ見てどう思いますか~~~

「半分しかない!」

か・・・

「半分もあるの?」

のどっちかと思います。
なんか・・通常の方の場合は、

「半分もあるの?」

のほうが多そうな感じがします。
わが社の場合は、圧倒的にこっちが多いです。

しかも、そのうちの数パーセントは、かなりのブラックかと!

・・・・・・・・・・・・
関連記事

働き方関連法案で成立の、有給休暇の義務化。
その内容や罰則などを紹介しました。
まずは法律の内容から・・・ですね。

有給休暇の取得の義務化はいつから?罰則もあるか調べてみた!

普通のサラリーマンの方は対象になるのはわかりましたが、ではパート労働者対象になる?

有給休暇取得の義務化でパート社員は対象か調べた!現実はどうなる?

パート社員も対象になるのですが、いろいろと成約があるようです。
その辺を紹介しました。
・・・・・・・・・・・・・

欧米の有給休暇の取得率の比較ではどうなる?

下の表は、先進国との比較で、有給休暇の付与日数は下記のようになっています。


(出典元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「データブック国際労働比較 2018」より引用)

左の104という数字は、週休日で要は土、日、祭日などの休みを指します。
週休日以外の休日は、盆や正月などをさすのかな・・・多分。
それと右側が有給休暇の日数。

さて、この比較では、日本の休日数は、他のお国とほぼ同等です。

休みの数では、全く引けを取っていないのですが、なんで休めない??

欧米のお国の有給休暇の取得率は?

この表は最近の新しい表ですが、ほぼほぼこういう状況のようです。


(出典元:expediaより引用)

有給の付与日数ですが、欧米の場合は、上の上の表には表れない、病気休暇などというのもあるようです。

基準がちょっとわかりませんが、いずれ日数はどうであれ、取得率が問題なので、それなりにみてください。

フランスやスペインは100%なんですね~~
すごいです。

しかも、日本人は休みを取っていないのに、世界一休みが不足と感じている人が少ないんだそうな・・

有給休暇を取得しない理由は?

別なアンケートもあるので紹介します。

休みを取らない理由なのですが、ほぼ下記のような理由のようです。

  • 1:人手不足
    2:同僚に迷惑をかける
    3:自分の有給残日数を知らない:47%
    4:上司が許可しないかもしれない
    5:仕事が終わらない

などなど・・

皆さんはいかがですか?

自分の有給残日数が、何日か知らない方も結構いるんですね!

実は私も知りませんでした。
大体は知ってましたが、いずれ全部消化はできないので、残日数に興味はありませんでした。

退職に際しては、勿論確認して、すべて消化しましたが。

有給休暇の所得実績と比較のまとめ

有給休暇の義務化の法律の執行に伴う、その背景にある日本の労働者の有給休暇の取得の実態を、欧米のお国と比較したり、その実態を書いてみました。

サラリーマンや、パートの方でも上記の表に定めた、有給日数が付与されます。

それを、いつ行使するかは、労基法では定めはありません。

いつでも、有給取得の権利を行使していいんです!

ただし、企業の側に認められてるのは、それを与える日にちを調整する

「時季権」

ですが、いずれ与えなくてはいけないことになります。
わが社では、却下はしませんが、しかし人手不足で誰かが変わりを、務めることになります。

なので、皆さん遠慮します。

大体がこのパターンっぽいですよね~~

皆さんの会社ではいかがですか?

有給休暇取得が、義務化になっても、この傾向は変わらないと思います。

困るのは誰だ??

中小企業の経営者と、その労務管理を行う管理職!!

だべな~~
・・・・・・・・・
関連記事

有給休暇の義務化で困る人は誰だ?
勿論経営者は困るのですが・・・ほかには??

有給休暇取得の義務化で困る人は誰?施行で対策はどうするか考えた!

有給休暇が取得できない!
なんで?

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

取得する方法や、私の経験を紹介しました。
退職するときにも、きちんとその権利は行使しましょう!
・・・・・・・・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る