定年後再雇用の就業規則や給与条件以外の深刻な笑えない話とは?

東京駅の風景写真

定年退職を何歳で選択するかは、その方の自由なのですが、何れ定年退職すれば今の会社での再雇用か、もしくは再就職課に分かれるかと思います。

勿論、これは働く意思のある方の場合ですが。

しかし、再雇用の条件は、そんなに生易しいものではないかともいます。
給与は半分に減額で、しかもこれまでの役職は全てはく奪!

それでも、再就職よりは条件はいいかと。

なんで??

再就職は、全くの一からですから・・
が・・これまでのスキルを活かして、請われるような方はまた別ですが!

多くの方は、今の企業、会社での雇用の延長を望むのではないでしょうか?
実は私もそうですが、私はいったん退職しました。

現在は有給休暇の消化中です。

スポンサーリンク

再雇用後の、働く現場の内容はどうなるのかな~~
って思い、想像してみました。

それと、私の周辺の方の実際と、ネット上の評判を基に、自分なりに評価してみようと思います。

再雇用後の職場の実際の環境はこうなる!

今までで勤務していた会社では、課長職。
部下が15人。

再雇用で、年収が半分で課長職は解かれて、勿論平社員。

所が~~~これまで部下だった、係長が課長に昇進。

ってことは、これまでの部下の下で働くわけです。

が‥しかし・・これまでの、上司だった癖が簡単に、抜けるわけではないわけです。

「〇さんこれやってください」
「あ~~いいよ!」

この返事一つにしても、使う側から見れば、気にかかるわけです。

若い社員なら

「はいわかりました!」

なのですが、あなたならどう返事しますか?
私的にはまず、ここからだと思うのです。

ここでこれから、また数年はお世話になっていくわけです。
心を、平社員の一兵卒の気持ちに、持って行けるか?

これができないと、職場の方からは、疎まれていくような気がしますよ~~

部署の仲間も、もともとはほとんどが、自分の部下だった方たちです。

この方たちに、今日は言ったパート社員のごとく、気軽に話しかけられるような、そんな心境に変化させていかないと、なかなか難しいようです。

再雇用後の条件で仕事は同じで給料が半分??

大手企業の場合は、格下げになると同時に、仕事はほとんどが単純なルーティンワークになるようですが、深刻なのは中小企業の場合。

最近裁判のケースは、仕事が全く同じなのに、給料が半分になった!
これはどう思いますか?

例えば技術職。
これは極端な人出不足の分野も。

当然、定年退職と言えども戦力なわけです。
そこへ、再雇用の条件として、給与は40~60パーセントの減額。

一応この条件飲んで、再雇用に応じたものの、ふたを開けたら仕事内容は全く同じで、残業も以前のまんま!

これは不当だという、裁判のようです。
現在、最高裁まで行ってる事案もあるようです。

これはちょっと・・再雇用を逆手に取った、コストダウンのような気がします。

こういう場合になるのかどうかは、雇用契約を結ぶ前に、よっぽど注意が必要かと思います。

気をつけましょう!

・・・・・・・・・・
関連記事

同じような内容ですが、役職に焦点を当てた記事内容です。
なかなか抜けきらないと、いけないような気がします。

定年退職後の役職は再就職に有利か不利か?個人的な経験からの感想!

定年退職後にすぐに追いかけてくるのが、健康保険。
凝れないと本当に不便ですし、生活には最優先事項かと思います。

定年退職後の健康保険は国保か任意継続か?おすすめはどっちだ!

まだまだ、好高齢者には遠いですから、この辺はしっかりと、知識をつけておきたい分野です。

・・・・・・・・・・

私の周囲での再雇用で実際にあるお話!

ここからは二つの事例を紹介します。

ほかの私の記事でも紹介したのですが、もうちょっと詳しく。

1:取引業者の設備会社の課長さんの例

課長職で退職して、今年で一年目。
今の職場での立場は、一応後進の指導ということになってるようです。

しかし、この元課長さんは、課長の時の上から目線がなかなか抜けない。
出入りの係長さんが言うには、本当に扱いにくい。

なので、ほとんどの社員は、指導や応援要請はこの方には掛けないそうです。

  • 「ンで、その方何してんの?」
    「知らんけど、会社でなんかやってんでない?」
    「知らんって、同じ部署でないのかえ?」
    「んだけど、俺ら現場が命で、社内にいることは朝しかいないから・・朝はいるよ。」

ンな感じで、完全に無視されてます。

雇用延長したのなら、その時点でもうひら社員感覚で、頭切り替えていかないと、とてもとても・・

また、現場の応援を要請した時の話ですが、とても元上司に

「お~~そこのプラスドライバー取ってくれ!」

とはいえない・・って、そういう雰囲気なんだと思います。

2:私の大学の同期の例。

私の大学の同期は、電気工事会社勤務で、60歳で定年。
早かったな~~

でも会社の規定が、そうなってんだから仕方がないです。

スカスだ・・

この条件が、勿論平社員に降格で、給料は半分。
が‥やることが、これまでと一緒。

これはおかしいと、会社に談判したそうです。
そこで、一戦は外れて、文字通りの後進の指導!

残業なくなって、休みも休めるし、今ではこれで十分だ・・そう言ってます。

どうやら、此方はうまくいったほうのようですね・・私の感じ方では。
この間会いましたが、元気で楽しそうでした。

スポンサーリンク

定年後の再雇用での注意点などのまとめ

高校や大学を出て、就職してから一貫して働いてきた企業で、定年退職の時は華々しく送られるのですが、その後の再雇用では、思うようにいかず・・

その結果、その会社を去ることに!

そういう方が、結構な割合でいるようです。

そのあとの人生は、再就職ですから、これがまた思うようにいかず!

こんなことなら・・と思うのが、これもまた人生かと思います。

でも、あらかじめ可能性のあることを、先読みしてる方は失敗が少ないように思います。
ぜひ、こんな失敗は無いようにしてくださいね~~

って、私もそうです。

しかし、私の場合は、すでに平社員。
再雇用だって、平社員ですから、なんにも変わりません。

仕事内容はどうなる?

さて・・これから、会社と話し合います。
どういう条件を出してくるかは、わかりませんが自分としては、できるだけここで働いていきたいですから、上記に書いたことを肝に銘じて、対応していこうかと!

皆さんの定年はいかがですか~~~~
・・・・・・・・・
関連記事

定年後の再雇用に、有利な職種ってあると思いますか?
私は、実際にその年齢なのですが、周辺の情報などを交えて紹介しました。

定年退職後の再雇用が有利な方の職種は?そうでない方との比較!

定年退職での、退職は会社都合化自己都合か?
定年退職は、会社都合と同じような扱いです。
が・・割り増しは無いようですね。

定年退職の離職での会社都合と自己都合の違いでの失業保険の扱いは?

でもすぐに、定年退職という事案は、失業認定されます。
しかし条件があるんですよ~~

自己都合は、これは従来通りの判断です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る