記載と掲載の意味はどう違うか調べた!使い方の文例も考えてみた!

松島円通院の庭の風景写真

記載と掲載って、どう違うんでしょうか?

私も意味を知らずに、使い方を間違って使ってるような気がするので、ここはチョイと調べてみました。

実際の使い方の文例も、自分なりに考えてみたのですが・・・あってるかな~~なんてね。

間違っていても、さして考えるものでもなさそうな気もするのですが、出来ればやはり正しい意味を理解しておいたほうが、いいかと!

普段は、何も考えずに感覚的に、染みついたイメージで使ってる言葉が、間違っていたら?

ちょっとまずい気がします。
正しいと思ってる、自分の自己満足かもしれませんね。
これが、自分の日常ならまだしも、ビジネスの場面なら、もし指摘されたらちょっと恥ずかしいかな・・多分。

スポンサーリンク

少しくらい、言葉の使い方が間違ってもいっか~~
なんて、私も普段は思ったりしていますが、でもやっぱし気になった言葉は、確認しておいたほうがよさそうな気がします。

記載と掲載の意味はどう違うか考察してみた!

記載と、掲載って、同じように思えるのですが、これはやっぱし違うようです。

それぞれに意味があるのですが、調べてみて・・・どうやら分かったような、わからないような‥変な気分なのでした。

では、それぞれの意味と、使い方について、考察していこうと思います。

記載の意味と使い方は?

記載とは・・・

「書物や書類などに書いてのせる」

ことの意味です。

ただ書いただけではなく、新聞や書物に載せることを言うようですね。

多くの方の目に触れるかどうかに関係なく、書いたものを載せる‥そういう意味のようです。

掲載の意味と使い方は?

掲載の意味は、こう書かれています。

「新聞や雑誌といった媒体に、記事などの文章や写真などを載せることといった意味」

尤も、最近の掲載の媒体というのは、新聞や雑誌もあるのですが、主にネット社会の象徴の

  • 1:ブログ
    2:ホームページ
    3:SNS

などの関連webサイトが含まれます。

ただし、掲載するという言葉の場合は、誰でもいいんですね。

例えば、自分が書いた論文が、新聞やwebサイトに掲載されて、話題になった。
この場合は、掲載したのは、自分ではないんですね。

ここがミソのような気がします。
それと、よくあるレビューなどもそれにあたるような気がします。
自分が商品に対して行ったレビュー記事が、その商品の評価欄に掲載された‥これもありですね。

・・・・・・・・・・
関連記事

この小技はよく聞きますが、人間万事塞翁が馬・・
どんな意味なんでしょうか?
私も納得しました。

人間万事塞翁が馬の読み方と意味と使い方は!座右の銘との関係は?

関心と感心の違いはどこにある?
これもややこしいですね。

関心の意味と感心や興味との違いは?使い方や例文を考えてみた!

同じ読み方なのですが、意味はやっぱし違うようです。
勿論感じが違いますから、違って当たり前?

・・・・・・

記載と掲載の実際の使用文例は?

私が考えるに、下記のようではないかな~~って思います。

記載するの例文は?

  • よく言う政治家の方が、収支報告書の記載を怠った。
  • 私の意見を、新聞や雑誌に記載した。
    このことは文献にきちんと掲載されている。
    詳細は取扱説明書に記載されています。

などなど・・かな~~と。

掲載するは‥凡そ下記のような、使い方ではないかと思います。

  • ブログに、今日行ってきた紅葉の、観光の感想や写真を掲載した。
    ブログに、今日のニュースに関する、私の感想を掲載する。
    ブログに家族の写真を掲載する。

などなどかな~~と。

スポンサーリンク

記載と掲載の意味はどう違うのまとめ

正直言って、頭がこんがらがってしまいます。
わかったようなわからないような・・・まあ~~そんな内容です。

記載する・・

「書物や書類などに書いてのせる」

掲載する・・・

「新聞や雑誌といった媒体に、記事などの文章や写真などを載せることといった意味」

ということですが、自分なりに具体的な例文を考えてみました。
参考になるかな???

さて??

日本語って、すごく難しく思います。
一つの言葉でも、場面と状況によっては、全く別物に感じてしまいます。

これを、しっかりと間違いなく使いこなしていくって、なんかできるかな??

そういう思いに感じてしまうんですが、皆さんはいかがですか?

精進します!!
・・・・・・・
関連記事

圧巻という言葉がありますが、その意味は?
どんな場合に使うかを検証してみました。

圧巻の意味と由来や使い方を考えてみた!景色や迫力での表現は適当?

早起きは三文の得?
なんで三文なんだ?

早起きは三文の徳の続きに得がある!由来や本当の意味と例文は?

この三文には諸説があるようです。
さてあなたはどれが正しいと思いますか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る