低所得者の割合と年収の金額の定義は?生活は見た目以上に余裕だ!

東京駅の写真画像

低所得者世帯の生活は厳しいといわれますが、年収の基準ってあるのかな?

低所得者世帯の定義で厚生労働省の見解は?

って思ったら、どうやら低所得者世帯で、厚生労働省の調査で「300万円未満」という数字が出てたので、この金額が低所得者世帯といわれる、境界なのかな~~って思います。

て、言うことは、実は私もその中に入るんだな~~

数年前の、ニュースで「ワーキングプアー」の基準のことを言ってましたが、その時の定義が、確か年収で「200万円以下」だったような気がします。

しかも、その層が初めて1000万人超えた・・そんなニュースでした。

実は私も、会社の給料だけなら、この境界ギリギリかと。

スポンサーリンク


*この記事の内容は、多分に私の現実が入ってますので、容赦ください!

が・・・しかし・ようやっと、農業所得を加えると300万円以下に入るのですが、しかし農業って赤字です!

それでも、何とか食えています。
妻と共働きだからです。

妻の年収は、パート勤務ですから、100万円ちょっと程度。
それと、おふくろさんの年金も重要な資金源です。

家族みんなで、支えあって、生きているんだな!

低所得者層の割合の推移は?

ちょっと古いデーターですが、概ね下記のような内容です。
2014年までのデーターですが、こういうデーターって、集計にかなりの時間を要するようで、また数年で大きく変わるものでもないですから、この数字が正しいと思います。

もっと厚生労働省という、公の機関が出した数字ですから。

40代の世代での集計です。

1994年:11.2%

2014年:16.6%

なんと~~5.4ポイントも増加。

65歳以上の世帯の、100万円以下のは減少して

200万円~500万円

この世帯が、6ポイント増加して48.2%になった!

これって、何が言えると思いますか?
今のお年寄りって、厚生年金や企業年金や、いろんな投資商品の恩恵を、あずかってる世代なんだと思います。

私の母親見ていてもそうおもいます。
1990年代の、当時の定年退職の方あたりから、年金のかけた年数がフルに満たしてる方たちの、定年世代が増えてきた・・そんな時代なんだと思います。

個人と世帯でのワーキングプアはどうして生まれたんだ?

年収が200万円以下!

これは、当たってるかどうかはわかりませんが、私は派遣法の大改正があったと思います。

その前までは、日本的な終身雇用が守られていたのですが、ある時期に派遣業法の改正で、規制が解除。

多くの若者が、派遣に流れました。
それは今でもそうですね。

結果、有期社員があふれたわけです。
契約が満了すると、次の仕事を探す…この悪循環。

いつも失業状態に近い方が、さらにその予備軍ともいえるような、そんな方がたくさん。

今でもそうではないでしょうか?

なので、これに対するいろんな、法制度が検討されてますが、まだまだかと。

私の会社は、派遣会社の方のほうが、時給が高いです・・・なんで??
本当に、ひどいもんです。

もう、定年ですからいいのですが、周囲の若い写真の方が、かわいそうでした。

ダメな経営者なんだな・・・多分!

・・・・・・・・・

関連記事

本ブログ内の、低所得者の記事をまとめてみました。
いろんな場面を想定してみました。

低所得者とは年収いくらで支援制度は?住民税減免の年収基準等紹介!

低所得者といわれる定義について、調べてみました。
税金の優遇などの内容も、ちょっと調べてみたので、紹介しました。

低所得者の年収や税金は?給料手取り額が計算でいくらか調べてみた!

税金上の、お話での基準です。
・・・・・・・・・

年収300万円以下でも余裕で食える理由は?

確かに、安給料ですが何とか、楽しく、しかも適度に文化的に、生活できています。

なんで?

ここは田舎だからかな・・・多分!
なんで田舎だと余裕なんだ?

私は代々がここに住んできた、農業を生業として生活してきたのですが、日本の高度成長で工場があっちこっちに。

そこで大多数の方は、兼業農家になったんだな。
私もそうです。

田舎暮らしは固定費が格安だ!

そうなんです。
固定費ですよ~~~

  • 1:家が自前で家賃がいらない
    2:コメは自前でむしろJAに売ってる
    3:野菜はおふくろさんの自前でほぼ自給
    4:鶏の卵が自前(鶏はペットだな:8羽います)
    5:犬の番犬が他人を管理(よく吠えます)
    6:下の娘夫婦もここがいいと移住した(東京ではすめないと断念)

娘夫婦と、孫一人の家族6人の暮らしですが、生活はほぼ私夫婦がやってます。

結局かかる経費は

  • 1:購入分の食費
    2:電気代や水道代
    3:冬は暖房用の灯油
    4:交際費

などなど・・・
一番高い割合をいろいろ考えたのですが・・・

1:スマホとネット(ドコモ光)代が、なんか一番高いような気がします。

菅長官の言う、キャリはもうけすぎだから、全然安くできる‥はこれは大賛成です。
家計に占める割合って、なんか項目で行ったら、夏場なら電気代よりも高く感じます。

これは皆さんどう思いますか??

なにも、後は月賦がなければ、なんてことはないです。

内訳を書くわけにはいきませんが、余裕です!

でも・・きちんと、ネット環境はどこでもWIFI接続できて、みんな各自パソコンもって、トイレは水洗でお湯はエコキュート。

都市部の生活と、なんも変わりません。
空気もおいしくて、とても私は満足しています。

でも・・これが都会なら・・私の今の収入では‥無理ではないかもしれないが、スマホはアイフォンから格安だな。

プランターで、必死にトマトやキュウリ作ってるかな??

スポンサーリンク

低所得者層の割合のまとめ

低所得者の世帯が、40代では:16.5%
逆に高齢世帯では

200万円~500万円

この世帯が、6ポイント増加して48.2%になった!

ともに、2014年のデーターです。(厚生労働省)

しかもワーキングプア(年収200万円以下)の方の人数が

1000万人を突破!!

皆さんの年収はいかがですか?

私の場合は、個人の年収では、ほぼワーキングプアーに近いです。
農業所得や雑収入を入れて、300万円カスカスといったところかと。

ここで、妻がパートで100万円ほど年間稼いでくるので、そこそこかと。
娘夫婦は、また別でこれは同居人みたいなものです。

ただ・・農業所得って、申告してわかるのですが、赤字経営です。
単年なら、黒字なのですが、機械の償却を考えていくと、高額なのでため息が出ます。

なので、ほぼほぼ中古を集めています。

まあ~~そういうものですが、しかしこれでも普通に、何の支障もなく暮らしています。

これは、田舎だからですね。

上記に書いたように、一覧にしましたが、家が持ち家で家賃がないし、野菜は畑にありますから・・もちろん米も。

老後も、こうやって暮らしていくんだと思います。

でも、世の中みてみると、あの、労働者派遣の規制解除は、どうしても大企業の論理だったような、そんな気がするな~~

あれで、世の中が本当に変わった!

賞与が出ないのも普通になったし・・
私は当時、製造業の管理職だったので、よ~~くわかります。

皆さんはどう思いますか~~~

*この記事は、私の個人的な感情がほぼの記事なので、それなりに解釈してくださいね~~~
・・・・・・・
関連記事

住民性が非課税になる収入って、ドンくらいなんでしょうか?
ちょっと調べてみました。

低所得者の住民税が非課税の年収はいくら?計算方法と世帯を調べた!

居酒屋でバイトしてたら、お客さんが偶然にも会社の部長!

副業禁止でバイトがバレたら会社クビ?簡単に首にできない理由!

「お前‥ここで何してんだ??」

これ真っ青!

でも、すぐに解雇になる?
勿論会社は副業禁止だ!

さて???

現在の労基法ではいかがなものか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る