増原裕子の経歴と職業をブログで見てみた!学歴やwikiをチェック!

松島円通院の風景画像

増原裕子さん、美人でブログで仕事内容や講演内容を、積極的に発信していますが、高校や大学の学歴や経歴や、現在の職業などを紹介しようと思います。
また、年齢や出身地などの、プロフィールも併せて紹介します。

最近の世の中で、最高の話題といえば、同性を好きになったことを、カミングアウトした「勝間和代」さんですが、そのお相手の女性が、今回紹介する

「増原裕子」(ますはらひろこ)

さんです。
増原裕子さん、どんな方なんでしょうか?

会社を経営されてるようですが、その業務内容も何をやってるのか、気になります。
講演も、かなりこなしているようです。

海外では、同性婚が認められてる国も結構あるようです。

日本では、一緒に暮らす「同棲」は個人の自由ですが、家族という形の「婚姻」は認められてません。

スポンサーリンク

日本では、夫婦別姓も認められてないのに、同性婚となると一気に話題が三段跳びした印象を受けます。

これはなかなか・・世の中の話題としては、いろんな議論があるようです!

でも、日本は基本的人権が認められてる、お国ですから個人の自由だと思います。

ただし・・法律となると、なかなかむずいんでしょうね~~

増原裕子の学歴や出身地のプロフィールは?


(出典元:https://twitter.com/ataeru_onnaより引用)

こういう方なんですが、奇麗な方ですね。

では簡単に下句歴y他プロフィールをまとめてみました。

増原裕子さんのプロフィールは?

増原裕子さんは、神奈川県の横浜氏の出身のようですね。

  • 出身地:神奈川県横浜市
    生年月日:1977年12月27日(40歳:2018年現在)
    高校:慶應義塾女子高等学校卒
    大学:慶應義塾大学文学部卒
    大学院:慶應義塾大学大学院フランス文学修士課程卒業
    勤務先:株式会社トロワ・クルール代表取締役
    配偶者:勝間和代

話題!

  • 2012年:東小雪さんと同棲を開始
    2013年:東京ディズニーシ-で結婚式を挙げた、最初の同性カップルとなった。

東京ディズニーシーって、一般者へのシンデレラ城の開放を、結婚式において許可する企画を行うという、アナウンスに申請したとあります。

当初はどちらかがタキシード着用!

って・これやっぱしおかしいね‥女性同士の結婚式に男性用のタキシードは、いくら何でも案にお断りしているようなものに思えます。

しかし、本社「ウォルトディズニー」から、許可の連絡で上記2013年にめでたく、挙式にこぎつけた・・そういうことですね。

そのあと、同性婚でシンデレラ城を利用された方いるのかな?

さて・・

増原裕子の経歴と会社の業務内容とブログをチェック!

慶応大学院卒業後の経歴は、ジュネーブ公館、会計事務所などを勤務経験して、IT企業も経験して最後に今の会社を立ち上げて独立。

ところで現在の

「株式会社トロワ・クルール」

ってどんな会社なんでしょうか?
自身が、代表取締役ですから、社長ですね。

会社のHPを見たのですが、主に同性婚にみられる少数のマイノリティーの方を、支援する講演やサポートを主体にする会社のようです。

ブログをチェックしてみたのですが、やはりそれに関する内容で、埋め尽くされています。

東京都の、そういった法案の審議にも出かけたり、案内を出してりしていますね。

会社は2013年12月の設立。

東小雪さんがスタッフで載っています。

一端がディズニーシーで、結婚したのですが(パートナー)その後解消したのですが、仕事上はパートナーなのだと思います。

主に執筆活動や、講演が主体の活動のようです。
・・・・・・・・・・・
関連記事
上には上があるもので、すごい金額の時給です。
私はこういう時給は頂いたことがありませんね‥(当然かと・・・)

大企業の時給ランキングトップ10の金額は?商社の高単価に驚いた!

最近は少し落ち着いた感がある離婚率ですが、しかし高い確率です。
我慢している、予備軍も相当あるかと・・・なんで?

離婚が多い職種(仕事)ランキング!離婚後にみる収入(年収)の差?

職種で、離婚率が違うなんてあるのかな?
どうやらあるようです!!

私もこれ見て、驚きました!!

スポンサーリンク

増原裕子さんのまとめ

勝間和代さんとのツーショット写真が、すごくいいですね。

日本で初めて、同性での結婚式を行った方ですね‥しかもディズニーシーで。

2015年に渋谷区では、二人の婚姻届けは受理できないが、パートナーシップ契約書なるものを、交付する制度を始めた、その第一号の証明者が交付されました。

すべてが、最初の初の事案でしたね。

何か、初めてのことを行うときには、それ相応の犠牲やもしくはそれを切り開くためのエネルギーって、すさまじいものがあると思います。

すごいですね‥この突破力・・いくらライフワークとして・・とはいえ、尊敬に値すると思います。

まして、ことは今の社会において、非常に敏感な問題です。

増原さんにしか、できないことかもしれません。

多くの同性婚を望む方にとっては、かなりの力になったのではないかと思います。

偏見で見られる事案も、今ではそれが普通の時代!

そういうことなんだと思います。

個人がどう生きていくか?

やっぱ・・・自由っしょ!

何で・?

自分の人生だから!!

皆さんはどう思いますか~~~
・・・・・・・・
関連記事
結婚しない方が、世の中多いようです。
どうしてでしょうか?
職業での違いを見てみました。

生涯未婚率の高い職業と推移を調べてみた!データで納得したことは?

誰にでも均等にやってくるのが「老後」です。
これはだれにも止められません。

老後の生活を楽しく暮らすためには貯金はいくら必要か考えてみた!

どうしても年齢を重ねていけば、皆さん均等に老後を迎えていくわけですが、さてその老後を楽しく過ごすための超金って、考えたことありますか?

なかなか高額なので、驚きました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る