aiの人工知能に仕事を奪われる職種や仕事は?就活や資格も変化!

毛越寺あやめ祭りのあやめの写真

AIの発達で、無くなるか減っていく可能性のある仕事(職業)を、考えてみました。

仕事の種類で、どれだけの仕事が今話題の「AI」にとってかわられるか?

それによっては、あなたの仕事がなくなるかもしれません。
これから、就活する学生さんや、子供たちの進路にもかなりの影響が予想されます。

AIにとってかわる仕事を、自分の中で理解しておくことは、今後の人生を快適に過ごしていくためには、必要な知識だと思います。

最初は、軽微な単純作業が主な、工業用ロボットから始まった、置き換えの作業用ロボット。
しかし、「AI」という、知能をつけてしまった以上は、多くの作業を人間にとってかわる未来が、すぐそこまで来ているようです。

ハリウッド映画ではないですが、マーベルの世界がそこまで来てるかも!!!

スポンサーリンク

ハリウッド映画の世界のような、ロボットに支配される世界、とてつもなく大きなPC
が人間世界を支配するような、まさか…だよね。

でもですよ~~
もうすでに、AIを活用した自動でできる仕事が、すでにオフィスには入り込んでるようです。

あなたの仕事は大丈夫ですか?

AIに奪われる仕事ってどんな分野でどんな仕事?

世界谷地原生花園のサラサドウダンの写真
(管理人撮影)

ITや科学に音痴な方でも、これは知らなかった・・ではちょっとすまされない、知らないで職業を決めていると、近い将来あなたの仕事が、ある日ロボットや、高性能パソコンに置き換わるかもしれません。

これはちょっと、ゆゆしき事態かと。

しかし、企業の経営者にとっては、人出不足を解消するには、この仕事を「AI」に置き換えるというのは、今や必須のテーマかと思います。

AIに置き換わる仕事ってどんな職種や仕事内容?

今危惧されてるのは、下記のような職業のようです。
理由はまた下記で紹介します。

  • 1:職業ドライバー
    2:弁護士や会計士や医者
    3:銀行や保険などの事務作業

う~~ん‥この三つの職業・・皆さんどう思いますか?

2番なんかは、本当にそうなるのかな?
理由はあるようです。

下記に紹介します。

1番の職業ドライバーがなくなる理由は?

これの対象は、タクシーやトラックなどで、運転を職業にしている方たちです。

なんで?

2022年に、自動車メーカー各社から「レベル5」(最高位は6)の、完全自動運転の車が発売されるそうです。

なので、この年にはおそらく革命的ともいえる、インフラがもしかしたら、稼働するかもしれません。

タクシーを呼んだら、自動運転車で、目的の場所を地図上でプロットか、もしくは電話番号入力か、または住所入力で連れてってくれる。

勿論降りるときは、自動精算でカードかなんかでしょうね~~
事前のプロペイドカードを買っておくとか‥

長距離トラックも、荷物積んで

「レッツゴ~~~」

で、宮城県から熊本県の目的地まで・・なんてのが可能になるんだと思います。

すごいですね。
何れ2022年に、どうなるか楽しみなことですね。

2:弁護士や会計士や医者は何でAIになる?

これは、無くなりはしないのですが、給料は大幅にダウンする職業という、そういう評価。

こういった専門家の仕事って、現在のAIに置き換わるのは、時間の問題なんだそうです。

確かに高度な知識って、AIで記憶してればなんてことは無いかも。

所謂「士業」といわれる分野ですが、高度な知識はAIが行って、その結果を資格を持った人間が判断する。

そういった、世界が想定されるんだそうな。
ちょっと考えにくいですが、本当かな~~~っておもいますが。

3:銀行や保険企業の提携処理業務

これはもうすでに、始まってるようです。

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)

と呼ばれるシステムなのですが、これによってホワイトカラーの多くの事務作業が、人工知能が行っていて・・さらに進化していくんだそうな。

これはすごいですね。
確かに、これは定型処理のような気もしますが、そこには温情や気持ちは無いわけです。

ちょっと冷たい感じがしますが、決まり事で成り立っている仕事って、一番このAIが得意とする分野かと思います。

この業界のAIによる、業務の効率化というのは、よく聞きます。
多分、この分野はますます定型化されて、自動でPCが判断していく世界になっていくかと。

AIによって仕事する人間は必要なくなる?

いえいえ・・そういうわけではないんだと思います。

やっぱし、弁護士でも会計士でも、最後の判断は

「こういうデーターがあるので、これは白です」

とかいう最終判断は、やはり資格取得者の仕事かと思うのです。

でも、今の人数が必要かというと、全然必要なくなるので、したがって年収は大幅ダウン!

これは医師の世界でも、いえるかもしれません。
AIが決められた検査を行って、最終的にそれを見て医師が診断。

もしかしたら、簡単な手術ならAIロボットが、請け負うかもしれません。

介護の世界の、補助スーツ(パワースーツ)はすでに開発されているようです。

これは倉庫の作業でも、同じかと。

重いものの作業に対する、補助ツールという考え方ですね。

いずれ、人工知能を使用した、事務的なまたは労働の世界でも、AIは活躍しそうです。

スポンサーリンク

AIに奪われる仕事のまとめ

今が人手不足で大変な職業であっても、将来はなくなっていく運命の職種も、あるんですね。

トラックドライバーの方が不足して、過労死レベルの労働を強いられて・・こういうニュースって、結構見ますが今後は、こうではなくなっていくのかもしれません。

2022年に「レベル5」の、自動車が販売されるって、全く知りませんでした。

確かに、今自動車の世界は、自動運転の技術が最先端には思います。

GPSや、中央分離帯などを識別していくんでしょうが、しかしすごい技術だな~~って思います。

無人のタクシーや、無人の長距離トラックが夜を徹して、運転して荷物を運んだら、これすごいですね。

機械は寝なくても大丈夫ですから、それこそ24時間いけますし、夜行バスも無人で運航できそうです。

え~~~~って思ってしまう!!

ホントそうなるのかな??

とても信じられないな!!

が・・スカスだ‥

判断する仕事は、やはり人間だよね。
機械は、定型作業が得意ですが、判断するところまではいかないと思います。

もし判断するところまで行ったら、それこそ、今のハリウッド映画の世界に、なっていきそうな気がするのですが、さてそこまで行くのかな??

近未来では、あるんでしょうね~~多分!

皆さんはいかが思いますか?

・・・・
関連リンク

今後、働き方は地域に根ざす、居住を最優先に考える時代に、なっていくのかもしれません。

地域限定社員の制度のデメリットやメリットと転勤等の処遇を考える!

今どきの貯金する方法や、お金を貯める方法って、こういうことのようです。

貯金する方法で自動で口座にお金がたまる今どきの賢い増やし方は?

人間関係で、社会は成り立ってるんだと思います。

人間関係のストレスを職場で解消する方法は?ミラーの法則を実践!

しかしそれはわかっていても、悩むのもストレスを感じるのも、これもまた「人間関係」かと。
この、ストレスを解消する方法で、皆さん悩むんですよね~~

病は気から!

気の健康は、やはり最優先事項かと!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る