接待ゴルフの経費(プレー代)の支払いは自分持ちか会社かの考察!

接待ゴルフの、経費での自分のプレー代の支払いは、自分持ち?

客の分は会社持ちだが、自分の分は自分で支払え!

もしそうだったら、接待ゴルフに何の意味も見いだせないし、もう行きたくない・・は実際の正直な気持ちかと。

しかも、土日の休日がつぶれて、残業や休日出勤扱いにもならない!

接待ゴルフのプレー代を、経費で落とせない・・そういう会社は、かなりブラックと私は断言します。
私は、接待ゴルフのプレー代の支払いを、自分持ちにしたことは、ただの一度もありません。

確かに、その場は自分で支払いいたしますが、あとできちんと購入品までの経費を、すべて会社の経理で清算していました。

ってかその前に、結構な費用なので前払いでいただいてましたが。

スポンサーリンク

まさか、自分で支払うという方は、いないと思うのですが・・もしかしたらオーナー社長の方は、どうでしょうか?

それでも接待交際費は、合法に経理のシステムとして、税務上認められた正しい経費です。

会社が苦しいから・・資金繰りが‥
そういう企業は、そもそも接待そのものを、やる資格がないと思います。

接待ゴルフはどの部分まで経費として認められるのか?

私は経理屋さんではないので、その道ではありませんから、大きなことは言えません・・・が・・

私の実績だけはここで言えると思います。
数多くの接待ゴルフをやってきましたが、自分のプレー代を自分持ちで払ったことはありません。

これは仕事です。

確かに、休日出勤や残業の扱いにはなりませんが、ただしその日の休日はつぶれてるわけです。

そのうえ、自分のプレー代は自分で払え!

これは全くない話です。

経費で支払い可能な接待ゴルフの費用の内容は?

では、どこの部分まで接待ゴルフの経費で、認められているか?

さて?

どこまででしょうか?

下記は私の経験です。

  • 1:プレー代
    2:昼食の飲食費
    3:コース内のショップでのボールや帽子などの用品
    4:お土産
    5:タクシー代(が・あれば・ですが)

その他も有りますが、この辺が主な部分かと。
コース内では、フロントで受け付けた時の、ロッカー番号のカードで、すべて支払いが可能なので、ほぼこれはすべて全額です。

上記の5番を除いて、ほぼこのカードで事が足ります。

帰りに、お客さんからさりげなく回収して、フロントでまとめて支払っていました。

もちろん、自分のプレー代や飲食や用品も全てです。

と・・私の場合は、接待ゴルフは仕事であるから、当然自分のプレー代も含めて、経費請求である。

こういう会社でした。

が・・なんか~~~
世の中にはそうでない会社も有るようです。

では、具体的にどういう場合が考えられるか?

次に書いてみようと思います。
・・・
ジャックニクラウスは偉大です。
全米オープンでの名勝負をまとめてみました。

ジャックニクラウス全米オープン名勝負まとめ!メジャー勝利数は?

アーノルドパーマーとの試合は、圧巻でした!
・・・

上司とのゴルフや客から直接個人的な誘いは?

いろんなケースが考えられますが、基本的にゴルフは

「遊び」

です。
しかも、サラリーマンにとっては、結構な高額の遊びかもしれませんね。
もちろん、収入の多寡で人の感じ様は、様々だとおもいますが。

上司とのゴルフは経費か?

これはなかなか、経費にはならんでしょう!
難しいかと。

が・・しかし・・なかなか断れないのも、事実で・・だからこそ難しい問題と思います。

一時期、私もそういう時期が有りましたが、もう嫌でしたね。

どうして自分のお金を使って、いやな奴とゴルフをしなければならないんだ?
しかも休日に。

腹立って、仕方がないときも有りました。

どうしたか?

どうにもなりません。
が・・スカスだ・・

出来るだけ、断るように距離を置くようにしていました。
もしくは、どうしても抜けられない、そんな用事を作って正当な理由で断るようにしていました。

または、勢いでそのまた上の上司と、ゴルフの約束が有るから・・と。
そんなことを言った時も有ったよな~~なつかすい!!

もうそうなると、誘ってこなくなります。

え??

そんなんではへぬるい??

う~~ん

ムズイですね~~

お客さんからの個人的な誘いはどうする?

これも数回経験しています。

その場合は、きちんと会社に話して、正規の接待ゴルフの経費計上していました。

ただ・・こういうことも数回あったな~~

  • 「練習に行きたいけど、付き合ってくんない?」
    「え?いいですけど・・・」
    「○カントリーのイブニングに行くんだけどさ」

なぬ~~~
イブニングだ~~ざけんなよ~

が相手は客。
無下にもできず、しぶしぶ行きましたよ。

その時のプレー代は一人3000円です。
二人で6000円ですが、さすがに客は自分で支払いました。

私が払うといったのですが、今日は教えてほしい‥という一点張りで、では折半ということで。

とは言っても、自分の分自分で払っただけですが・・まあ~~3000円です。

この方とは2度行きましたが、何度も接待はしていたので、気心知れた間柄。

練習しながらのイブニングも、楽しいものでした。

ただ・・気を遣う下心のあるような相手だったら、ちょとこうはいきませんね。

スポンサーリンク

接待ゴルフの支払いは経費か?のまとめ

接待ゴルフの支払いは、経費で認められています。
いわゆる、会社での

「接待交際費」

に当たる項目です。
私の場合は、この経費でほとんどを、会社に請求していました。

もちろん、このゴルフは接待ゴルフであるという、許可を事前に頂いておかないと、まずいですよ。

しかしながら、基本的にお客さんと一緒のゴルフは、接待として認めていただいてましたし、仕事の効果を自任していましたから、ほぼ経費で、認めていただいてました。

他に、数人ゴルフをやる社員もいたのですが、どうしても腕前がいまいちで‥

なので、私に集中してくるのでしたね~~

休日がつぶれるのも、仕方がないと思っていました。

でも本音は、半分でもいいから残業か休日出勤にしてもらえないか?

そういう思いはありましたが、言い出せなかったですね~~

まあ・・ゴルフも大好きでしたから、それをただでやってるという意識も、強かったのも事実です。

でも・・初めてのお客さんは、やってる感はなかったですが、でも数回同じ相手とやってると、もうそれは接待ではなく、自分としてはもう遊びでしたから。

お客さんも、気持ちよくプレーして楽しんで帰る・・型式ばって接待ゴルフ??

その枠がとれた、ゴルフをやって遊んでいたような気がします。

上司との、ゴルフ・・これは嫌だったな~~

でも、唯一・・社長とやるときは、いつも私の分まで支配してくれてました。

休日がつぶれて悪いな!

そんなことのように、私は取ってました。

皆さんの会社ではいかがですか~~

人と人とのコミュニケーションって、ムズイものですよね!

・・・
関連リンク
本ブログ内の記事へのリンクです。
本ブログ内の、接待ゴルフの記事へのリンクです。
いろんな場面を、私の経験からまとめてみました。

接待ゴルフの意味と勝つか負けるか?会話などの経験をまとめてみた!

ダメな上司は、どこにでもいます。
こんな上司もいたな~~

ダメな上司を操る優秀な部下は出世する?企業戦士の悲哀を感じる!

皆さん、有給休暇は取れてますか~~
しっかり労働者の権利は、実行しましょう。

有給休暇が取れない方に労働基準法の意味と理由をまとめてみた!

私はしっかりと、有給休暇はとってますよ~~
皆さんはいかがですか?

低収入なので、このくらいは主張しないとね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る