年金がもらえない時代や減額が将来ある?支給開始年齢引き上げも!

若者(若い世代の方)の間では、もしかしたら将来年金財政が破綻して、自分たちには国民年金にしても、厚生年金や共済年金の支給が受けられないいわゆる

「年金がもらえない」

そう思ってる方が、多いように感じます。
実際、私の同居人の娘夫婦も支給が、ゼロとは思ってないですが、大きく減額されるだろうとは思ってるようです。

そこでかけた金額に対するリターンはどんくらい?
の疑問を検証してみようと思います。

しかし、それに合わせて支給開始年齢が、68歳に引き上げられる?
そういう、意見も財務省から出ているようで・・

興味深い記事を見たので、その内容について書いてみようと思います。
もちろん、自分の実際の定年以降についても、思うことがあるのでそれも併せて。

スポンサーリンク

いったい自分たちが掛けた、年金の金額に対して、どのくらいのリターンがある?

これを正確に知ってる方は、少ないのでは?

そう思います。
そこでおおざっぱですが、今の年金掛け金と支給額で、検証してみました。

注:今の2018年5月時点の試算です。
多少の誤差(障害年金などの試算はありません‥)は補償いたしませんので、おおざっぱなこん位・・とみてくだないね~~~

年金かけた金額とリターンの検証!

私の祖母は94歳で他界(20年ほど前)しましたが、たぶん国民年金の受給を、初めて受けた世代だと思います。

その時の年金は、殆どかけないに等しいと思います。
数回??または数年かけた世代かと思います。

親父は55歳定年で、即支給開始でかなり優雅だったような‥そうでもないか。
おふくろは現在84歳(昭和8年生まれ)で、おやじが早世したので、その遺族年金を受給しています。

この世代が、多分一番いい思いをした世代かな~~なんて、自分で勝手に思ったりします。

年金のかけた金額に対するリーンは?

では本題です。
年金には、国民年金と変動型(成果報酬型)の厚生年金や共済年金があります。

支給開始は65歳とします。
支給終了は、男女の平均年齢が

  • 男性:81歳
    女性:87歳

ですが、85歳と仮定します。
かけた期間は20才~60才までの、40年間とします。

国民年金のリターンの検証!

まずは国民年金から。

  • 国民年金掛け金:16490円*40年 = 7,915,200円
  • 現在の支給金額:779,300円*20年 = 15,586,000円
  • その差は = 7,670,800円

のプラスになります。
すごいね!!
仮にこれが、支給開始が68歳と70歳についても、試算してみます。
掛け金が60歳までの限定とします。

  • 68歳からの支給開始:779,300円*17年 = 13,248,100円
    70歳からの支給開始:779,300円*15年 = 11,689,500円

どちらも圧倒的なプラスになります。
現実は、支給開始年齢が引き上げられたら、当然ですがかける期間も長くなるでしょうから、そのまんま比例して上がっていくと思いますが、上記は一番率が悪い予想かと思います。

厚生、共済年金のリターンの検証!

では次に、一般の方が掛けている厚生年金や、公務員の方の共済年金についての検証です。

が…これはちょっと難しい。

なんで??

収入に応じた掛け金になってるからです。
収入とかけた期間が問題です。

そうはいっても検証しないといけないので・・

サラリーマンの平均年収で、480万円として、月収が40万円(ボーナス込み)で、計算してみます。

  • 40年間での支払い保険料:40万円*18.3パーセント÷2*40年(48か月)=17,568,000円
  • 受け取り年金金額は:ろうれい基礎年金779300円+老齢厚生年金1,052,400円*20年=36,634,000円

すごいですね。
ほぼ倍って、それ以上です。
ここの計算のポイントですが、上記の

「÷2」

ですが、なんで2で割ってるかというと、あとの半分は会社が掛けてくれてるから、本人負担は半分なんです。
いいことですね。
ですから、国庫にはその倍の金額が、入ってるわけなんです。
ここが重要なんだな!

え??月額40万円なんて稼いでない??

心配に及びません。
私もそんな金額稼いでいません。
しかし、私の年金も上記の金額から、年間で20万円ほど低いだけです。

当然稼ぎが悪いですから、保険料もそんなにかけてませんが・・・

なんで自分の支給額わかるの?

わかるんですよ~~なんでって、今年定年でもうすぐそこに来てるから、年金定期便でわかっちゃってます。

掛け金もそんなに多くないのですが、変だな~~っても思います。
掛け金が少ないのです・・私が掛けた金額が・でも年金支給額は、上記の計算よりも少し少ないだけ??

なんでっては思いましたが、深く追及すると日が暮れますから、やめておきます。

ってか‥たぶん収入が多い方が、収入の少ない方を、ある程度補完する制度になってる?

そんな気がちょっとしますが・・・あってるかな??

・・・
働きながら年金を受給して、減額される給与の額は?

年金減額の対象になる給与の金額はいくら?満額支給の金額を計算!

これ見て、いくらまで働いて減額されないか・・研究してみましょう!

・・・・

年金がもらえない時代や減額に時が来るか?

では、次に年金財政が破綻して、年金が支給されない・・もらえない時代が来る??

まさか・・・ですが、これが一番のお題ですよね!

厚生・共済年金は破綻する可能性はあるか?

上記で紹介しましたが、計算式にある

「÷2」

で、保険料は私たち会社員と、あとの半分は会社が支払ってくれています。

したがって、国庫には年金支給額とほぼ同額の、入金があるのでこれは破綻しようがないような気がします。

そう思いませんか?

入ってくるお金と、出るお金が同額なら、だれも財布が痛まないのです。
むしろ、働いてる労働者の、われわれは年金掛け金の半分を、会社が掛けてくれてるのですら、すごい福利厚生だと思いませんか?

この辺を「ジョージソロス」さんは指摘して、日本の年金は最高の投資先だ‥

こういったのでは?
そう思ってきました。

国民年金は破綻する可能性はあるか?

さて国民年金は、個人が掛ける年金です。
自営の方や、非定期の方が変える年金かと思いますが、上記で紹介したように、やはり半分の掛け金で倍近いリターンがあります。

しかも長寿で、平均年齢が伸びていますから、支給期間が長くなっています。

この辺はもしかしたら、見直しがかかるかもしれないです。

なんで?

またまた言いますが・・やぱし・・長寿の世界になってきたからです。

これは仕方がないと思います。
でも、このれはいつからかというと、かなり先の時代かと思います。

長い時間のスパンで考えることですから。

スポンサーリンク

年金がもらえない時代はやってくるのか?

いろいろ書いてきましたが、では年金がもらえないときは来るのか?

まあ・・それはないと思います。
しかし、上記で書いたように、平均年齢が上がってるのに、支給開始年齢は同じということになると、出るほうが多くなるは必定!

これは、年金財政が破綻します。

となるとどうするか?
私的にはこれしかない??

個人的な意見ですから悪しからず。

  • 1:定年年齢を上げてかける期間を延長する
    2:支給開始年齢を引き上げる
    3:掛け金を上げる
    4:年金支給金額を引き下げる

などなどが、考えられるのではないかと、思います。

こうなった原因は、日本の長寿化にあります。
これは、勿論いいことなのですが、片方良ければ片方が風邪をひくんだな!

両方が納得する、そんな落としどころがどこにあるか?

試案のしどころかと。

でも年金をかけない・・そういうことは、自分の人生の老後を、かなり不利な状況下に置くことになりますから、これだけはやめましょう!

きちんと、年金はかけていきましょう!

・・・・

年金の繰り下げは損か得か?
実際の金額でシュミレーションしてみました。

年金の繰り下げ受給は損か得か?加給年金や支給総額の予想額に驚き!

やっぱ・・やってない方が圧倒的ですが、裏付けされてるような気がしました。

・・・・

年金がもらえない時代や減額のまとめ

年金の掛け金と、リターンの関係は上記で紹介しました。

上記の例を見て、どう思いましたか??

意外と、すごくお得な感じになりませんか?

しかも、厚生、共済年金の会社員や公務員の方は、半分を経営側が掛けてくれてるんですから。

それは、すごくお得ですよね。

しかもその合計が、支給額とほぼ同額ともなれば、お国は何ら困ることはないですから・・・・が・・

スカスだ‥

問題は、平均寿命が延びていることで、支給金額が圧倒的に伸びていく予想に、なってることなんだな!

早い段階で手を打たないと、年金財政がひっ迫することは目に見えているようです。

なので、財務省からは68歳に延長する案が、提案されたようですが、これまんざら本当になるかもしれません。

年金支給開始年齢を68歳に引き上げるはホント?時期と理由を調査!

これから、こういったお話が出てくると思います。

が・・スカスだ‥

だからと言って、掛けないはまずいですよ~~

掛けていかないと、もらえる保証がないですからね~~

少なくとも、今現在でのリターンがほぼ倍ですが、これが若干縮小されるか、もしくは期間の見直しか‥

いずれにしても、老後の頼りはこの

「年金」

です。
しっかりかけていって、モノを言いましょう!!

・・・

定年後に仕事したくない65歳の割合と派遣やアルバイトの平均月収は?

意外と、皆さん働いて稼いでいるんですね~~
これちょっと驚きました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る