大雪の二十四節気はいつ?意味と定義から見る日本の季節感!

大雪(たいせつ)と聞くと、まるで大雪が降る季節・・なんて思う方がいるかもしれませんね。

大雪(たいせつ)は、二十四節気の中の大雪を言う、季節を表す24ある節気の、21番目になります。

文字通り、ここから冬の突入する・・そんなイメージが私は浮かびますが、さてどんな意味があるんでしょうか?
暦は旧暦なので、毎年その大雪である「二十一節気」の日も、変わるようです。

2018年は、何時なんでしょうか?

スポンサーリンク


大雪と書くと、まさに私の地域では

「あ~~今年もやって来たど~~冬が・・雪あんます降らねばえな!」

の胸中です。

半面、この雪を仕事にしている、スキー場などはいよいよ冬シーズン到来!

スノーボーダーの婿殿も腕が鳴る(?・・・)足が鳴る??かな・・多分。

大雪の二十四節気はいつ?

大雪(たいせつ)は24ある季節の節気の内

「第21節気」

に当たります。

「十一月節(旧暦10月後半から11月前半)」

という時期です。

決まり事ですが、大雪の日と期間が問題ですね。

大雪の期間は、大雪の日から「冬至」の前日までを言います。
冬至は24節気の22番目の節気に当たるので、その前日までなんですね。

2017年の大雪(たいせつ)は

大雪(たいせつ):12月7日
期間は:12月7日~12月21日

まででした。

ではちなみに2018年の大雪(たいせつ)はいつ?
下記のようです。

大雪(たいせつ):12月7日
期間は:12月7日~12月21日

え??同じ日?
なんですよ~~

大雪の節気の期間中の季節のことわざなど・・

期間の七十二候というのがあります。

この「七十二候」というのは、中国で考案の季節を表す方式・・なんだそうな。
二十四節気をさらに、約5日に分けた期間で、気象の動きや動植物の営みなどの、変化を表現するようです。

大雪の期間中の七十二候は?

初候
閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる) : 天地の気が塞がって冬となる(日本)
鶡旦不鳴(かつたん なかず) : やまどりが鳴かなくなる(中国)鶡は{曷鳥}
次候
熊蟄穴(くま あなに こもる) : 熊が冬眠のために穴に隠れる(日本)
虎始交(とら はじめて つるむ) : 虎が交尾を始める(中国)
末候
鱖魚群(さけのうお むらがる) : 鮭が群がり川を上る(日本)鱖は{魚厥}
茘挺出(れいてい いずる) : 大韮が芽を出し始める(中国)

(wikipediaより引用)

こんな感じなのですが、私が思うにこの三つの

初候、次候、末候のそれぞれに、代表的な季節感がありますよね~~

初候: 閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる)

これは、その通りで、いよいよ冬に突入していくという、そんな冬の始まりを表しているようです。

今は雪が、降らなくなりましたが、私が住んでるこの辺では、12月の7日ともなれば、もうあたりは真っ白で雪です。

学校に行くのに、道路がどこかわからず・・・そんなときもありました。

次候:熊蟄穴(くま あなに こもる)

これはちょっと面白いというか、クマも冬眠に入るんですね。
なるほど~~

クマは、冬はこもって冬眠しますから、出没しなくなります。
秋に、ドングリなどの食べ物がない時は、この辺まで出てきますよ~~

って、今はクマもどんどん里に下りてきて、注意が必要ですね。

末候:鱖魚群(さけのうお むらがる)

サケのシーズン到来ということでしょうか。
サケが、真っ黒な集団で川を上ってくるさまは、まさに圧巻!

北海道の酒はいよいよシーズンかと・・

イクラ・・今シーズンは高いですね。

この辺の川にも、サケが登ってきます。
って・・だいぶ下流の方ですが。

ここは岩魚の世界ですから・・ここまでは登って来れないです・・途中の関所が難所すぎます。

雪予報で降水量1㎜は降雪量で何センチ?測定方法も調べてみた!

人間って、すごいな~~と思うのは、その季節季節で、風物詩を和歌にしたり、食べ物で季節感を味わうとか・・

これってすごい文化なんだと思います。

皆さんは如何ですか~~

スポンサーリンク

大雪の二十四節気はいつ?のまとめ!

大雪(たいせつ)について、書いてきました。

まとめておきます。

大雪(たいせつ):二十四節気の第二十一節気
毎年の暦の寄りますが、概ね

「12月7日」

近辺で、期間は次の二十二節気の「冬至」の前の日までを言います。

例として

2017年は

大雪(たいせつ):12月7日
期間は:12月7日~12月21日

ではちなみに2018年はいつ?

大雪(たいせつ):12月7日
期間は:12月7日~12月21日

ことしの、2018年も同じ日の期間です。

この期間の季節的な、風流というか動植物の変化は、上記で紹介しました。

ほぼ、明るい世界から、雪の世界へと閉じていく、変化していく期間なんだな~~

なんて、勝手に感じました。

私の住んでる、宮城県のにゃま奥の僻地では、ここからどんどん本当の

「大雪」(おおゆき)

に向かっていくわけです。
それとこの時期になると・・・

「今年なんぼ雪ふっかなあ~~もういらねっちゃ!!」

なんて、そんな感情になっていく、そんな期間でもあるんだよね~

大雪の意味と定義は?時期はいつが多いか調べてみたが今年はどうだ?

でも少なくなったな~~雪は。

昔はこんなもんでは、まったくなかった!

寒さが全く違いますからね~~~

大雪(たいせつ)に関してでした~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る