一ノ関駅のコインロッカーの場所と料金と大きさは?全景写真も紹介!

中尊寺本堂手前の東物見台の風景

一ノ関駅のコインロッカーの場所と料金と大きさについて紹介します。
実際に現地の写真を撮ってきたので、併せて紹介します。

一ノ関駅は、世界遺産の奥州平泉の玄関口で、とても多くの観光客の方が利用されます。

ここに、荷物を置いて、JR東北本線の平泉駅で、下車して観光する、こういう方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方にとって、コインロッカーは、ものすごく便利なアイテムだと、思います。

スポンサーリンク

コインロッカーと言うのは、駅であればどこにでもあるものですが、場所がわからないとなかなか迷うものです。

それと大きさも、よく理解していないと持っていた荷物が入らない、などと言うことがよくあるものですね。

一ノ関駅の全景
(管理人撮影)

一ノ関駅のコインロッカーの場所と料金と大きさは?

一ノ関駅のコインロッカーの場所は2カ所あります。

  • 1:新幹線の改札を出たところの向かいの所
    2:駅の改札を出て左に曲がった所

1は新幹線の改札を出たところの、すぐ向かいになります。
正面でお店の脇のところなので、すぐわかるかと思います。

写真は下記のようなところになります。

一ノ関駅新幹線出口向いのコインロッカー1
(管理人撮影)
一ノ関駅新幹線出口向いのコインロッカー2
(管理人撮影)
一ノ関駅新幹線出口向いのコインロッカー料金表
(管理人撮影)

すぐ隣が「ごますり団子」の暖簾が。

2は、駅の改札を出て西口の外に出ますが、西口の改札を出て外に出てすぐ左側になります。

西口からは、駅の全景が見えますが、全景の写真は下記のような風景になります。

一ノ関西口外のコインロッカー1
(管理人撮影)
一ノ関西口外のコインロッカー2
(管理人撮影)
一ノ関西口外のコインロッカー3
(管理人撮影)
料金は、新幹線の改札向いと同じようです。

駅を出るとすぐに、大槻三賢人の像が立っています。

一ノ関駅の大槻三賢人の像の写真
(管理人撮影)

ここはひとつの、待ち合わせ場所の目印には最高かと思います。

コインロッカーの料金は?

コインロッカーの料金は、写真で紹介した通りの料金になります。

  • 小:300円
    中:500円
    大:600円

大きさの種類はそれぞれ紹介しました。

写真で判断して、ご自分の荷物の入るロッカーをチョイスしてください。

バス乗り場はどこ?

バス乗り場は、西口を出て左側になります。
仙台行きの高速バスも、ここから出ます。

一ノ関駅のバス乗り場
(管理人撮影)
駅の左側、西口から正面の全景を見たときには、右側のバスプールになっています。
世界遺産の奥州平泉への、周遊バスの

「るんるんバス」

もここから出ます。
バスの時間表は、また別の機会に紹介しようと思います。

平泉中尊寺の観光は紅葉の時期がおすすめ!見頃の時期と写真画像紹介!

一ノ関駅近辺の観光地でお勧めは?

一関というか、岩手県南の観光地は、結構集中しています。

お勧めはなんといっても世界遺産の

「奥州平泉」

の観光です。
平泉の世界遺産指定の名所では

「中尊寺」「毛越寺」

が、個人的には大好きな、スポットです。
ぜひここは、一度行ってみてほしいです。

毛越寺の紅葉の風景
(管理人撮影:毛越寺の秋の紅葉の風景)

平泉毛越寺の観光は紅葉の時期がおすすめ!見頃の時期と写真画像紹介!

勿論「金色堂」は圧巻の、黄金の超豪華な堂です。

見て損はないですよ~~~

一ノ関駅のコインロッカーのまとめ!

一ノ関駅のコインロッカーの、設置場所やサイズ(大きさ)や、料金を紹介しました。

場所は、すぐにわかると思います。

新幹線の改札を出てすぐです。

でもこの場所は、またこのJRの乗るという、前提がないと使えないですよね。

いったん改札を出て、ここの改札に入らない・・今日はJRを利用しないという場合は、適合しないかと。

そうなると、西口を出た左側に設置してある、その場所の「コインロッカー」が現実的かと思います。

写真で、紹介しましたが、上記の場所の位置関係を、参考にされてください。

世界遺産の「平泉」には、ここから

「JR東北本線」

の乗り換えて、電車での移動と、一ノ関駅のバス乗り場から

「るんるんバス」

で周遊する方法があります。

どっちがお勧め?

一長一短ありますが、私的にはバスを利用して、周辺の景色を眺めながら・・
そんな旅がいいかな~~

なんて思います。

私はほぼ地元なので、いつも見ている風景ですが、初めて来られる方にとっては、新鮮?

なことも、あるかもしれないですから。

いい旅をしてください!!

平泉の中尊寺の見どころは?春と秋の藤原まつりは要チェック!

*ヘッダーの写真は中尊寺の月見坂の物見台(休憩所)です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る