老後の生活を楽しく暮らすためには貯金はいくら必要か考えてみた!

老後を楽しく過ごすためには、やはりその前提条件はなんといっても

「お金」・・所謂・・「老後資金」(老後貯金)というものです。

その老後の資金について、ゆとりある生活を送るには、いくら必要なのでしょうか?

という話題です。
勿論、老後になってからでは遅いですから、今から準備をするのが、一番です。

人間は、だれでも均等に年齢だけは重ねていきますから。

スポンサーリンク


ヤフーのヘッドラインニュースの記事で、ゆとりある老後生活に、必要な資金は

「4200万円」

という、ニュースがありましたが、本当に必要?

っていうか、これだけの資金を貯金できる方って、ドンくらいいるかな?

ちょっと驚きました。

老後の生活を楽しく暮らすためには貯金はいくら必要?

4200万円も必要になる根拠を、下記にしまします。

ホントかな?

って、やっぱし冷静に考えると、そうかもしれないです。

夫婦二人での生活費はいくらかかる?

老後というのは、一般的には「65歳以上」を言います。
65歳以上の夫婦の生活費は、総務省「家計調査」(2016年)では

「24万円」

のようです。
そこで年金額は、約21万円のようです。
この21万円の根拠は、総務省「家計調査」(2016年)によります。

世帯主平均年齢73.2歳での平均の収入です。

3万円のマイナスですね。

なので普通の生活ならば、65歳まで働いて年金支給での、穴埋めは月額

「3万円」

これに何歳まで生きるかをかければ、いいかと。
例えば95歳ならば30年ありますから

「900万円」

ということになりますし、20年なら「600万円」かと。

単純です。

ゆとりある楽しい老後の生活にはいくら必要?

本題はここです。
旅行やレジャーなどを含めるゆとりある生活費(生命保険文化センター、平成28年度)の平均金額
平成28年度の、生命保険文化センターの調査によると、旅行やレジャーなどを含めるゆとりある生活費は

「35万円」

なんだそうです。
ずいぶん足りません。
収入が21万円ですから。

その差14万円。

20年ならなんと~~

「2800万円」

です。
30年ならなんと「4200万円」

やっぱし。ヘッドラインのニュースの通り

「4200万円」

ですね。

老後に予期せぬ費用が必要かも!

上の4200万円は、毎月ゆとりある楽しい生活を送るのに、必要な金額ですが、しかし老後ていつまでも健康ではないですよね~~

もしかしたら、介護生活になる場合も想定しておかないと、いけないかも。

もしかしたら、予期せぬ病気になるかも!

そういうときのための備えって、どうすればいい?
これは私にも、あてはまることで全く他人ごとではないです。

答えはないかもしれないです。

しかしこれだけは言えるかと・

「備えあれば憂いなし」

でも‥その備えっていくらよ?
あればあるほどいいのはわかるが、現実そうはならんよ‥

そうです・・私もどうにもなりません‥しかしみんな、均等に年齢だけは重ねていくのが現実!

無駄遣いは辞めて、堅実に行かないといけませんね。

スポンサーリンク

老後の生活を楽しく暮らすためには貯金のまとめ

総務省の統計で、毎月の夫婦二人での生活費って

「24万円」

って、今の生活って私の場合はいくらかかってるか、考えてみたのですが、どう考えてもず~~っとその金額以下だ!

それが、この田舎暮らしの利点かもしれませんね。
何しろ、一番大きな住居費がかからないから。

それが一番大きいかもしれないです。
野菜はほぼ、自給です。

項目で一番大きいのが、食費で次が、電気代か通信費(スマホなど・・)かもしれないです。

大体、私の薄給では24万円も難しいですよ~~収入自体が‥(恥ずかし・・)

それでも家のローン、支払っているんですが・・なにか??

って自慢できるほどではないですが、農業のコメの収入もあるからですが、何とかやってます。

あと1年ほどで、この家の住宅ローンも終了なので、かなり楽になります。

そっから、俺らの老後の資金だな‥なんていってるのですが、さて??

年金支給されながら、まだまだ働く・・そんな思いでいますが、そんなときが来なくてもいいですが、何度も言いますが、誰にでも均等に年齢だけは取っていく時間は、流れていくんだな~~

老後破産の現実と実態から対策が見えてくる?持永卓郎の視点分析!

皆さんいい老後生活・・備えは万全にしておきましょう!!

しかし楽しい生活を送るのには

「35万円」

ですか~
だな~~そんくらい必要なんでしょうね。

ここでは、その35万円現役でも稼げる方って、ドンくらいいるかな?
この地方では、そんなにいない気がする!

都市部では、普通なんだと思いますが・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る