熟年離婚の準備や予定してる方に別れないですむシェアハウスを提案!

厳美渓の紅葉

定年後の夫婦の「シェアハウス」ってなんだ?

そう思うのですが、実はこれ現実にそれで、熟年離婚しなくて済んだ・・
そういう方がいるから、驚きです。

夫婦は何時になっても、別れなくて済むなら、それに越したことは無いんだな。
感情の問題で、どうにもならなければ、それは別かとは思いますが。

然し定年後という、年齢を考えればそれは、ちょっと状況が違うかもしれないです。

スポンサーリンク


年金法の改正で、男女が受け取れる年金が、おおざっぱですが半分になった!

その改正を待って、熟年離婚をされた方は、多いというのを以前、読んだことがあります。

他に相手いるなら、それは別ですが、そうでないなら何も別れなくても・・
と思うのは、やはり当事者から見れば、勝手な論理なのかもしれません。

熟年のシェアハウスって何?

夫婦が、一つ屋根の下に暮らしていても、一緒にいるのはご飯の時だけ!

または、まったく干渉せずに、個人主義を貫く。

そのためには部屋は別々。

どこまで干渉するかは、お互いの決めごとで、破ったら熟年離婚が待ってる・・という意識を持つ!

簡単に言えばこういうことかと。

なんでそうなるんだ?

それは熟年離婚の背景にある、いわゆる原因にあるようです。

下記に、その背景を書いてみます。

熟年離婚の原因と離婚組数はどん位?

これはよく言われることですよね~~

熟年離婚の原因は?

大体下記のようです。

  • 1:定年して何することが無くなった夫がうるさい
    2:同じく口うるさい
    3:暇だからどんどん干渉する
    4:定年したらこんな人ではなかった?

って・・これって殆ど、男性の問題か?

悲しいかな・・なんとなくそのようです。
奥さんの方の問題って、なんか気にしていないのか、どうかはわかりませんが、私的には見たことがないような。

まあ・・あるんでしょうが、殆どは男性の問題のようです。

勤務中に(在職中)、自分の定年後のコミュニティーや、趣味などのやりがいや、行動のパターンを、形成できなかったことが大きいかと。

したがって、居場所を失ったうえにヒマ。

何もすることがないから、家でごろごろ。
妻にはあれこれ指図して、金銭的にも扶養してやってる・・みたいな。

これで妻はあきれて

「熟年離婚」

となるようです。
妻の側から見れば、子供の子育ても終わって、さ~~今度は自分の人生だ~~

って言うところに、とんでもないものが現れた~~

こんな所かと。

熟年離婚する方はどんくらいいる?

2016年の、厚生労働省の統計によると、同居30年以上の夫婦の離婚は何と~~

「11000件」

22000人いるんだ。!
ちょっと驚きます。

日本は離婚率が高いですが、しかし定年後の夫婦でこんなにいるんですね。
(実際、定年後かは別ですが、30年というとほぼそうかと)

この原因を突き詰めていくと、この

「シェアハウス」

に行き当たったんだと、いうことのようです。
読んでみると、なかなか面白い発想ですが、これって若い時にも当てはまるかもしれないな~~

なんて思ったのですが、子供がいればこれは無理かと思いますが・・・

シェアハウスでうまくいった方の例

こちらの記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00010000-yomonline-life&p=3

ヤフーヘッドラインの記事ですが、こちらでシェアハウスでうまくいった方の例が、書かれています。

思うに、熟年であろうが、若い方であろうが、元は他人。

それが一つ屋根の下に住んで、しかも共通の話題で一生?

それは、やはりないでしょうね~~なんて、自分で考えてみました。

夫婦であっても、やはり趣味はべつでしょうし、考える価値観も違うのだと思います。

それが定年前は、夫は一生懸命に外で働いて、生活の糧を稼いできて、妻は子育てで・・

それが一段落するのが

「定年」

そういうことなんだと。
ところが夫は、会社での立ち居振る舞いをそのまんま、家庭に持ち込んだり・・

何もすることがないから・ゴロゴロ・・でヒマ。

これでは、やっぱし・・いかんでしょう!

記事内の方は、いったんは離婚されたそうですが、やはりこれではいけないと、互いに真摯に話し合い。

そこで、家庭内での、シェアハウスを決めたそうです。

それだけのことなんだ・・と思うか・・それとも、それはできない・・と思うか?

離婚しなくてよければ、それに越したことは、無いと思います。

しかし、お互いに譲れないものがあるから、では致し方なし・・となるんだと思います。

が・・・しかしだ・・そこまで意地を張って、得るものって何があるのかな?

この辺が、肝なのかもな~~なんて勝手に考えてみました。

スポンサーリンク

熟年離婚の前にシェアハウスのまとめ

これを書こうと思ったのは、私ももう少しで定年。

我が家の場合は、皆さんとはちょっと家庭の事情が、違うかと。

農家ですし、定年したら当然、この米つくりは今以上に私の仕事で、やろうと思えば畑もできます。

土地なんざ~いくらでも・・のこの僻地では、そんなレベルなんだな~~

皆さん・・もし上記のようなことで、悩んでいたのなら、いっそのこと田舎暮らしは如何ですか?

なんて勝手な、お話で、書くのは簡単ですが。

通常は、妻の側が先に定年という場合が、多いようですが、私の場合は、私の方が早いようです。

妻は、家にいられないタイプなんだな~~

休みになると、しょっちゅう友人と出かけてます。

それも良しかと・

家の中では程よい距離感かと。(もちろんそう思ってるのは私だけかもしれないですが・・)

突然・これに判押して!

なんていうことが、あるかもしれないですが、しかしここ出てどこに行くんだろ?

って、本人も行くところがない!

とは言ってますが、老後ってちょっと頭にちらつく、そんな年代でもあるんだな。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る