積立nisaの対象ファンドの商品おすすめは?郵貯で検証してみた!

積み立てnisaのおすすめは、私は個人的に

「ゆうちょ銀行」(郵貯)

です。

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」
「セゾン資産形成の達人ファンド」

の運用益を調べてみました。

その、ゆうちょ銀行でのおすすめ商品を、商品ラインアップの対象ファンドから、上記の二本をチョイスして、その実績を検証してみました。

どんな成績の商品なのか、過去の実績ですが、気になると思いますので、調べてみました。

スポンサーリンク

過去に利益を出したから、これからも利益を出し続ける・・ということはないわけです。

しかし、この積立nisaのいいところは、定期的に買いを入れる、文字通りの

「積み立て」

下記で紹介しますが、購入の平均値は、ぐっと下がります。

郵貯の積み立てnisaの対象ファンドの種類は?

ゆうちょ銀行の、場合の積立nisaの、対象ファンドは

「8本」

です。
ほかの証券会社や、ネット証券からしたら、少ないです。
なので・・・

「選択肢が狭い??」

いえいえ、種類があればいいというものでは、ありません。
この場合は厳選した8本です。

一度には無理なので、このファンドの実績は、数回に分けて紹介しようかと思います。

私も来年の1月4日から、実践してここで紹介しようかとも・・思っています。

ちょい悩み中です。
最低の投資の積立金額は、ファンド一本当たり「1000円」からです。

対象ファンドは下記です。

  • 1:つみたて日本株式(TOPIX):三菱UFJ国際投信株式会社
    2:つみたて先進国株式:三菱UFJ国際投信株式会社
    3:つみたて新興国株式:三菱UFJ国際投信株式会社
    4:JP4資産均等バランス:JP投信株式会社
    5:野村6資産均等バランス:野村アセットマネジメント株式会社
    6:つみたて8資産均等バランス:三菱UFJ国際投信株式会社
    7:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド:セゾン投信株式会社
    8:セゾン資産形成の達人ファンド:セゾン投信株式会社

とこの8本になります。

となると今度は、この8本のファンドの成績!
一体どんくらいの成績を残しているの?

これって、誰でも「積み立てnisa」を始めるかどうかで、悩んでる方は最も気になるところではないでしょうか?

私自身も、少額でも投資をするとなると、この辺は気になるところ!

さて???

ゆうちょのファンドの投資実績は?

ということで、一度の8本は、無理なので、半分の4本を、調べてみることに。

実績がある投信は、上記の8本のうちの

「セゾン投信」

の二本。
まずはこの二本を検証しようと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの過去の実績は?

では最初に、この題名のなが~~いファンドの

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」

です。
これ結構すごいですよ。
運用期間は、このグラフから2007年~のようですね。


(出典元:https://www.saison-am.co.jp/fund/vanguard/より引用)

それによると最初の

10000円 → 14451円(2017年11月19日現在)

約10年で1,4倍以上です。
これだけ見たら

「な~~んだ~~10年でたったの1,4倍か~~」

って思うあなた・・ちょっと違いますよ~~
何が??
もう一つの指標があるんです。
もし積み立て型で、毎月一定額を積み立てた場合はどうなる?

  •  期間 平均取得単価 損益(%)
    1年:13,539円:+6.81%
    3年:13,145円:+10.01%
    5年:12,029円:+20.22%
    初回(2007年5月)から:9,535円:+51.66%

とこんな内容です。
かなり低く購入できてる勘定です。

しかも積み立てですから、いくらになってる?
それと大事なのは、積み立てnisaは

「複利運用」

ということ。
決算時の運用益は、そのまま試算に組み込まれて、運用されていきますから、これは結構おいしいかと。

ではリスクはないのか?

積み立てnisaのリスクについて!

この運用のグラフを見れば、歴然です。
底になった部分が、あります。

要は、元本を割った時期が、あるわけです。

それよりも、高い時期に買ったものは、その時点ではマイナスです。

しかし、そこで底打ったら、上昇に転じます。
私もFXを長年やってましたから、過去のチャートは穴が開くほど・・見ましたが、こういうのは日常的にあるものです。

ですから、相場のプロといわれる方は、下がるほど厚く分割で、買い増していくんです。

しかも長期で・・・

具体名はあげませんが、著名な投資家の方は、決めたらすでに、長期のスタンスです。

積み立てですから、そこはもう安く買える・・そう思うように心がけましょう。

したがって、上記の平均値・・9,535円:+51.66%・・という値になるんだな!

しかももっと素晴らしいのは

「非課税」

です。

では次に、セゾン投信のもう一本。

セゾン資産形成の達人ファンドの運用実績は?

こちらはもっとすごいです。


(出典元:https://www.saison-am.co.jp/fund/master/より引用)

現在の基準価額がなんと

「20236円」

ですから、当初の10000円の2倍以上の成績。
10年で二倍ですか~~すごいね!

尤も、今後もこうなるとは、限らないわけです。
リーマンの、底を買ってますから。

下記は成績表です。

期間 平均取得単価  損益(%)
1年:18,016円:+12.48%
3年:16,531円:+22.59%
5年:14,056円:+44.17%
初回(2007年5月)から:9,183円:+120.69%

10年間の、基準の購入価額が「9183円」で120%の運用益

申し分ないですが、今後もこうなるとは限りませんので、その辺は留意ください。
何度も、書きますがリーマンショックという、今思えば極めて美味しい相場を、分割で買ってますから。

世に中がひっくり返ったような、ショックでしたが、終わってみればいい買い場だったわけなんですね~~積み立て型にとっては。

一喜一憂しないとは、このことかと。

スポンサーリンク

積み立てnisaのおすすめ商品と対象ファンドのまとめ

私は一本1000円から、投資できる

「ゆうちょ銀行」

を推奨します。
私も始めようかと、今思案してるところ。

もちろん「セゾン投信」で直接も大丈夫です。
セゾン投信直接は、最低投資額が一本

「5000円」

からのようです。
数本組み合わせて、リスクを分散するという手法は、いいかと思います。

ゆうちょは「8本」あるので、全部投資しても8000円ですね。
店頭かダイレクト(ネット口座)かの区別があるので、注意が必要です。

特に上記で紹介した、セゾン投信はダイレクト口座のみのようです。

「積み立てnisa」は年間で、積み立て限度額が「40万円」までで、期間が20年です。

元本だけで800万円になります。
それを、上記の運用益で、運用できると仮定すれば、すごいですね。

20年後は一気にお金持ち???

なんてね・・

皆さん如何ですか~~

積立nisaとは?口座開設やおすすめ対象商品の種類を調べてみた!

*他の商品については、また別な機会に紹介しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る