積立nisaとは?口座開設やおすすめ対象商品の種類を調べてみた!

NISAとは?
積立nisaとは?

この違いは何でしょうか?
積立nisaの投資商品と、ニーサの期間や、メリットも調べてみました。

口座開設は、各証券会社と銀行で取り扱ってます。
投資の商品は、指数連動の投資信託が、多数用意されてるようです。

調べてみると、積み立てNISAは、投資の基本にかなっていておすすめだと、私自身は思いました。

こういう商品は、将来の投資では、いい方法だと思います。

スポンサーリンク


積立nisaとは?
これって、最近よく聞く言葉です。

それもそのはず、この投資商品の開始日が

「2018年1月~」

なので、これからの商品なのです。
話題になるわけですよね。

積立nisa・NISAとは何ですか?

実は私も知りませんでした。
あまり、うまくは書けないと思うのですが、自分がわからないものは、やはり調べてみないとね・・

最初にNISAとは?

NISAとは、イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした、
日本版として

NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)

というようです。
これは、通常株式や投資信託などの利益には、20%の税金がかかるのですが、一定金額での枠内であれば、この税金を免除するという制度です。

具体的には

  • 1:年間120万円までの投資額
    2:投資期間は最長5年(課税免除期間)
    3:口座開設期間は2023年まで
    4:払い出し制限は自由(出し入れ自由)
    5:投資商品は上場株式、ETF、投資信託等

そのほかにジュニアNISAというのがありますが、これは0~19歳までの未成年の方のための「NISA」で

  • 1:非課税投資額は80万円まで
    2:名義は原則親権者
    3:最長5年
    4:18歳まで払い出し不可
    5:投資商品は上場株式、ETF、投資信託等

とこういう制度です。
期間がたったの5年なんですね。

120万円で、5年というと、600万円の投資額に対する、利益には課税されないという、商品です。

注意したいのは、マイナンバー提出が義務なので、本人でないと、口座開設できません。

積立nisaとは?

  • 1:年間40万円までの投資額
    2:投資期間は最長20年(課税免除期間)
    3:口座開設期間は2037年まで
    4:払い出し制限は自由(出し入れ自由)
    5:投資商品は上場株式、ETF、投資信託等

と、こんな内容です。
大きく異なるのは、投資金額の上限が、通常の「NISA」と比較して、年間40万円と少なくなります。

然し、期間が5年から20年と、長期にわたり運用が可能な点!

尚、投資する商品ですが、SBI証券の例で見てみたのですが、まだ正式には決まってないようですが、一定の指数に連動する商品で、信託期間や純資産等で、一定の条件を満たしたもの。

そう書かれていますが、具体的にはどういった商品かは、決まってないようですが、しかし期待は持てそうです。

なぜ?

積み立てですから、分割での投資が可能だからです。
これについては下記で、私の投資の経験から書いてみます。

積立nisaが初心者でもおすすめめな理由は?

私は商品先物取引や、日経株価指数先物(ミニ)や、FXなどの投資経験があります。

一番最初に行ったのが、商品先物取引。
ここが原点です。

正直、こんなのは全くお勧めしません。
絶対にやめてくださいね。
ただし鞘取り専門なら、なんとか行けるかと・・(私がそれが専門でした)

なんでやめたの?

黒船がやってきたから!
外国資本が、日本の先物市場を席巻して、荒らしまわったから。
鞘が、効かなくなったから。

日経225指数先物は、ミニが登場した時点で、証拠金が安くなったので、やってみましたが、面白くなかったので止めました。

取引時間が短いので、退屈だった。

次がFX取引。
これは、はまりました。

主にオーストラリアドルの「スワップ金利狙い」

毎日1万円近い、スワップ金利が受け取れたのですが、あのリーマンでの超円高であえなく撃沈!

が‥そういった経験からあえて、言わせていただくと、下記が投資の原則だと、自分では認識します。

1:頻繁な売買は結局損する
2:投資は長期の商品が良い
3:安定銘柄のインデックス
4:投資の基本は分割売買
5:期間長期での分割はさらに平均値を下げるので効率的

3番の、意味はSBIのHPに書かれているような、指数関連銘柄ということになります。
指数連動の大型銘柄でないと、長期は危険です。

4の分割売買ですが、株価を見ても、ご存知の通り、当然上下します。
この下値で買えることなんて、まぐれでしかありません。

多くの方は、買いでは高値つかみ、売りでは底を売って損失を出す・・
これが常です。

それを避けるために、分割で買うんですよ~~
FX投資の時に、かなりの成績を出してる方に、月初めに買うという方がいました。

毎月、一定額の豪ドルを買います。
一年間の平均は、どうなる?

勿論高い時もありますから、すべてで利益というわけにはいきませんが、コストは均されて、平均化します。

そして、リスクオフで、スワップ金利を受け取る・・
そんな方がいました。

しかしこれも、資金管理が重要です。
資金が潤沢であれば、できる技でしたね。

積み立てNISAに見る、積み立ての分散化は、理にかなってると思います。
お金があれば私もやりたいですが、何分20年先(命)あるかな~~

なんて思ったりして・・ハハ・・

スポンサーリンク

積み立てNISAとはのまとめ!

日本では

投資行為=悪

とまではいわなくても、貯金することが「善である」みたいな風潮が、あるように思います。

しかし欧米では、こういった投資行為が普通のことで、将来を見据えて資金をどうやって増やしていくか?

それを考えるのは、普通のことのようです。

日本ではどうしても、上記のような思想感情があるために、預金にばかりお金が回って、有効的にお金が市場に回らない!

そんな悪循環が、あるように思います。

なにせ、貯金額は想像を絶する金額に、積みあがってます。

1600兆円とか‥今いくらあるんでしょ?

それの1割でも、市場に投資という行為で、循環すれば驚くようなインパクトが、生まれそうな予感がします。

おそらく政府でも、こういった

「積み立てNISA」

を商品として認可するのには、そういった思惑があるのは、必定かと。

「積み立てNISA」

のポイントは、積み立てであって、一度にドカンでは、ないということです。

積み立ては分割で、投資していくので、購入価格の平均化が図れます。

上記に書きましたが、漏れてますが、商品先物の業界で、相場の神様といわれた

「林輝太郎」氏

も推奨してる、分割売買は投資の手法です。
購入金額の、平均値を下げていく手法ですね。

これを20年かけて、積み立てるのですから、いい商品だと思います。
年間40万円。

20年後には800万円と、利益がいくら積み増されているか?

しかも利益には、税金が課税されません。

株式市場には、大きなうねりが起きるかも、しれないです。

契約の口数にも、よると思いますが、少なくとも株価の底上げ効果は、少しは期待できるかもしれません。

皆さん「積み立てNISA」・・いかがですか?

開始は2018年1月からですよ~~~

*尚、内容には正確さを期しているつもりですが、勘違いの部分などがあったとしても、容赦ください。

情報元には、金融庁のHP:http://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/index.html

と、SBI証券のHPを参考にいたしました。
考察内容は、私の投資の経験と、思いを書かせていただきました。

この積立NISAについては、また別な角度から、書いてみようと思います。

積立nisaの口座開設おすすめはどこ?手数料と商品も調べてみた!

投資の検討をされてる方は、いい商品だと思います。
貯金するなら、こちらの方が絶対とは言いませんが、希望が持てる商品だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る