酸蝕歯の原因(酸性)と予防に効果的な方法は?治療や治し方も調べた!

歯の健康における、酸蝕歯の位置づけは、虫歯、歯周病の次の、第3の歯の疾患なんだそうな。

よく言われる

「歯がシミる」

この原因が、どうやら酸蝕歯のようです。
ではその「酸蝕歯」の原因と、防ぐ方法などについて、調べてみたので紹介します。

この酸蝕歯のニュースはよく、最近見るようになりました

スポンサーリンク

ニュースで、よく見るということはやはり、この酸蝕歯で悩んでる方が、多い・・または治療に訪れる方が多い・・

そういう裏返しなのだと思います。

歯は再生できないですから(現在の医学では)、大事にしましょう。

酸蝕歯の原因は?どんなふうになるの?

まず酸蝕歯、というのは、歯の表面のエナメル質が、酸で溶けてしまってその下の象牙質がむき出しになる、症状なんだそうです。

そしてもっと進むと、知覚過敏になって歯がシミたり、もろくなって最終的には欠けたりするそうですよ~~

これはちょっと重大事!

ではその、

エナメル質を溶かす原因って?

酸蝕歯というくらいですから、酸性の食べ物なんだそうです。

一般的にPHが低いほど酸性。

一般的にお口の中の酸性が、「PH5.5」以下なら、酸蝕歯になるといわれてるようです。

要は5.5以下なら、歯のエナメル質が、溶け始めていくんだそうな。

では

酸性の食べ物って何?

ワイン、炭酸飲料、栄養ドリンク、かんきつ類、ドレッシングなどなど・・

あんりゃ~~

私たちが、一般的に日常で食べてるものだらけです。

まずいじゃん!

一番悪いのは、ワインのように、長い時間の飲食を伴うもの。

ワインをちびちび長時間・・は、これは十分に酸蝕歯の原因、なんだそうですよ~~

でも一気飲みでは、まったく雰囲気が・・ですが、事酸蝕歯の場合はこうなるから致し方なし。

酸蝕歯の予防方法と、治療や治し方は?

専門的なことについては、やはり歯医者さんに行って、聞くか自分の歯を診断していただきましょう。

その方が手っ取り早いかと!

が・・ここでは一般的に、言われてることをまとめてみました。

酸性の食べ物を食べたり飲んだりして、お口の中が酸性を、維持するのが原因。

しかし人間の機能に、唾液という重要な機能というか、役割があるんです。

この唾液が分泌することによって、お口の中を中和してくれんだそうな・。

しかし、この唾液の中和が、間に合わないほどの、食べ物や飲み物の接種があるから、これが問題なわけです。

ならばやはりうがいをするか、もしくはお口を頻繁にすすぐか、または食べ方や飲み方のサイクルを、見直すこともいいかと思います。

要は長い時間、ちびちびは飲まない・・

酸性が高い(酸味が高い)食べ物はなるだけ遠慮するか、少なめにする。

こんなことが有効なようです。

然し健康にいいということで、「黒酢」がブームのようですが、この健康食品でも、酸蝕歯になるというから、驚きですが、ちょっと注意しないといけないですね。

長い間お口に含んでいるのは、辞めたほうがよさそうです。

酸蝕歯の治療方法は?

もし酸蝕歯との診断ならば、いろんな治療法があるようです。
シミてる程度なら、フッ素系の歯みがきで、何とかなる場合もあるかも・・

でも、一度歯医者さんの診断は、受けたほうがいいと思います。

ネット上では、いろんな治療法などが、公開されてるようですが、どう考えても素人判断。

専門の歯医者さんに行ってみましょう!

酸蝕歯の方の割合と多い原因は?

ヤフーのヘッドラインユースの引用ですが、東京医科歯科大学非常勤講師の、「北迫勇一」さんという医師の方の調査は、下記のようだったようです。

15~89歳の男女1108人を対象に2014年に実施した調査によると、4人に1人が酸蝕歯だった

これは、結構な多さだと思います。
酸蝕歯は、お口の中全体ですから、部分的な歯垢が原因の虫歯とは、また違った影響があります。

4人に1人ってこんなに?

酸蝕歯が多い原因は?

ちょっと驚く説があるのですが、美容やダイエットが影響しているそうです。
これはありだな!
って勝手に自分は思いました。

美容やダイエットに効果的な食べ物って?

多くは柑橘系が多いですよね~~

前述した「黒酢」や、「グレープフルーツ」「レモン」の類や、それとスポーツ飲料も、皆さん普通に飲んでます。

こういうものが原因になってる・・そうも、この記事の中で北迫勇一医師はおっしゃってます。

世の中健康志向ですから、あり得ることですし、女性なら美を追求するは、これは当たり前のことです。

しかしやはり、歯もまた同等以上に大事。

ならばやはり、摂取方法は考えて、仲良く付き合っていかないといけないように思います。

酸蝕歯にならないための予防策

酸蝕歯にならないための、防止策を考えてみました。

いろんなことを総合してみたのですが、概ね下記のようです。

  • 1:ちびちびダラダラの飲食はやめる
    2:酸性の食べ物は避ける
    3:間隔をあけて、うがいやお口を水やお茶で漱ぐ
    4;ガムなどで唾液の分泌を促す
    5:酸性が強い食べ物を食べた後の歯磨きは30分後にする。
    6:飲み物はストローで歯全体に沁み込まないようににする

とこんな感じのようです。
2番の避けるといってもね~~
美味しいものは食べたくなりますよね~~

5番は、酸性が強いものを食べた後の、すぐの歯磨きはエナメル質が弱ってるために、逆効果だそうです。

30分待ってが効果的なんだそうな。

但し虫歯の方はその限りではないそうです・・(虫歯優先ですね)

皆さん気を付けましょう。

この酸蝕歯の予防の動画と、CMがあるので紹介します。

シュミテクトのCMなのですが、HPから引用しました。

シュミテクト プロエナメル 歯科情報エキスパート篇

(出典元:シュミテクト&PROエナメルより引用)

(「歯周病ケア2017」篇)

(出典元:シュミテクト&PROエナメルより引用)

歯は大事です。
皆さん気を付けて、8020(80歳で20本)達成しましょう!

スポンサーリンク

酸蝕歯の原因(酸性)と予防に効果的な方法のまとめ

最近よく見ます。
この

「酸蝕歯」

最初は何だろう?
って思っていたのですが、よくよく読んでみると、まったく笑えない現象でした。

歯は大事です。
皆さんは如何ですか?

歯が悪いと、治療にお金がかかるのですが、これがまたちょっと高い。

私は交通事故で、歯が結構弱くなって、身を持って体験しています。

しかし、酸蝕歯の原因に上がってるのが、美容と健康とは・・

確かにね~~

美容と健康と言ったら柑橘系の、果物なんかは水晶のような気がします。

それと侮れないのが、スポーツ飲料。
夏の暑い盛りに熱中症予防と称して、此れですよね~~

なんかこうやって突き詰めていくと、古くからあるものって、やはり健康に良さそうな気がします。

例えば「日本茶」
緑茶が大好きですが・・

なんて、素人的に考えたりしてみました。

上記にシュミテクトのCMを張りましたが、フッ素配合で、このエナメル質を修正してくれそうです(程度はあると思います)。

シミてる方は、参考に使ってみるのも、手かと思います。

いずれにしても、歯に悪いということは、辞めておいた方が、個人的には思います。

歯の治療を行ってる、本人にしてみれば(私)歯は大事にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る