メガバンクのカードローン審査は甘いか辛いか?融資残高で診断!

大手メガバンクといえば、日本で3銀行しかない、都市銀行。
それぞれの融資残高は

三菱東京UFJ銀行:4400億円
みずほ銀行:4100億円
三井住友銀行:7800億円

だそうです。(2017年3月期)

すごい金額ですね。
これは個人向けのカードローンの、融資残高らしいです。

スポンサーリンク

しかしすごい金額です。
こんなに貸して大丈夫なんでしょうか?

昨日のニュースで、財務省も、この融資残高を問題視して。調査に乗り出すという、麻生大臣のコメントが出ていました。

なんでこんなに個人のカードローンって多額?

多分、私の安い感覚のへそそろばんでは、マイナス金利で企業に貸しても元が取れないというか、儲からないから。

それと、なんといってもGDPが伸びていって、アベノミクスの効果で、景気はいい。

っていうことは、お金を借りてくれないんだと思うのですが、これであってるかな?

そこで、個人のこのカードローンという分野に、目を付けた。

この分野はもともとは、消〇者金融の世界が扱ってた分野ですが、その大手の機関も、自分の傘下に入ったものだから、ならば本家も‥

こんな感じに、私は取れるのです。

そこで蓋開けてみたら、すんごいこの融資残高の伸び!

一番慌てふためいたのは、当の銀行かもしれないな~~

なんて思ってしまいました。

本来の業務とは、ちょっと違うような気がするんです…大手メガバンクの使命は。

ただ、もちろん個人も、大事なお客さんで、見過ごせない顧客ではあるのですが、過ぎるとこうなるような気がします。

融資の規制はどうなる?

どうやら、すでに手は打たれてるようです。

  • 1:審査の厳格化
    2:年収証明必要な融資額を200→50万円に下げる
    3:融資の総量を年収の2分の一→3分の一に見直す
    4:テレビCMも見直す

(日経新聞より)

こんなことで対応するようです。

驚いたのは、200万円までは、収入証明がいらない?
そんなのありっすか?

年収の半分まで貸すんだ・・

それを三分の一にするのはいいとして・・

ずいぶん甘いな~~

私はこの間、JAに借り入れの書き換えに行って、断られました。
しかも私は親父の代からの、JAの組合員で出資もしている、正規の組合員。

こういうのがありますって、出してきたのがなんと・・

「オリックスローン」

へ・・

「農協っていつからサ〇金なったの?」

って思わず、その担当に言ってしまった。

驚いたのですが、これは真実です。

別な方面から工面して、借りることはしませんでしたが、それに比べたらメガバンクって、甘いの??

まさか・・

今回の金融庁の調査の内容は下記のようですよ~~

1:保証会社に過度に依存してないか
2:融資姿勢や融資のノルマがある?

この辺が、ポイントのようですね。

スポンサーリンク

メガバンクのカードローン融資残高のまとめ

この内容のニュースには、本当に驚きました。

メガバンク3行での融資残高がなんと

「1兆6300億円」

なんだそうです。
個人の方って、そんなに借りることができるんだ。

私は、借りたことがないので、わからないですが、融資の審査って厳格なはずですが、収入証明が、いらない融資なんてあるんですね。

信じられないです。

あと・・自分も経験あるのですが

「リボ払い」

これはダメですね。(私の個人感覚です)
春に、楽天で買い物したのですが、お金を振り込む時間がなくって、仕方なく楽天カードで買ったのです。

そしたら、次の月の請求が5000円。

おかしいな買い物は、12000円だったはず。

で支払予定額が、次の月にまた5000円。

え??なんで??

そこで初めて、私のカードはリボ払いの設定になっていて、一回の支払いが

「5000円」

になってるのが判明したわけです。

そしてそのたんびに、いくばくかの手数料がとられるわけだ。

速攻で、支払いの設定を変えました。

こういう設定はした覚えがなかったのですが、最初の設定がこうなってるのかな~~

などと思った次第。

初めて使いました・・楽天カード。

皆さんも気をつけましょう!

リボ払いって、小さい金額での支払いなので、手軽と思っていると、どんどん積み重なって、最後は元金が減らず、ず~~っと長い期間払い続けることになる場合もあるようです。

そりゃあそうですよね。

100万円の買い物して、5000円づつ払っていったら、それだけでもかなりの長期。

それに手数料と、利息も付きますから、なかなか減らないという現象に。

皆さん利用は計画的に、安易な利用は禁物かと思います。

気をつけましょうね~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る