JGR(ブリジストン)のCMの契約プロは誰?獲得賞金額や成績にも注目!

ブリジストンの、2017年モデルの新ドライバー

「TOUR B JGRドライバー」(飛距離モンスター)

が、新しくなって、9月に発売されます。

「TOUR B JGRドライバー」のCMに出演の契約プロは

「片岡 大育」プロです。

三ケ島かなプロと、川崎志穂プロのトークイベントなどもあって、今盛り上がってる様子です。

さてホントに飛ぶ?

スポンサーリンク


「片岡 大育」プロ、今季の成績はどうでしょうか?

下記でプロフィールと一緒に、紹介しようと思います。

JGR(ブリジストン)のCMの契約プロは片岡大育プロ!

「TOUR B JGR TVCM」

飛距離モンスターのCMに出演の、新JGRドライバーで、ぶっ飛ばすプロは

「片岡大育」プロです。

(TOUR B JGR TVCM)

(出典元:ブリヂストンスポーツより引用)

愛称は飛距離モンスター!

(TOUR B JGR プロインプレッション~宮里藍篇~)

(出典元:ブリヂストンスポーツより引用)

今期限りで、ツアープロからの引退を発表した

「宮里藍プロ」

長年ブリジストンの顔でした。
しかし残念です。

(OUR B JGR プロインプレッション~渡邉彩香篇~)

(出典元:ブリヂストンスポーツより引用)

日本のLPGAで飛ばしと言ったら

「渡辺彩香プロ」

最近ちょっと、成績が低迷していますが、かみ合えば絶対に上位に行ける、実力は持ってると思います。

頑張ってほしいね。

TOUR B JGRドライバー

(出典元:ブリヂストンスポーツより引用)

ブリジストンのCMのロングバージョン。
もう少し詳しく商品が見れます。

(TOUR B JGR プロインプレッション~片岡大育篇~)

(出典元:ブリヂストンスポーツより引用)

片岡大育篇の、またまた詳しく見れる、PR動画。

本人のコメントに注目してみてくださいね~~

(TOUR B JGR プロインプレッション~三ヶ島かな篇~)

(出典元:ブリヂストンスポーツより引用)

片岡 大育プロのプロフィール

片岡 大育プロの、簡単なプロフィールは下記です。

  • 生年月日 :1988/10/17
    プロ転向 :2007年
    出身地: 高知県
    身長 :167.0cm
    国籍 :日本
    体重 :68.0kg
    出身校 :香川西高
    通算勝利:【日本 2勝】

ゴルフを始めたのは、遅く中学1年の時。
きっかけは父親の影響。

2006年史上初めて四国アマを、高校生で制覇。
高校卒業で、プロ転向。

もともと海外志向が強かったようです。

2011年からアジアンツアーにも参加。

2015年関西オープンで念願の初優勝。

昨年2016年に中日クラウンズで、プレーオフで惜しくも惜敗。

現在の賞金ランキングは

「22位」(2017年8月28日現在)

獲得賞金額は

「18,716,828円 」

です。
気になる平均飛距離ですが

「269ヤード」

でランキングでは

「113位」

とあんまし飛ぶ方ではないですね。

ボールB330価格比較はこちら

新JGRドライバーの特徴と飛距離アップは可能?

HPから特徴を、切り取ってみました。

クラウンのたわみが生み出す高初速で
あなたの中の眠れるチカラが牙をむく。
(http://www.bs-golf.com/bs-products/より引用)

こんなキャッチコピーのようです。

画像を引用させていただいたのですが、こんな感じのようです。

1:フェースがたわむ
2:クラウンもたわむ
3:元に戻る反発力で飛ばす

素人考えですが、こんな感じの発想のように理解しました。(あってるかな??)


(出典元:http://www.bs-golf.com/bs-products/より引用)

インプレッション動画を見ると、それぞれのプロの方が飛んでると、そんな評価のようです。

理屈でいうよりは、皆さん新発売なったら、まずは練習場で、もしくはショップで試打してみてください。

必ず試打してから、購入してくださいね~~

安い買い物ではないですから。

スポンサーリンク

JGR(ブリジストン)のCMのまとめ

「TOUR B JGRドライバー」(飛距離モンスター)

のCMに出演の、ブリジストンの契約プロは

「片岡 大育」プロでした。

今季成績はここまで、いまいちですが、これからちょっと頑張っていってほしいですね。

このニュードライバーは、9月の発売のようです。

もうすぐですね。

然し毎年各メーカー共々、新製品を出してきます。

小さいヘッドに込められた、技術はまだまだとどまるところを、知らないようにも感じます。

新商品には必ず、新しいアイディアが込められますし、それには必ず特許もあるはずです。

人間の叡智ってどこまで行くんだろうか?

そうも思います。

それと、どんどんメーカーは飛距離アップしていきますが、今度はコースの方が大変ですよね~~

昔はロングホールといえば、500ヤードちょっとが大半だった時代です(私が初めて25年以上前)。

その時のジャンボ尾崎の飛距離は確か280ヤード近辺。

普通のプロで270ヤード前後でした。

それが今や・・

500ヤードなら、今やミドルホールに近いですよね~~

メジャーだけの設定だった「パー70」とか、「パー71」が今や、PGAでは普通の設定になってるような・・・

しかもコースのヤーデージは、それでいて、

「7500ヤード前後」

ひょえ~~~ですね。

どんどんティーグランドが、後ろにバックしていきそうです。

これって、いいことなんだろうか?

ちょっと考えてしまいました。

しかしアマは、関係ないですね。
飛ぶのは大歓迎!

私なんざもう飛ばないし・・飛ぶと聞いたら欲しくなってしまいます・・(笑

では皆さん、くれぐれも新商品だからと言って、衝動買いは慎んでくださいね。

じっくりと検討して、練習場で打ってみて、バランスを見て、それから財布と相談!

JGRドライバー価格比較はこちら

では健闘を祈ります!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る