日本の食料自給率はどのくらいで低下の原因は?上げるには対策が必要!" />

中国の食糧自給率は?大豆と原油の輸入量に見る危険な世界への影響!

日本の、食糧自給率の話はこの間、本ブログで紹介しました。

今回は、舞台を中国に移しての考察です。

皆さんは、中国での食料事情って、どのくらい知ってますか?

私は、いくら国民が約14億人いたとしても、あの国土の広さですから、100%は無理でも、相当な比率は自給しているだろうな~~

そう思っていました。

関連記事:日本の食料自給率はどのくらいで低下の原因は?上げるには対策が必要!

スポンサーリンク

日本の、10倍以上の方が暮らす中国の食糧事情って、すごく興味があります。

興味があるときに読んだ、この記事

中国が抱える意外な弱み「食料自給率の低下」

驚きました。
そこでちょっとだけ、中国の食糧事情について、調べてみました。

中国の食糧自給率は?

日経ビジネスの、2014年版の記事を見たのですが、中国の食糧自給率は2012年の時点で

「90%以下」

なんだそうです。
日本で90%を切った??

そんなのいつの話だよ!

ですが、中国に暮らす方はなんといっても「14億人弱」
(農水省の文書で2014年現在で13億6800万人)(約14億人)

10%減っても、1億4000万人が食べれない事態ですから(私の単純計算)、これは一大事!

日本の食糧消費を、全部輸入しても間に合わない!

「これはえらいこっちゃ~~」

になるんだよね・・多分。

それに、生産のコストも高いんですね。

驚きました。
農水省のデーターでは下記のようになっています。


(出典元:http://www.maff.go.jp/primaff/koho/seika/project/より引用)

中国の生産コストは、どんどん上昇しているが、アメリカはほぼ横ばい。

機械化が遅れて、労働集約型になって、労働コストが上昇しているかららしいのですが、機械化が遅れてるのが原因のようですね。

しかも、中国の食糧関税が驚くほど低く、したがって輸入品が安く入ってきて、国内産の方が高い逆転現象が。

これでは生産意欲が、無くなるよね~~

農地の面積は頭打ちのようです。

いくらも、拡大の余地が、残ってないような論調が、目立ちます。

それと、農地が重金属に侵されてるような、汚染地域もけっこうあるようで、それも影を落としてるようですね。

原油と大豆の輸入量がちょっと驚きの数字に!

私が一番驚いたのは、この数字です。

中国の輸入量は

原油(石油):3億トン(日本:2億トン)
大豆:6000万トン(日本:300万トン)

おもな輸入先は、石油は当然中東諸国。

大豆は米国とブラジル。

大豆に関しては世界の交易量の、約6割だ~~

あんりゃ~~

すんごいね。

大豆の輸入の目的は、大豆油とその搾りかすで作る、大豆ケークと呼ばれる粉末。

これが家畜(豚)のよい飼料になるそうです。

中国では肉といえば、豚肉です。

それにはこの大豆ケークが欠かせない。


(出典元:http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50829?page=2より引用)

一直線に大豆の自給率が急降下。
2013年での数字は、わずか16%だそうです。

しかし大豆の輸入量が世界中の交易量の「6割??」とはこれまた、スケールが半端ないです。


(出典元:http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50829より引用)

上記のグラフでは、2001年以降すさまじい勢いで、輸入量が増加。

そのほかにも2013年の統計で

トウモロコシ:700万トン
コメ:300万トン
小麦:800万トン

どんどん増えていくそうです。
今頃いくらになったんだろうか?

この時点であと5年もすれば、トウモロコシは世界最大の輸入国になる。

そんな下馬評だったようです。

もうなってるかも!

中国の食糧安全保障の最大のネックは?

もう言うまでもないことですが、石油はなが~~い海上ルートが、ところどころ自分ではどうにもならない、ところがあること。

それと、大豆の輸入先ははアメリカと、ブラジルが握ってるということです。

これは政治的に、ちょっと絞めると、とんでもないことになりそうです。

中国では、豚肉が食べられないことになるかもしれません。

極端なことはないとは思いますが、すでに握られてしまってます。

これは問題ですね・・中国にとっては。

しかしながら、この輸入量の増加に、輸出する側の生産は追いつかないんでない?

って思ったら、どんどんあるんだそうです。

どこに?

アメリカだそうです。
モノ余りなもんで、トウモロコシはバイオエタノールに、回してるんだそうですよ~~

何ともうらやましい農地が、タックさんあるんですね。
しかも効率化された、機械化が充実する先端設備で。

国土が広いっていうのは、良いことです。
しかも、きちんと計画されて管理されてる、農地ですからね~~

スポンサーリンク

中国の食糧自給率のまとめ!

で・・結局中国の食糧自給率ってどんくらい?

正確な数字は、私が調べた限りではわかりませんでした。

しかし日経ビジネスオンラインの、記事によると

2012年時点での、総輸入量が7236万トン(大豆を含む)なので、これは中国の年間食料生産量の

「12.2%」

なんだそうな。
したがってその時点で、すでに90%は切ってると、言いきってます。

では今なんぼ?

大豆だけで6000万トンですからね~~

推して知るべしかと。

中国では、農村部の、都市化が止まらなく、それと慢性的な水不足が深刻化。

農地って、増やすことは至難なんだそうな。

確かに重金属の汚染っていうのも、聞きますし、農地にはあっという間にマンションが・・

なんか、場当たり的にしか見えないんだけど。

しかし、食料の大事な大豆が、アメリカのシーレーン上に、あるのはこれはちょっと、あんまし気持ちのいいものではないでしょうね・・中国にとっては。

なんでこうなったのかな?

いずれにしても、このまんま輸入が増えていって、喜ぶのは輸出する方と、食料を握った当該国かと。

勿論商社もホクホクですね。

米も、2013年には300万トン輸入してるそうです。

日本のコメ(俺っちの米)買ってくんないかな~~

宮城県のひとめぼれ・・美味しいよ!

*:記事内の数値の引用は、上記のリンク先の数値と、農水省のHPで公開されてる数値を引用しました。
私見も、かなり交えて書いてますので、それなりに。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る