物忘れの薬アレデルはCMのような効果はある?防止の方法をチェック!

クラシエ製薬の、「アレデル」の2017年の新CMが、公開されています。

物忘れを改善する、そんなお薬(漢方薬)のようです。

「中年期以降の物忘れの改善」

と詠ってるようですが、さて改善や効果ってあるものでしょうか?

って・・失礼ですね‥効果があるから販売しているし、効果があるから認可されてると理解しています。

スポンサーリンク


最初にお断りしておきますが、私はこういうお薬(医薬品)があるのは、このCMを見るまで全く知りませんでした。

すんごいな!

それが第一印象です。

物忘れの薬アレデルのCM

アレデルのCMは下記です。

(アレデルTVCM)

(出典元:クラシエの漢方 【公式】 より引用)

これを見てすぐに思ったのですが、私も物忘れが激しいとは思いませんが、結構します。

あれなんだっけ?

これが、あるんですよ。
中年以降が、対象のお薬のようですが、すっかり私は当てはまります。

ただ物忘れと、痴呆症は全く違うそうなので、もし服用する場合は医師の診察を受けたほうが、いいと思います。

特にもし、痴呆症だった場合は、早めの診察がいいのではないでしょうか?

単なる物忘れとは違うようですから。

物忘れに聞く成分ってなんだ?

私は、先に書いたように、物忘れを改善するお薬の存在すら、知りませんでした。

そこでちょっとだけ、調べてみたのですが、物忘れに効く成分で有名なのは漢方の

「遠志(おんじ)」

というものがいいそうですね。
中国東部から、朝鮮半島に生息するそうです。

その根が、漢方薬として、重宝されていて、脳を活性化する働きが見られるということのようです。

へ~~~

ですね。
私は一個のことを忘れると、ほぼ気になって仕方がありません。

ネットでわかることは、即スマホなどで調べますが、調べることすらそのキーワードを、忘れることもあるから、しんどい。

そういう時はちょっと、冷静になって、考えるようにしています。

のどまで、出てきているのに…なかなかでない・・

なんだっけ?

これだよね~~

漢方なら、飲んでも安心なような気もするけど、お薬飲むくらいではないのですが、(自分ではそう思う)CM見て初めて、この分野の薬を知りました。

しかしすごいもんです。
いろんなお薬があるんですね~~

物忘れと認知症の違いは?

他ページで見たのですが、このようなたとえが適当だと私も思いました。

物忘れ:昨夜のおかずなんだっけ?

認知症:昨晩ご飯食べたかな?

認知症の方は、ご飯を食べたこと自体を、忘れること。

物忘れは、食べたことは覚えているが、その内容(おかずなどの種類など・・・)を忘れてしまうこと。

これが、正しいのかどうかはわかりませんが、私自身はいい例えだと思いました。

私の家の、94歳で亡くなった「ひいばあさん」は、やっぱしこのご飯を食べたのは、たまに忘れてました。

でも、自分のことは自分でやってました。

介護が必要だったのは、亡くなる以前のの3か月間くらいで、おふくろがやってました。

その、おふくろも今や84歳。

もちろん同居です。

その、痴呆症について、かなり神経質になってるようです。

テレビで、「ためしてガッテン」などでは健康のことは、いつもやってますが、その内容については、余念がないです。

特に認知症については、いいといわれるものは、ほとんどやってる??

かもしれないです。

私が言ってるのは

  • 1:新聞読もう(広告だけでも可)
    2:字を書こう(日記を書いてます)
    3:畑をすべて任せてます。
    4:ストレスはかけないように周囲で気を付ける。(会話をする)

ざっと書けば、ちょっとカッコよすぎるかもしれないですが、こんな感じです。

朝5時ころに起きるようです。
庭を眺めて、お茶を飲んで、その日の日記を書くんだそうな。

昨日の、反省をかくんだそうです。
面白いのは、朝に昨日の日記を書くのは、思い出すから脳にいいんだそうな。

確かにな~~
俺なんか、昨日なにしたか忘れてるし。

新聞は朝日ですが、毎日目を通してるようです。

ところが朝日は、全国版なので、宮城県のニュースが少ない。

河北にしろ!

と、家族みんなに言われるのだが・・・

畑をやってるのですが、順番に作物を植えていきます。

年中畑から収穫があります。

冬は、雪の中から掘ってくるし、埋めておくのもあるので。
これは結構頭使うべな~~

おかげで、此方は植え替えでは必ず、耕運機や、肥料やらで手伝いが‥ってこの年なって、手伝いが嫌だなんて言えませんし・いえいえ体を動かしますからむしろ、大好きなんですがね。

あとは、ストレスを与えないように、家族で気を使います。

みんなで話しかけて、ご飯の時は普通にみんなで、会話しながら食べます。

決して、年寄りだからって、別扱いはしないようにしています。

この年寄り扱いで、疎外されてる感が、一番ダメなのかもしれないとも思います。

やはり元気に前向きに、やる気が出るようにして、毎日過ごさないといけないですよね~~

スポンサーリンク

物忘れの薬と我が家の実際のまとめ

なんかスイマセン。

物忘れのお薬の「アレデル」のCMを見て、それについて書こうと思ったのですが、日記みたいになってしまいました。

せっかく読んだ方は、期待外れだったかもしれません。

時間を、浪費させたのでしたら、ご容赦ください

いつか「ためしてガッテン」を見ていた時に、日本での認知症の予備軍の数字を、言っていたのですが、とんでもない数字で驚きました。

まさか??

という数字でした。
そうならないためには?

そんな番組なんですよね~~

いろいろ言われますが・・例えば・・いろんな食品もあります。

物忘れと、認知症やアルツハイマー病は、全く別物のようですから、気になる方や、またはある一定の年齢になった方は、一度脳ドックなどを受けたほうがいいと思います。

我が家の、84歳のおふくろは年に一度、専門の医院で写真を撮ってます。

畑やって、バリバリの健康年齢です。

尤も、田舎の農家のじいさんばあさんは、みんな元気です。

私の集落には、介護施設に行ってる方は、今は一人もいないですよ~~

田舎暮らしはいかがですか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る