ニクロサミドの販売時期はいつ?開発元や効果を調べてみた!

ニクロサミドの販売時期はいつから?
ニクロサミドの開発元や、効果を調べてみたので紹介します。

ジカ熱(ジカウィルス)に有効な薬として、ニクロサミドがウィルスの増殖を阻止した、という研究結果が出ました。
本来は寄生虫(サナダムシ)の駆除の薬だったのですが、わからないものですね!

スポンサーリンク

南米で流行中の「ジカ熱」ですが、これのもしかしたら特効薬(ニクロサミド)が見つかったような研究結果が

英医学誌「ネイチャー・メディスン(Nature Medicine)」

に載ったようです。
この問題の有効な薬といわれる成分が

「ニクロサミド」

という、実はこれサナダムシなどの寄生虫の駆除薬といいますから、何ともすごいですね。
もしかしたら世界で治りにくい、難病といわれる病気に効く薬がこれまでに開発されたもので、有効なものが結構眠っているような予感がします。

ではこのニクロサミドってどんな薬で、販売時期は何時だったんでしょうか?

ニクロサミドの販売時期はいつか?開発元を調べてみた

このニクロサミドという薬は、寄生虫の「サナダムシ」に有効な薬として開発されたようです。

販売ははっきりとはわかりませんでしたが

「50年以上前」

といいますから、ずいぶん前のことですね。
そのころの日本の医学、製薬会社の実力ではこういう薬は、開発できなかったのではないかと推察されます。

多分日本で製造なら「OEM」生産だったかもしれないですが、開発元を調査してみたのですが、はっきりはわかりませんでした。

定かではないのですが、三共製薬の名前が出てきますが、明確に開発、製造というのはちょっとはっきりは言えないです。

販売は現在でも

「林純薬工業株式会社」

ここでは売ってるようですが、ここは試薬品のメーカーのようです。
が・・しかし販売してるということは製造しているのかもしれないですね。

ニクロサミドはジカウィルスに対してどんな働きをする?

今回の研究ではこのニクロサミドが、ジカウィルスの増殖を阻止したという研究結果のようです。

明確にやっつけたとは書いていないのですが、増殖しなければそのまんま死滅するのかもしれないですが、なんかその先が知りたいですよね。

さて???

ただ増殖を抑えれば、それ以上はもしかしたら感染した女性の胎児に与える影響は、未然に防ぐ可能性もあるわけですから、これは画期的な発見といえるのだと思います。

しかしこの研究グループの方たちの努力はすごいですね。

有効性が確認できれば速攻で使用できる薬を特定するために、すでにFDAに認可されている、または臨床試験中の薬の約6000種をあたったって言いますから、並大抵ではないですね。

では何時からニクロサミドは人に投与できるのか?

これはこれからもう少し動物実験を行って、その結果で広に臨床試験を行ってからだそうですが、どうやら光は見えてきましたね。

通常は10年以上はかかるプロセスを、既存の薬を使用することで、大幅に開発期間を短縮することが、可能になったわけです

安心して旅行したり、屋外で運動したりできる環境に、早く戻ってほしいですね!

スポンサーリンク

ジカ熱(ジカウィルス)がリオオリンピックに与えた影響

多分私が知ってる協議で、一番このジカ熱が競技に与えた影響が大きかったのが

「ゴルフ」

ですね~~

何といっても世界ランキングベスト10に入ってるトッププロが続々辞退!

ランキング1位のジェイソンデイ、アダムスコット、ローリーマキロイ、ダニー・ウイレットなどなど・

日本ではその時のランキング16位の松山英樹も辞退。

なんと確かTOP20以内の選手が10人以上が辞退するという異常事態に・・

理由はなんといっても

「ジカ熱」

マキロイはフィアンセの存在を上げて、あるプロはこれは露骨です。

「もう一人子供の予定があるんだ!」

なんでゴルフが??

屋外のスポーツだからです。
ゴルフ場に行くとわかるのですが、結構蚊がいます。
これは日本でも同じだと思います。

よく虫よけスプレー持ってくる人いるんだよね。

これ世界中どこでも同じなんだな!

って私は思いました。

それと日程が詰まっていてすんごいハードです。
移動も併せたらもう休む暇もない過密スケジュールで、その五輪を挟んでビッグトーナメントが、目白押しなんですよね!

そういうことを思えば、早く収束してほしいですよね!

ニクロサミドの効果のまとめ

通常10年かかるプロセスが、既存の認可されてる薬を使用することによって、大幅に短縮されるといいますから、そう遠くないかもしれないです。

ぜひこれでジカ熱が収まってみんなが安心して屋外でスポーツできる、旅行できる環境になってくれればいいですね。

しかし研究者の方って、いくらそれは仕事でもその忍耐と根性というか、意思というか・・

本当に尊敬いたします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る