全英リコー女子オープン2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

全英女子オープン(全英リコー女子オープン)が、下記に紹介する日程と概要で、開催されます。

女子ゴルフの世界で、メジャー大会が5戦ありますが、今年の4戦目にあたります。

男子の全英オープン同様に、リンクスでのコースの使用です。

お馴染みの風と、悪天候はつきもので、膝まであるラフ(?)とタフなコースセッティングが名物ですね。

では全英女子オープンの、優勝賞金や賞金総額、開催日程スポンサーなどの開催概要と、開催コースの

「キングズバーンゴルフリンクス」

の紹介をしようと思います。

スポンサーリンク

今年の、全英リコー女子オープンの開催コースは

「キングズバーンゴルフリンクス」

です。
この名門コースは、歴史は古いのですが、中間がありませんでした。
しかし世界に冠たる名門コース!!


(出典元:https://www.scotiagolfing.jp/news/より引用)

全英リコー女子オープン2017の賞金総額と日程などの概要は?

「全英女子オープン!」

正式名称は

「全英リコー女子オープン」

になるようです。
勝手ですが、後ろに2017をつけさせていただきます。

女子ゴルフメジャートーナメントの、2017年の第4戦に当たります。

では大会開催概要は下記です。

  • 大会名称:全英リコー女子オープン
    (全英女子オープン(Women’s British Open))
  • 主催:R&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュース)
    運営:IMG(インターナショナル・マネジメント・グループ)
    スポンサー:リコー
    日程:2017年8月3日(木)〜6日(日)(現地時間)
    賞金総額:300万ドル(2016年300万ドル)
    優勝賞金:412,047ドル(2016年412,047ドル)
    開催コース:キングスバーンズ・ゴルフ・リンクス
    ヤーデージ:7210ヤード パー72

*ヤーデージは、当日のティーの設定で変わる可能性があります。

賞金総額は、今年2017年の「全英リコー女子オープン」の開催概要ページの案内では、昨年と同じ

「300万ドル」

の表記になってます。
したがって優勝賞金も昨年同様と、解釈して載せましたが、変更ある場合は修正いたします。


(出典元:https://www.scotiagolfing.jp/news/より引用)

他のメジャー大会の賞金は下記です。

  • ANAインスピレーション:270万ドル
    女子PGA選手権  :350万ドル
    全米女子オープン :500万ドル
    全英女子オープン :300万ドル
    エビアン選手権 :325万ドル(2016年)

全米女子オープンが、突出していますね。
しかし男子は、ほぼ同じ金額なのですが、結構な開きがありますね。

大会の冠スポンサーは、日本企業の「リコー」が2007年より、続けています。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

全英リコー女子オープンの出場資格は?

全英女子オープンの出場資格は概ね、下記のようになってるようです。

アマチュアでの出場資格は開催初日時点でアマチュアであること。

1:最終予選通過者
2:過去10年の全英女子オープン優勝者
3:前年全英女子オープン上位15位(タイ)の者
4:現時点でのLET賞金ランキング上位25名
5:現時点でのLPGAツアー賞金ランキング上位40名
6:現時点での日本ツアー賞金ランキング上位5名
7:当年度のLET・LPGAツアー競技優勝者
8:前年度のLET・日本ツアー・韓国ツアー賞金ランキング1位
9:過去5年のANAインスピレーション・全米女子オープン・全米女子プロ選手権・エビアン選手権優勝者
10:前年度LPGAツアー選手権リコー杯優勝者
11:前年全米アマチュア選手権・欧州女子アマ優勝者
12:当年全英女子アマ優勝者
13:前年マーク・H・マコーマック・メダル受賞者
14:過去3年間のISPSハンダ・レディス・ヨーロピアン・マスターズ優勝者でかつLETメンバー
15:同選手権開催週のロレックス女子世界ランキング上位(LET10名、LPGA30名)

(wikipediaより引用)

大会の形式が

「オープン」

なのでアマチュアでも、出場できます。
但し上記のような規定をクリアすればですが。
アマでは、上記1番の最終予選会を、通過しないといけないですね。

ここが登竜門のような気がします。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

全英オープンを辞退する女子プロの理由は?メジャー軽視の真相!

こちらの話題で書きましたが、書いた時点での情報での、欠場の方向のプロの話題です。

「キムハヌル」プロは、日本のリコーカップ優勝者です。

辞退となれば、全英リコー女子オープンの冠スポンサーのリコーを軽視と、取られますよね~~

出場条件10番の、日本の「リコーカップ優勝者」の資格ですが、これは変わりがいないわけです。

さて???

全英女子オープンの歴史

男子の「全英オープン」は第一回大会が1850年です。

160年以上の歴史があるにもかかわらず、女子の歴史は

「1976年」

と言いますから、つい最近です。
1976年に英国の「Ladies’s Golf Union」によって設立された、オープントーナメント。

しかも最初からメジャー大会では、なかったわけです。

さらにしかも、コースの使用もメジャーに、ふさわしいコースではなかったようです。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

潮目が変わったのが

「1982年」

ロイヤル・バークディール・ゴルフ・クラブでの開催が実現。
これを機に開催規模も大きくなって、参加人数も増えていきました。

1994年~2000年まではアメリカの、女子ツアーのトーナメントに組み込み。

  • ウォーバーン・ゴルフ&カントリークラブ
    ロイヤル・リザム&セント・アンズ・ゴルフ・クラブ
    サニングデール・ゴルフ・クラブ
    ロイヤル・バークディール

などの全英オープン(男子)開催コースでも開催されるようになりました。

そしてついに

「2001年」

にメジャー昇格!

2002年:ターンベリー
ついに
2007年:セント・アンドリュース・ゴルフ・リンクス・オールド・コース

女子のメジャーも、男子に並んだ瞬間ですね。
これは記念すべき、1ページだと思います。

  • そのあとは
    2011年:カーヌスティー
    2012年:ロイヤルリバプール
    29013年:セント・アンドリュース・ゴルフ・リンクス・オールド・コース

まさに男子の全英オープンの開催コスでの、女子の全英オープンの開催が、行われるようになったわけです。

2007年と2013年は5年開いていますが、っていうことは来年の2018年の開催コースは

「セント・アンドリュース・ゴルフ・リンクス・オールド・コース」

になるのかな・・多分!
男子と同じなら5年サイクルなら・・・ですが。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

キングスバーンズ・ゴルフ・リンクスはどんなコース?

最初に「キングスバーンズ」という意味でがこれは

「王の納屋」

という意味だそうです。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

由来は、この地がこの一帯を統治していたフォークランド宮殿に、治める農作物を栽培していたからなんだそうです。

税金の代わりに、農作物?
だったのかもしれないですね。

「キングスバーンズ」の歴史をいろいろと調べてみたのですが、すごいですね。
最初のゴルフコースの営業はなんと・・・

「1793年」

なんだそうな。
驚きです。

当初9ホールでの営業を、1850年ころまで行っていたそうです。

その後この土地は農地に戻されたそうです。
当時はゴルフコースよりも、農地が重宝で、ワインなどが栽培されていたそうな。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

動いたのが「1922年」
「Kingsbarns Golfing Society」が再建されて

「Kingsbarnsゴルフクラブ」

が設立。(この時は9ホール)

然しこれも長くつづかず、戦時中には国家安全保障防衛で徴用されて閉鎖!

などの歴史があったようです。
ところが・・・やはりこの地は

「約束の地」

2000年にアメリカのコース設計家

「カイル・フィリップス」

によって、コースが「キングスバーンズゴルフリンクス」になって戻ってきたんです。
コースと自然をうまく調和させた、、伝統的なモダンなデザインが加わった、名門コースの誕生でした。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

2015年版(ゴルフマガジン社)のゴルフコース世界ランキングで

「65位」

にランクしています。

このコースは、全英オープンの最終予選会の常連。
さらには毎年10月には、セント・アンドリュース・オールドコース、カーヌスティと共にダンヒル・リンクス・チャンピオンシップの開催会場としても、使用されているようです。

2000年のコース設計者に

「Mark Parsinen」

さんという方の名前もあります。
フィリップスさんと共同で、行ったのか、もしくは当時は補佐だったのか??

ちょっとわかりませんでした。
ただ・・
「Mark Parsinen」

さんはコースの設計を、かなりおやりになってる方のようです。

コースの写真は随所に張っておきます。
こんなコースです。


(出典元:http://jp.ricoh.com/RWBO/course/より引用)

すごいですね~~~

一度こういうコースで、プレーしてみたいですね。

スポンサーリンク

全英リコー女子オープン2017のまとめ

上記のコピーになりますが、改めて開催概要を張っておきます。

  • 大会名称:全英リコー女子オープン
    (全英女子オープン(Women’s British Open))
    主催:R&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュース)
    運営:IMG(インターナショナル・マネジメント・グループ)
    スポンサー:リコー
    日程:2017年8月3日(木)〜6日(日)(現地時間)
    賞金総額:300万ドル(2016年300万ドル)
    優勝賞金:412,047ドル(2016年412,047ドル)
    開催コース:キングスバーンズ・ゴルフ・リンクス
    ヤーデージ:7210ヤード パー72

*ヤーデージは、当日のティーの設定で変わる可能性があります。

賞金総額は、昨年同様です。
金額は、女子のツアーでは多い方ですが、いちおうメジャーですから、スポンサーにはもう少し頑張ってほしかったな~~

なんて個人的な感想です。

全英オープンを辞退する女子プロの理由は?メジャー軽視の真相!

しかし上記のリンクですが、こんなのはないよね~~

ケガとか、正当な理由があればですが、出場しないなんて??

多分男子プロの世界では、罰則が課されそうな気がします。

ゆるされるんだろうか?

ちょっとイメージが悪いよね~~

なんて個人的に感じました。

さて日本からは下記のプロが出場するようです。

宮里藍、鈴木愛、川岸史果、堀琴音、西山ゆかり、野村敏京、柏原明日架、宮里美香、横峯さくら

の9人です。

ちょっと辞退の関係で流動的のようで、どれが正しいのか正確にわからないので、近くなったらこの辺は更新しておきます。(容赦ください)

*8月1日追記

出場選手が確定したようです。
結局7人になりました。

宮里藍、野村敏京、上原彩子、鈴木愛、川岸史果、西山ゆかり、堀琴音

の7人です。

では今週は

「全英リコー女子オープン」
「ブリジストン招待選手権」

とてんこ盛り。

コース予約は楽天GORA

来週はいよいよ男子メジャー最終戦

「全米プロゴルフ選手権」

で、この2週間はゴルフで楽しみましょう!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る