全米プロゴルフ選手権2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

今期’2017年)メジャー最終戦の

「全米プロ選手権」(Pga tuor Chanpion ship)

が、8月10日から四日間の日程で、開催されます。

当然日本からは、「松山英樹」が出場しますが、今季メジャー最終戦ですから、出来れば勝ってほしいですね~

全米プロ選手権の日程や概要、優勝賞金額などを紹介します。
併せてコースの概要や、出場資格も紹介します。

スポンサーリンク

最初に見所を、チェックしておきましょう。
私としては、松山英樹がメジャー制覇するかどうかも、興味津々で応援していますが、しかし

「ジョーダンスピース」

のキャリアグランドスラムなるかも、すごい興味津々です。

なんつっても6人しかいないグランドスラマー!(ボビージョーンズ含む)

タイガーウッズ以来の、グランドスラマーの誕生が、待ち遠しいです。
多分世界中のゴルフファンが、注目ですね!


(出典元:http://www.quailhollowclub.com/より引用)

全米プロゴルフ選手権2017の優勝賞金・賞金総額と開催概要!

「全米プロゴルフ選手権」

正式名称は

「U.S. PGA Championship 」

というようです。

(Quail Hollow to Host the 2017 PGA Championship )

(出典元:PGA Championshipより引用)

全米プロゴルフ選手権の概要と賞金総額!

  • 大会名称:全米プロゴルフ選手権(U.S. PGA Championship )
    主催:もちろん:PGA(全米プロゴルフ協会)
    大会スポンサー:オメガ・・他
    大会日程:8月10日~13日(現地時間)
    賞金総額:1050万ドル(2016年:1000万ドル)
    優勝賞金:189万ドル(2016年:180万ドル)
    フェデックスpt:600pt
    世界ランクポイント:100pt
    開催コース:クウェイルホロークラブ
    ヤーデージ:7442ヤード(通常)
    パー72(通常)
    今回の全米プロ選手権仕様
    ヤーデージ:7610ヤード
    パー:71

    *ヤーデージは、当日のティーの設定で変わる可能性があります。

と、こんな内容です。
ヤーデージですが、やはり全米プロ選手権にふさわしい、そんなセッティングですね。
7610ヤードまで伸ばして、パーが71の設定のようです。

クエイルホロークラブクラブの設計者と難易度は?全米プロの賞金も注目!

賞金総額が1050万ドルと、すでにメジャー大会では1000万ドル超えは、普通で常態化しているようです。

優勝賞金も189万ドルと、ほぼ2億円越え(?)です。

えらいこっちゃ~~~


(出典元:http://www.pgatour.com/inside-the-course/2012/より引用)

選手権の優勝者には創立者のロッドマン・ワナメーカーを冠にしたロッドマン・ワナメーカー・トロフィーが授与される

ということですね~~

出場資格によると、どうやら日本からは

  • 松山英樹
    谷原秀人
    池田勇太
  • 小平智

の4人が出場資格を、満たしているようです。

松山英樹は世界ランキングは現在3位ですから、文句なしです。

でも4人だけとは、ちょっと寂しいですね。
って・・4人も出場できる?のほうかな・・


(出典元:http://www.pga.com/quail-hollow-club-host-2017-より引用)

全米プロゴルフ選手権の出場資格は?

出場資格は、メジャーチャンピオンを決める大会だけに、厳格です。

次のような規格になってるようです。

1:過去の全米プロゴルフ選手権優勝者
2:過去5回のマスターズ、全米オープン、全英オープンの優勝者
3:当年全米プロシニアゴルフ選手権優勝者
4:前年全米プロ選手権上位15位(タイを含む)の者
5:当年PGAクラブプロ選手権上位20位以内の者
6:当年獲得賞金ランキング上位70名
7:ライダーカップまたはプレジデンツカップ[3]メンバー(米国チーム)
8:前年度全米プロ選手権以降のPGAツアー競技優勝者
9:PGAオブ・アメリカの推薦する者
10:賞金ランキング70位以降の上位者を出場者が156名に達するまで順次追加。

(wikipediaより引用)

出場資格は、上記のように冷められています。

厳格です。

いろんな規約があるようですが、基本70位以内はほぼ出場できそうです。

それ以外にも70位以降でも、上記の優先順序を規定して人数が空けば、156人になるまで、順次追加する。

そうなってますね。
結構甘いかもしれません。

極端なことを言えば、世界ランキング100位以内であれば、出場できそうです。

でも日本では、池田勇太プロまでもかもしれないですね。

全米プロゴルフ選手県の歴史

全米プロゴルフ選手権の、歴史を簡単に。

第一回大会はなんと

「1916年」

です。
然し当時は、この全米プロゴルフ選手権は、メジャー大会ではなかったようです。

当時のメジャーチャンピオンとは

全米オープン
全英オープン
全米アマチュア選手権
全英アマチュア選手権

この4大会のタイトルを言っていたようです。
1934年に、マスターズトーナメントの、第一回大会が開催されました。

どうやらそこで、メジャーの定義が変更になったようです。
今のように、4大会のタイトルに変更されたわけです。


(出典元:http://www.quailhollowclub.com/より引用)

当時のアマチュアは、「ボビージョーンズ」に代表されますが、アマの方が非常に強かったようです。

例えば、ジョーンズ以外でも、あの伝説の名手「ハリーバードン」をやっつけて、全米オープンに勝利した

「フランシス・ウィメット」(1913年)

も無名のアマチュアでした。
生涯アマで通しました。

どちらかというと、ゴルフ界はアマチュアで成り立っていた・・

そう思わせるような、時代だったようです。

そこでボビージョーンズが、上記4大会をすべて勝って、年間グランドスラムを1930年に達成するわけです。

この年間グランドスラムは、「ボビージョーンズ」だけです。

その後今の対象試合になってからは、生涯グランドスラム(キャリアグランドスラム)という言葉になりました。

ただ唯一、2000年にタイガーウッズが、その年の全米オープンから連勝して、翌年のマスターズまで、メジャーの4連勝を記録しました。

これはもめたんですね~~

然し年間ではないので、やはり「グランドスラム」とは言えないと。

但しメジャー大会4連勝の敬意を表して

「タイガースラム」

と命名しました。
メジャー4連勝なんて、すごいですね。
タイガーウッズが全盛の時代です。


(出典元:http://www.golfdigest.com/story/quail-hollowより引用)

全米プロゴルフ選手権はマッチプレーだった

当初の、この全米プロゴルフ選手権は

「マッチプレー」

でした。
しかも、それが一週間の長丁場で、しかも連日36ホールを戦うという、今では信じられない形式だったようです。

しかも日程が、全米プロゴルフ選手権が、全英オープンの会期中という設定で、両方に出場するのは不可能の設定だったようです。

なので、ストロークプレーに変更される

「1958年」

までは、年間グランドスラムというのは、不可能だったと考えられます。

年間グランドスラムに一番近かったのは多分

「ベンホーガン」

だったと思います。

「1953年」のゴルフメジャー選手権で

マスターズトーナメント
全米オープン(オークモント)
全英オープン(カーヌスティ)

でゴルフ史上初めての年間メジャー3冠を達成。

しかし一つ足りない・・そうです。

「全米プロゴルフ選手権」

じつは上記の理由で、全英オープンに出ると、日程がかぶって出場は不可能だったわけです。

日程があってなければ(タラレバですが…)この年に、ベンホーガンは年間グランドスラムを達成したかもしれません。

残念です・

ちなみにベンホーガンの、ゴルフレッスン書

「モダンゴルフ」

は多くのプロに愛読されて有名です。
私も持ってますよ~~~

「1958年」

から、今の形式に変わったということで、今に至ります。


(出典元:http://www.geoffshackelford.com/homepage/2015/より引用)

クウェイルホロークラブはどんなコース?

いろいろ調べてみたのですが、どうやら下記のように解釈しました。

「James J. Harris」

さんは、1959年にこのクラブの、発足を促す会議を発足メンバーと共に始めたとあります。

発足メンバーは21人。

1960年1月4日に提出された正式にQuail Hollow Clubを構成する設立証明書を実行するに至ったようです。

そして1961年6月3日にオープン。

コースの設計は

「ジョージ・コブ(George Cobb)」

という方のようです。


(出典元:http://www.medalistgolfinc.com/quail.htmlより引用)

特徴はこの地方(ピエモンテ)の美しさと、ゴルフコースとしての挑戦を秘めた、地形が特徴のようです。

1986年にアーノルドパーマーによってより戦略性の高いコースに改修!

また1997年には、名ゴルフ場の設計家の

「トム・ファジオ」

の改修工事のよって、チャンピオンコースの位置を確立しました。

特に14番(パー4)は346ヤードですが、フェアウェイは池に向かって傾斜しながら、ティーショットの落としどころの幅は、わずかに27ヤード。

両サイドはバンカー。

すごく面白いコースのようですね。

一番の難関は18番のパー4


(出典元:http://shotnavi.jp/gcguide/cdata/hdata_9530_8364_9.htmより引用)
2012年のデーターですが、平均スコアが

「4,408」

ですよ~~
すごいね・
2番目の難関が17番のパー3


(出典元:http://shotnavi.jp/gcguide/cdata/hdata_9530_8364_9.htmより引用)

「3.327」

これもすごいね・
3番目は9番のパー4

「4,251」

です。


(出典元:http://shotnavi.jp/gcguide/cdata/hdata_9530_8364_9.htmより引用)

この下知識をもって、ゲームを見ると結構面白いと思います。

勿論やってる方は、たまらんでしょうが・

コースの写真を随所に張っておきます。

adidas アディダス 全米プロ記念限定シューズ

すごいコースですね。

スポンサーリンク

全米プロゴルフ選手権2017の優勝賞金のまとめ

全米プロゴルフ選手権。

昨年の優勝者は

「ジミー・ウォーカー」

でした。
その前の年(2015年)の優勝は

「ジェイソンデイ」

の涙の優勝でした。
感動しましたよ。
ジョーダンスピースの、紳士的な健闘を称える姿は、スポーツマンシップの凝縮だな~~

なんて見ていました。


(出典元:http://www.clubcorp.com/Clubs/Quail-Hollow-Countryより引用)

上記には紹介したのですが・・再度。

全米プロゴルフ選手権の概要と賞金総額!

  • 大会名称:全米プロゴルフ選手権(U.S. PGA Championship )
    主催:もちろん:PGA(全米プロゴルフ協会)
    大会スポンサー:オメガ・・他
    大会日程:8月10日~13日(現地時間)
    賞金総額:1050万ドル(2016年:1000万ドル)
    優勝賞金:189万ドル(2016年:180万ドル)
    フェデックスpt:600pt
    世界ランクポイント:100pt
    開催コース:クウェイルホロークラブ
    ヤーデージ:7442ヤード
    パー72

です。
メジャー大会の賞金は、今や1000万ドル(日本円で10億円超え)は普通のようにです。

すごい賞金額ですね。

優勝は日本円で2億円超えですから、日本のツアーの賞金なんて、しぼんでしまいそうです。

今年の見所は、なんといっても

「ジョーダンスピース」

のキャリアグランドスラムが、達成されるかどうか?

その一点かと思います。

グランドスラム(ゴルフ)達成者は何人?意味とメジャー勝利数ランク!
然し私たちの注目はやはり

「松山英樹」

のメジャー制覇!

此れでしょう!

Zスター XV ボール(松山英樹使用ボール)価格比較はこちら

松山英樹のこれまでの成績は下記。

松山英樹2017全出場試合の成績(戦績)情報!獲得賞金の合計と推移は?

では皆さん応援しましょうね~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る