退職の理由で多いランキングは?転職理由に薄給は何位かチェック!

退職するときの理由で、一番多いのは

「薄給」(給料が安い)

という、結果でした。
その時の理由って、いいかえれば転職の理由でも、一番(?)なのかもしれませんね。

勝手に私は、そう思ってしまいましたが、今薄給でも、将来上がればいいのですが、上司の給料を見てこの先も薄給では、やはり転職理由になろうかと思います。

皆さんはいかがですか~~

スポンサーリンク

働く=給料

という図式は、私は正しいと思います。

働く=理想(やりがい)

と、いうのももちろんありですが、最低限の価値(給料)と将来的な、確約がないと理想だけでは、食えてはいけないですよね。

退職するときの理由で多いランキングは?

下記は、人材サービスのエン・ジャパンの調査のデーターです。
この調査は、エン・ジャパンが同社のサービスの「エン転職」の利用者「5796人」を対象に、5月1日~5月31日にかけて調査した結果だということです。


(出典元:http://www.itmedia.co.jp/business/より引用)

この表によると一番多いのが

「薄給」(給与が低かった)

これなんですよね。

以下順番の多いところで‥

  • 1:給与が低かった
    2:評価や人事制度に不満
    3:残業や休日出勤が多い
    4:業界や会社の将来に不安
    5:人間関係
    6:仕事のし過ぎで体調異常
    7:ほかにやってみたいことができた
    8:社風や風土が合わない
    9:やりたい仕事でなかった
    10:福利厚生に不満

ざっとこんな感じですが、1番の薄給の比率はなんと全体平均で

「46パーセント」

約半分ですね。
各年代別でも、約半数の割合のようです。

次の評価や人事制度では

「全体37パーセント」

残業や休日出勤では

「28パーセント」

私は思うには、ここまでですね。

この以下の理由については、ちょっと厳しい見方を私はします。

なぜなら、そのほかの理由って、事前にわかってそうな、内容だからです。

人間関係というのは、どこの会社でもあり事です。

ここで逃げてしまうと、次も逃げてしまいそうな、感じがします。
人間関係は、乗り越えないといけないというのが、私の考えですが、そうも言ってられない方もいらっしゃるでしょうから、これは個人の考え方だと思います。

ただ・・上のベスト3については、ちょっと考えさせられますね~~

退職届または意思表示の時期はいつが多い?

次に同じ調査ですが、退職することを伝えたタイミング、時期に対する調査ですが、一番多かったのが

「一か月前」

です。
次が退職を決めた時や、退職希望日の2~3か月前という結果のようです。

表のような結果です。


(出典元:http://www.itmedia.co.jp/business/より引用)

誰に話すかというと、上司というのが65パーセントでトップ!

これはそうですね。
退職の可否(現実には職業選択の自由があるから、可否はないと思いますが・・)を判断するのは、上司なわけですから。

当然かと思います。

余談ですが、労基法では退職する場合は、退職する2週間前に届けを出さなくてはならないという、規定があるようです。

また会社によっては、内規で退職する場合は一か月前と、規定しているところもあるようですが、この場合労働者にも一定の責任がある場合は、これに従わなくてはならないようです。

いずれ退職(職業選択の自由・・国民に保証された権利)は自由です。

しかし早々、簡単に辞めるわけにはいきません。

きちんと理由を明確にして、自分が何をしていきたいのか、しっかりと考えていきましょう!

退職理由と私の職業体験!

ここから先は私の経験則です。

私の給料事情

一番最初に入った会社でのことですが、給料は考えずに入ったのですが、入ってわかったのですが、低かったですね~~

ところが、今はそれ以上に低いから、これもまた驚きですが、まあその時のお話です。

時はバブルに向かって、一直線!

残業が多かったですね~

残業代のほうが、基本給よりも多い・・そんな時代です。

その時の思ったのですが

「俺この会社で頑張っていったら、給料はどこまで行くのだ?」

って考えたわけです。
その時の課長の給料が私の(入った新人社員)約2.5倍。

っていうことは最低でも、そこまではいけるかな?

とは思いました。
その時の私の考えは正しかったようです。

今の会社ですが、一番偉い部長との差は、なんと1.5倍程度。

課長なんて、私の給料に毛が生えたようなものです。

多いのは役職手当だけ・・なんです。

なんでこうなる?

会社がもうかってないからですよね~

ですから、何気なく入ってバブル期を過ごした、電気部品メーカーの製造業の会社は、いたって健全でしたね。

次のことを提案します。

「自分はそこで、どこまでのレベルまで行けるか?」

その時に上司の給料を参考にすべし!

その給料以上は、いくら頑張っても基本・・行きませんから!

そうなると自分の将来が、冷静に見えてくるはずです。

自分のサラリーマンの人事評価事情

私の場合は、どこでも正当に評価されてきたような気がします。

これについても不満はないですね。

もちろん今でも、正当に評価されてると思います。

しかし給料は、思いっきり低いです。

そういう会社ですから仕方がありません。

辞めて別なところに行くか??

そんなアホナ・・仕事中にこれ書いてることが、自由に許される勝手な環境は、ここしかありませんね。

私は辞めません!

残業や休日出勤が多かった?

これは多かったですね~~

バブルの時は残業時間が今の、法定勤務時間の時間で、これは普通でした。

驚くでしょうが、今の勤務時間が、実は残業時間でした。

スカスだ・・俺は企業人・

働いてました。

お~~これいつまでやったら終わるんだ??お~~工場長!!

馬鹿野郎・・つべこべ言わんで稼げ!今日も徹夜だ!

3時(朝)に赤帽来るからさっさと稼げ!!

の世界です。
今じゃあ完全にブラックです。

許されません。

しかし残業代は、きっちりと出ました。

しかも残業代のサービスもありました。

徹夜組は3時間は寝ていい・・しかしその辺で段ボール敷いて・・または応接室のソファで‥

その時間も残業代出ましたから・・

誰も文句言わず徹夜してましたね~~ナツカスイ・バブルってほんとすごかったよ!

私の転職事情

私は給料の問題で、転職したことはありません。

自分の職業観と言ったら、かっこいいでしょうが、上を目指してきたわけです。

しかし40代までは、頂点でよかったのですが、そこで燃え尽きてしまいました。

50代は今の会社です。

振り返ってみたら、今の会社が一番長い、勤務年数になってしまいました。

気楽で、納期もなく、ノルマもなく、基本残業もない。

仕事は待機みたいなもので、その時間は何をやっても勝手!

なんて・・勝手なことを書きましたが、今が一番自由でいいです。

しかし給料は、ものすごく低いです。

多い時の数分の一になりましたね~~

でも食えてますから、これでいいんです。

人間やりたいことをやって、食えていればそれでいいんだと思います。

20代、30代、40代のあの上昇志向は何だった?

まあ・・あれもあの時期でよかったんだと思います。

と・・・勝手な私の職業観と、振り返った感想でした。

スポンサーリンク

退職理由のまとめ!

会社を辞めたくなった理由って、人それぞれだと思うのですが、実際に調査してみると、上記のような結果になったようです。

給料の額というか、金銭的な理由がやはり一番多いようです。

これはある程度、だれでも予想できたことのような、気もします。

会社を辞める理由というのは、その人の考えで千差万別。

でもあえて・・というとやはり給料は大事ですね。

でも今は安くても‥

そういう場合もあるわけです。

そういう時は、上司の給料を参考にしましょう。

そうすることで、自分の将来の給料が、ある程度予測できていきます。

それと、正当な評価がされない・・これは困ったものですよね。

えこひいきって、結構あるんだよね。

そういう場合は、その上司はいつまでいるか、調べてみましょう!

大体、派遣できてる上司の場合は、そういう傾向があるようです。(私の場合)

本社から、部長が来てそれが上っ面で人を評価していく・・そういうのがありました。

でも、そういうのは2年くらいで、帰っていきますから、台風が過ぎ去るのを待っていましたね~

よく仲間で(同僚)

「お~あいつ、あと何年いるんだ?お前本社出張多いんだから、何とか足引っ張って首にして来いよ!」

「任せとけ・・会議でうまくいかない仕事あったら、そいつのせいにしておくから・・」

ってこれは私だったような‥いえいえ・・人の足を引っ張るなんざ・・少しはやったかもしれませんね。

こんなことをやってましたが、懐かしいね。

それがない場合は、自分の実力を見せつけてやりましょう!

残業や休日出勤が多いのは、一つの基準はその残業代って出てる?

出てるなら、ただではないですから、稼ぐのは今だ!

そういう考えもあろうかと。

残業がない会社は、基本ないと思ったほうが、いいと思いますよ!

大なり小なり、仕事には残業や、休日出勤はつきものです。

政府がいう、最大瞬間風速100時間。

そこまではあると思ったほうが、現実的かと思います。

問題は最初に書いたように、きちんとその手当が出てるかどうか?

これが一つの、判断基準かと思いますが・・皆さんこれについてはいかが思いますか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る