全英オープンを辞退する女子プロの理由は?メジャー軽視の真相!

日本で活躍する、韓国や台湾出身のLPGAの女子プロゴルファーが、伝統あるメジャー大会の全英女子オープンを相次いで欠場するようです。

なんで?

その理由を考えてみました。
正直私はショックです。

ゴルフは1850年の全英オープン(男子)からの歴史ある、紳士のスポーツ!

誰もが、あこがれるステータスであるはずです。

スポンサーリンク

え??

と思いました。
ヤフーのニュースです。(リンク切れの場合はお許しください)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000017-nkgendai-golf

この内容です。


(出典元:http://espritgolf.net/overseas/uk/the-open-championship/より引用)

全英オープンを辞退する女子プロの理由は?

全英女子オープン2017の日程は、8月3日~の日程です。

もちろん出場するには、数々の難所の条件をクリアしていかないと、出場は及びません。

日本では7人の参加枠が、確保されてるそうです。

要は出場切符ですね。

その7人に入るには、これまた大変なことになるわけです。

全英女子オープンに出場する7人の条件は?

6月いっぱいの前半の成績で

賞金ランキング上位5人
昨年の賞金女王
LPGAツアー選手権リコーカップ優勝者

の7人です。
というわけでこの資格の7人は誰だ?

賞金ランク5位までなら

  • 1位:キムハヌル:リコーカップ優勝で資格
    2位:鈴木愛
    3位:テレサルー(昨年15位以内で有資格)
    4位:イミニョン
    5位:全美貞
    6位:アンソンジュ
    7位:上田桃子

これに昨季賞金女王:イボミ

の8人ですが、テレサルーはそのほかの、上記に書いたように15位以内のために、優先出場権があります。

が‥しかしここで問題が‥

「キム・ハヌル、イ・ボミ、申ジエ、テレサ・ルーはマネジメント会社からエントリーしないと聞いている。全美貞とアン・ソンジュについては確認中です」

というニュースが。

確認中の全美貞とアン・ソンジュも欠場の意向ということのようです。

ハァ~~~

だと思いませんか?

賞金ランクの資格なら、辞退した場合は下に繰り下がっていくようですが、リコーカップの優勝者と、賞金女王の代わりはいないわけです

しかもリコーは全英オープンのスポンサー!

これは、スポンサーに対して、失礼極まりないのですは?

しかも対象の辞退者は、韓国のプロと台湾プロの、「外国人プロ」ばかり!


(出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/linksgolfuk/より引用)

外国人プロは辞退する理由はどこにある?

上記で全英女子オープンに出場権利を有する、韓国と台湾のプロは、全員が辞退という異例!

ニュースサイトの引用ですが、全英はタフなコースで、8月と言えども風が冷たく、リンクスではその季節でも上着が欲しいほどです。

何もそんなタフなコースで、苦労するよりも、日本で、日本の下手なプロを相手に稼いでいた方がいい?

そんな論調ですが、もし本当にそんな理由ならば、明らかにゴルフに対する、侮辱のような気がします。

ゴルフを、単なる稼ぎ、日本のプロは下手だから、日本のツアーは稼げる!

そういう思いなら、ちょっと情けなくなりますよ~~

派手なゴルフウェアをまとった、特定の女子プロのあとを追いかける、鼻の下を長くした、オジサンたちはどうかしてるんでない?

こんなの、私は個人的には、ゴルフという歴史に対する・・・うまく言えないですが、その全英オープンという歴史を軽視しているような気がします。

皆さんはどう思いますか~

これは何らかのペナルティーを、課さないといけないのではないでしょうか?

LPGAとしては、これに対する何らかのコメントがないと、まったくメンツ丸つぶれですね。

スポンサーリンク

全英オープンを辞退する女子プロのまとめ

いろいろ書いてきましたが、この件はまだ先ですから、これからいろんな意見が出てきそうな気がします。

ゴルフのツアー競技は、スポンサーがあって成り立っている競技です。

スポンサーにそっぽを向かれては、このツアーという制度は、成り立たないわけです。

男子は、どんどん減って今や、LPGAとは大会数では、逆転してしまいました。

こんなことを許していたら、いずれそんな時が来るかもしれないですね。

また、何らかのペナルティーを、科されるかもしれませんし、日本からの出場枠の見直しという事態も想定されます。

日本のツアーとしては、由々しき事態だと思います!

皆さんはどう思いますか~~

勿論ですが、全英女子オープンは女子ゴルフの世界で、5つあるメジャー大会のうちの一つ。

5つの中でも、最も権威を感じるタイトルだと認識します。


(出典元:http://www.ets77.com/category/1905234.htmlより引用)

少なくとも男子の世界では、1850年までさかのぼる、圧倒的に歴史のある大会!

コースもセントアンドリュースオールドコースは、5年に一回の開催がルール化されて、ゴルフ界の総本山の

「R&A」

の本部もそこにあります。

出場辞退なんて、信じられないです。

辞退するプロの方の、ゴルフに対する考え方や価値観て、どうなんでしょうか?

ぜひ聞いてみたいです。

日本のLPGAも、辞退ということは真実なら、何かしらの対策や、ペナルティーは検討すべきだと思いますが、皆さんはどう思いますか~~

ちょっとこの件はウォッチしていきたいと思います。

まさかアメリカのツアーの参戦者にもこの傾向がある?

もしそうなら・・・多分そちらは黙ってはいないだろうな~~

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000017-nkgendai-golf

本記事の参考記事は。、上記のアドレスからの引用です。

今年に限ったことではないですが、どうしてこういうことが起きるのか?

メジャーって夢の舞台ではないのか?

まさか…と思いたいです!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る