エリンヒルズGCの場所と設計者と難易度は?ラフ(芝)の長さに注目!

全米オープンゴルフ(USオープン)2017の、今年の開催コースは

「エリンヒルズゴルフコース」

で、開催されます。
よくある、リゾートの会員制コースではなく、パブリックコースです。

ツアー開催経験はなく、2006年に開場したばかりの、新しいコースです。

コースの設計は、マイケル・ハードザン氏とダナ・フライ氏と、ロン・ウィッテン氏の共作と、紹介されています。

エリンヒルズゴルフコースの場所や難易度、全米オープン名物ともいえる、ラフの長さについて紹介しようと思います。

また・・

優勝賞金や賞金総額は、別途下記に紹介いたします。

スポンサーリンク

2006年に開場したばかりの

「エリンヒルズGC」

ですが、前述したようにツアー開催の経験はなし。
ぶっつけメジャーのような、感じですね。

そう言えばおととし開催の

「チェンバーズ・ベイゴルフコース」

に何となく境遇が似ているような気がします。


(出典元:https://erinhills.com/golf/より引用)

エリンヒルズGCの場所と設計者と難易度は?

エリンヒルズGCでは過去に、2011年に

「全米アマチュア選手権」

が開催されています。
それ以外のビッグ大会は、経験がないようです。

コースの設計は、マイケル・ハードザン氏とダナ・フライ氏と、ロン・ウィッテン氏の共作とあります。

コースの所有者は「アンディ・ジーグラー(Andy Ziegler)氏」という方のようです。

どんな方なんでしょうか?


(出典元:https://erinhills.com/golf/より引用)

コースは会員制ではなく、パブリックなので、一般の方でもプレーができるようです。

ヤーデージ総延長は

総延長:7760ヤード
パー :72

ただちょっとコースを見てみたのですが

「black tee:7810ヤード」

こんな記述も発見したのですが、そこまでは伸ばせる??

いずれにしても7700ヤードオーバーですから、タフなコースであることは間違いがないでしょう!


(出典元:https://erinhills.com/golf/より引用)

エリンヒルズゴルフコースの場所はどこ?

エリンヒルズGC所在地(場所)は

米ウィスコンシン州ミルウォーキー近郊とあります。

この地の広大な牧草地を切り開いて、整地してアップダウンを作って、ゴルフコースを造成した・・

そんな感じのコースのようですね。

エリンヒルズGCの特徴とラフの長さと注目ホールは?

Erin Hills tees it up for the 2017 U.S.Open

(出典元:Milwaukee Journal Sentinel より引用)

エリンヒルズGCの特徴

平坦な放牧地を、整地してゴルフコース用にアップダウンを造成。

木が一本もないために、風の影響をまともに受けやすいようです。

広大な敷地に、風を遮る気がないですから、強風が吹いたらまともですね。

勿論このコースは、全英オープンのような、リンクスではありません。

しかし、練習ラウンドの選手が言うように、距離が長い。

ラフの長さは最大で80㎝もあって、入れたらまずは1ペナと同じという選手が多いようです。

ラフの芝は、フェスキュー芝。
細く長くクラブに絡まる、厄介な芝です。

しかも全米オープン仕様で、勿論長い!

これは難敵ですね。

(Gorgeous Designs You’ve Gotta See: Erin Hills)

(出典元:Golf Digest 公式より引用)

エリンヒルズGCの注目ホール

下記の2ホールが、何ホールのようですね。

8番ホール:パー4

(Erin Hills Hole 8 Flyover)

(出典元:https://erinhills.com/golf/より引用)

グリーン手前にバンカーが三つ。
グリーン奥は、逆傾斜になってるので止まるようですが、しかし気持ちはムズイ!

15番ホール:パー4
(Erin Hills Hole 15 Flyover )

(出典元:https://erinhills.com/golf/より引用)

このホールは、フェアウェーに傾斜があるホール。
さらに随所にバンカーが点在。

さらに厄介なのは、そうなると風!

1番ホール:

ティーグランドから、フェアウェイまでは250ヤードもあって、そこまではラフのフェスキュー芝が、密集。

しかもここは逆風で向かい風!
谷原秀人の平均飛距離は「269ヤード」で、やっと届く距離!

ミスったら、もうここはボギー必至ですね。

(Erin Hills Hole 1 Flyover)

(出典元:https://erinhills.com/golf/より引用)

全米オープンゴルフ2017の開催概要

最後に、2017年全米オープンゴルフの賞金額などの、開催概要を紹介します。

  • 正式名称:全米オープンゴルフ2017
    主催:USGA(全米ゴルフ協会)
    大会期間:6月15日~6月18日
    賞金総額:1200万ドル
    優勝賞金:216万ドル
    フェデックスカップポイント:600pt
    世界ランクポイント:100pt
    開催コース:エリンヒルズ・ゴルフコース
    7741ヤード(パー72)
    *コースの内容(ヤーデージやパー)は、変更されるかもしれません。

こんな内容です。


(出典元:https://erinhills.com/golf/より引用)

賞金額は、いよいよ200万ドルを超えてきました。

昨年の賞金額は、180万ドルですから、かなりのインフレですね。

例年の全米オープンのパーは「70」設定なのですが、「72」設定なのですね。

暑きj戦いのフィールドになることは、間違いないでしょう!

スポンサーリンク

エリンヒルズゴルフコースのまとめ

エリンゴルフコースの所在地(場所):

米ウィスコンシン州ミルウォーキー近郊

コース設計者:

マイケル・ハードザン氏とダナ・フライ氏と、ロン・ウィッテン氏の共作

コースの概要は

総延長:7760ヤード
パー :72

しかし今回の全米オープンの公称発表延長は

7741ヤード
パー72

のようです。
ちょっとの差ですね。

いつもの全米オープンはパーが「70」なのですが、今回は「72」なんですね。

それだけ難易度が高いと、いうことなのでしょうか?

コースの内容は随所に写真や、ビデをを張っておきましたので参照ください。

全米オープンゴルフというと、優勝スコアでも

「オーバーパー」

が珍しくなく、アンダーでは今度はコースのセッティングは甘いと、批評される難易度の最も高いメジャー、という評価だと思います。

特に膝上まで伸びるラフは、プレーヤーの最大の難的になることは、間違いないでしょう!

さらにこの距離!

いよいよ7700ヤードオーバーの、セッティングまで来ました。

まだ早いですが、次戦の全英オープンでは、どんなセッティングなんでしょうか?

リンクスでこんなセッティングされては、プレイヤーはしんどそうですよね~~

今大会の注目は「フィルミケルソン」でしたが、どうやら欠場ですね。

ここの全米オープンを勝てば、ミケルソンは

「キャリアグランドスラム」

を達成する位置にいるのですが、残念です。

全米オープン(ゴルフ)2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

では、2017年の全米オープン観戦、楽しみましょう!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る