ジャックニクラウス全米オープン名勝負まとめ!メジャー勝利数は?

帝王「ジャックニクラウス」は全米オープンでは

「4勝」

しています。
全メジャー勝利数は

「18勝」

しています。

キャリアグランドスラムは「3回」しかも全英オープンで勝てば、まさかの4回でした。

全米オープンでは、数々の名勝負や、死闘も言われる勝負を演じてきました。
メジャー勝利数や、全米オープンでの名勝負を、自分なりにピックアップして紹介しようと思います。

スポンサーリンク


記録に残るメジャー勝利数では18勝で

「1位」

です。
その18勝の起点が、1962年の全米オープンでした。

ジャックニクラウスと全米オープン

全米オープンでは4勝しています。

1962年、1967年、1972年、1980年です。

そのうち名勝負といわれるのが、1962年と1980年です。

それと、トムワトソンが優勝した1982年もデッドヒートでしたね。

ではその中でどんな戦いだったのか・・

その1962年と、1980年の死闘と言われた内容についてみていこうと思います。

ちなみに1962年の相手は

「アーノルドパーマー」

1980年は

「青木功」

です。

1962年オークモントでのパーマーとの名勝負!

1962年というこの年は、まさにジャックニクラウスが、プロの世界にデビューした年です。

ジャックニクラウスは、プロデビューしたその年に、自身メジャー18勝の起点となる、記念の一勝目を達成したことになります。

この1962年の全米オープンの舞台は

「オークモントカントリークラブ」

です。
この頃のゴルフ界のスターは、言わずと知れた「キング」

「アーノルドパーマー」

です。


(出典元:http://www.goldenbear.jp/story/career-as-golfer.phpより引用)

熱狂的なファンは

「アーミーズアーミー」(アーノルドの親衛隊)

そういわれてました。
が・・しかしジャックニクラウスも、新進気鋭の新人で前評判は十分!

そこで大会主催者の方では、この二人に盛り上げてもらおう??

と・・思ったかどうかは知りませんが、予選ラウンドを同組に。

これは今でもよくありますよね~~

が・・・しかしこれが名勝負の始まりだったんだな~~

オークモントはペンシルバニア州にあって、パーマーの地元。

応援は完全に熱狂的!

バディーダッシュですごい歓声で・・

ニクラウスはやりにくかったと思います。


(出典元:http://www.goldenbear.jp/story/career-as-golfer.phpより引用)

予選ラウンドの2ラウンド消化でパーマーは3アンダーでトップタイ。

ニクラウスはイーブンパーでした。

勝負はここから!

決勝ラウンドの第3ラウンド、ムービングデーを終了して、パーマーは2アンダー。ニクラウスはイーブンパーで、1打縮小して、2打差で最終ラウンド!

決勝ラウンドの波乱万丈

さてその最終ラウンドですが・・

パーマーの快進撃が始まったわけです。

2番、4番でバーディーで、一時はニクラウスに5打差をつけて、誰もがこれで、すでに決まったろう!

そう思ったことだと思います。

が・・雲行きが怪しくなったのが9番。
まさかのボギー!

が・・ジャックニクラウスも負けていない!
猛チャージをかけて先に上がったのですが・・

「283」の1アンダーフィニッシュ。

この時点で先に上がって、パーマーの結果次第だったんですな~

そのパーマーですが・・

18番で手にした、2打目のクラブは4番アイアン。

見事に10フィートに2オン!

最終18番で、1打リードで迎えた、パーマーのピン10フィートのパット。

このドラマですよ~~

これが外れるんです。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/より引用)

次の日に18ホールのプレーオフ!

次の日もジャックニクラウスは、好調をそのまま維持!

パーマーはどうにも、昨日の18番のパッティングを外した余韻が・・・

18ホールの最終時点では、ジャックニクラウスが2打リード!

これで90ホール目の勝負の最終ホール。

パーマーはティーショットをミスしたのですが、3打目で乗ってピンから12フィート。

パーマーは、チップショットで直接カップを狙ったのですが、わずかに外れて反対側のグリーンから、こぼれてしまったのです。

パーマーは反対側から当然ですが、寄せに行くのですが、その前にニクラウスがピンそば20センチにつけていたので、それを見て、ニクラウスのボールマーカーを拾い上げて、ギブアップの意思表示!

然しこれはUSオープンでストロークの、勝負です。

ニクラウスは再度ボールマークを置いて、勝利のパットを沈めたわけです。

これもドラマですね~~

記者会見で言ったかはわかりませんが・・パーマーのニクラウスに対する言ですが・・

「あの大きいやつは今、ケージから抜け出したところだ。みんな奴を追いかけたほうがいい!」

愛称がゴールデンベアー

当時からクマの愛称だったんですね~~

ケージとはよく言ったものです。

しかしないはともあれ・・ここがジャックニクラウスの、活躍の起点だったわけです。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/photo/detail/より引用)

バルタスロールでの青木功との死闘!

1980年の全米オープンの舞台は

「バルタスロールGC」

です。
此れもまた、粋な計らいでは全くなかったかもしれませんが、初日からジャックニクラウスと青木功のペアリング!

面白いことに、このまんま・・4日間同じラウンドでした。

皆さん承知のように、全米オープンのペアリングは2名。

2バッグです。

ですから4日間、同じ顔触れで(二人で・・)プレーしたことになります。

当時の青木功は

「東洋の魔術師」

と言われてました。
青木功38歳。
ジャックニクラウス40歳で絶頂期ですね。

青木は飛距離がいまいちで、しかも当時はパーシモン!

全く2オン(パーオン)しない。

「たまんないよ!パー3以外二打目に持つのがおたまじゃくし(ウッド)だよ!」

そういって、嘆くのですが、やはり東洋の魔術師です・

こうなればバンカー狙いだ!(ラフよりは当然いい!)

バンカーに入れて、寄せてどんどんパーを拾っていくその姿を見て、ギャラリーはまさに大興奮!

そんな大会だったようです。

ユーチューブでは、その時の模様がありますよ~~(公式ではないので貼れませんが・・)

バルタスロールの死闘の勝負の行方!

予選二日を終了してニクラウス6アンダー青木が4アンダーです。

3日目を終了してニクラウス6アンダー、青木も6アンダーで同スコアで、ファイナルラウンドへ!

ここからが死闘謂われる所以です。

まさにマッチプレー!

なんで??

その下が離れていたからです。
二人が突出して、スコアを争うのですから、死闘にふさわしい名勝負だったんですよね~~

しかもニクラウスの飛距離には、青木は全く歯が立たず!

ニクラウス2オン。

青木はバンカーから3オンでも、同じパーをどんどん拾っていく、そんな青木のプレーは全世界に中継されて、そのプレーに釘付けになりました。

最終の18番ホールで、ジャックニクラウスのバーディーパットが決まって勝負あったですが、その時にまだ青木功のバーディーパットが残っていました。


(出典元:http://www.goldenbear.jp/story/career-as-golfer.phpより引用)

歓喜のギャラリーを制する、ニクラウスの姿は、いつ見ても紳士ですね~~

ゴルファーというのは、勝負師ですが、しかしその前に紳士たれ!

そういうことなんだと思います。


(出典元:http://www.sanspo.com/golf/photos/20150617/より引用)

この名勝負は、全米オープンゴルフが開催されるたびに、毎年紹介される定番です。

今年も何度も、放送されると思いますよ~~

スポンサーリンク

ジャックニクラウス全米オープン名勝負まとめ

1962年は、ジャックニクラウスにとって、プロデビューの年でした。

そして記念すべきプロの1勝目が、この年の全米オープンで、しかもそのデッドヒートを繰り返し、18ホールのプレーオフを戦ったのが

「アーノルドパーマー」

だったわけです。
これって本当にドラマというか、そのアロのジャックニクラウスの活躍を決定づける、そんなメジャーだったようなそんな気がします。

場所はオークモントでした。

そしてもう一つのニクラウスの勝利で終わった名勝負が、バルタスロールでの青木功との死闘とも言われる一騎打ち!

じつはニクラウスはこのほかにも、全英オープンで

「真昼の決闘」

と言わる名勝負を、「トムワトソン」と演じています。

また1982年のペブルビーチでの「全米オープン」でも、トムワトソンと名勝負を演じています。

これらすべてを勝っていたら、とんでもない数字だったかもしれないですね。

ジャックニクラウスは、マスターズでも勿論名勝負を演じています。

稀代の英雄…まさに

「帝王」

だな~~と改めて思いました。

皆さんは如何思いますか~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る