有給休暇の未消化分の買い取り(換金)は可能で合法なのか調べてみた!

有給休暇の日数は最大年20日で、累積で最高40日と労働基準法で、決まってます。

然し有給休暇を消化できずに、捨ててる方は結構いるのでは?

有給を取れない理由は、いろいろあろうかと思いますが、しかし今や半ば義務化に近いような、この有給休暇の消化!

皆さんは如何ですか?

消化できてますか?

スポンサーリンク

有給休暇は、労働基準法で定められてる労働者の権利で、毎年付与されて最高20日/年まで、増えていきます。

失効する場合は、2年ですから、最高年20日で前年繰り越し分と合わせて、最大で40日まで付与される日数となっています。

有給休暇の日数と繰り越しのしくみと消化できない理由!

有給休暇の仕組みは下記のようです。

  • 6ヶ月   10日
    1年6ヶ月 11日
    2年6ヶ月 12日
    3年6ヶ月 14日
    4年6ヶ月 16日
    5年6ヶ月 18日
    6年6ヶ月 20日

とこんな感じで、増えていくんだそうです。
私は一年に1日づつ増えていくと思っていたのですが、違うんですね。

チョト驚きました。

これは正社員の場合です。
但し、出勤率8割を満たさないと、いけないようです。

それとパートさんの場合も、有給休暇は付与されます。
下記の表に寄るようです。


(出典元:http://www.e-roudouhou.net/archives/より引用)

これも私は知りませんでした。
パートさんでも有給休暇って、日数が付くんですね~~

有給休暇の時効と失効

持ち越しは2年まで。
最高で得られる日数は、年20日ですから、二年で失効なので最大

「40日」

です。
例えば

  • 2013年 20日(消化3日)
    2014年 20日(消化6日)残37日
    2015年 20日(消化3日)残34日

ということになろうかと・・・あってるかな??

最大40日までは貯めてもいいでしょうが、40日なったら年間の有給発生日数の20日の範囲内での、未消化分は失効していきます。

例えば、2014年では6日しか休んでないので、14日は失効です。(棄ててる)

こういう考えかと思います。

有給休暇はなんで取れないか?

簡単でしょう・

  • 忙しいから・・
    同僚に迷惑がかかるから
    会社に申請書出すと、いやな顔される
    上司に代わりはいないよと言われる

などなどこんな感じかと。

ということで、この失効する分を買い取ってもらえるかという、素朴な疑問なんですね~~

どうせ使えないことはわかってるし、お金になるならそれも手かと・・

そう思ってる方も多いのではないでしょうか?

有給休暇の未消化分の買い取り(換金)は可能で合法?

さてそれでは本題に入ります。

いろんなパターンがあるようです。

1:単純な有給休暇の買い上げ

これはどうやら違法のようです。
有給休暇というのは、本来の目的が、労働者の心身の疲労の回復などを、目的にしているので、休暇を与えずに最初から金銭で補償する行為は、労働基準法の考えではないからです。

2:失効する分お買い上げは適法か?

これは法律上は、違法にはならないようです。
元々上記の例で、20日あった分6日しか、消化できなかった。

失効する14日分についての、金銭での買い入れは、問題ないようです。

然し、この時の額は問題のようです。
適正金額でない、法外な手当てではそれを目的にする方が、出てくる可能性があると、そういった認定は不利なようです。

でも失効する分を買っていただけるなら、喜ぶ方も多いのではないでしょうか?

私自身、そういった買い上げ制度は会社ではないので、捨ててます。(年10日以上)

3:退職するときに失効する分の買い上げは?

これは違法ではないようです。
しかし、本来であれば、退職時には完全に消化して、退職日を定めるべきですよね。

それができなくとも、会社は保証してくれないのが、普通かと。

やめて去っていく人間に、有給が残ってるからと言っても、買い上げる・・まずそれはないでしょうね・・・現実。

消化するべきと個人的には考えます。

私もそう遠くない時に退職予定ですが、しっかりと残の有給休暇は消化して、退職します。

4:法定以上の休暇が与えられてる場合

これはそうは多くないと思います。

しかし中にはあるようです。
労働基準法による休暇日数以上に、有給休暇が与えられてるケースの場合です。

この場合は、法廷以上の休暇については、買い上げても違法ではないようです。

法定の日数については、上記の例に従うようです。

でもそういう会社って、ほぼないんでない?

スポンサーリンク

有給休暇の未消化分の買い取りは違法?のまとめr

日本の有給休暇の取得割合は、欧米諸国と比べても、すごく低いようです。

厚生労働省の「就労条件総合調査」によると取得率は

「48.7%」

で5割いかないんですね。
過去10年をさかのぼっても、同じだそうです。

よく海外では休暇を取ってバカンス・・なんて羨ましい!

今政府が言ってる

「働き方改革」

これって、有給休暇の取得率も引き上げることも、一つの目標のようです。

最初から買い上げる(換金)ことが前提ではなく、休める環境を作ることが大事ですよね。

が・・しかしだ・・

わが社の場合は、人がいない。
どこもかしこも人手不足。

売り上げが上がらないから、給料も上がらず、ワーキングプアーのような最低の給料で。

ボーナスはもちろんない!

こんな会社には、もちろん優秀な人材なんて、入ってくるはずもないしね~

優秀な人材は

「ヤバ・・まずいところに入社した・・」

って・・速攻で辞めていきます。

ますます休めない!

唯一、辞める時はみんな、有給休暇を勝手に申請して、40日分しっかりと休んでいくようですね。

退職日を、有給消化日に合わせて出すようです。

当初会社側は抵抗しました。

みとめない・・・と。

然し労基署に行くという、強硬手段を訴えた強者の御仁がいて・・

そこでそれ以降、認めるようになったのですが、会社はさぞかし・・無念だったでしょうが、然し有給休暇は労働者の権利です。

きっと、しっかりと執行しましょう!

最後ですが、有給休暇は労働基準法で、政府が定めてる法律です。

決して会社が定めてる規則ではないです。

ここのところは、押さえておいてくださいね。

*情報には万全を期してるつもりですが、解釈の相違等による、微妙な部分は容赦ください。
多分に私の個人的な感想が入っています。
私も有給休暇が取れてない、一人なので。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る