カミツキガメ捕獲して食べることできる?噛まれたら力を調べた!

田中直樹(ココリコ)と鈴木奈々さんが、東京の多摩川で危険生物の

「カミツキガメ」

の捕獲に成功したと、話題です。
『生き物にサンキュー&VSリアルガチ危険生物合体3時間スペシャル』

で放送されるようですが、そもそもこのカミツキガメって、どんな生き物なんでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク

驚きましたが、東京の多摩川って

「タマゾン川」

って言われるほど、外来種の生物が多いというから、どうなってんでしょうか?

ピラニアとか・・アロワナ・・とか・・ひょえ~~ですね。


(出典元:http://ネタ広場.com/2017/02/26より引用)

カミツキガメ捕獲して食べることできる?

この間は「アリゲーターガー」が話題になってました。
名古屋城のお堀でしたが、こんな魚がどこから来るのか・・ホント不思議ですよね!

さて本題ですが

カミツキガメって食べられるの?

元々食用の亀ではないのですが、食べられるそうです。

美味しいんだとか言ってますが、食用として売ってるわけではないので、食べるなら捕獲しないといけないようです。

でもこんな亀・・食べたいとは思わないな~~自分としては・・

皆さん食べます?

カミツキガメに噛まれたらどうなる?

もしかみつかれたら、指は簡単に持っていかれるそうです!

これはちょっと怖いですね。

この口とあごですからね~

小さいお子さんなら、もしかしたら指どころではないですね。

これ危険そのものです。

カミツキガメはなんで増えたの?

1960年以降に、日本にペットブームの亀ブームで、この時期以降大量に輸入されたそうです。

ちなみに原産地は、北アメリカから南アメリカの広範囲のようです。

主にジャングルや、アマゾンらしいですよ~~

しかしそこには、天敵が多いのだそうです。

日本には天敵がいないので、どんどん大きくなっていくんだそうです。

このペット用のカミツキガメが、無責任な飼い主によって、川に放たれたりして、今のように大きくなったということですね。


(出典元:http://ネタ広場.com/2017/02/26より引用)

日本での有名な生息地としては、千葉県の

「印旛沼」

が有名なようです。
その中でも、カミツキガメは高崎川と南部川、鹿島川に多く生息していると、言うことのようです。

季節によっては、陸に上がってくるそうなので、子供たちが噛まれないように駆除をしているということのようです。

なんとその生息数は、1万6千匹に達するといいますから、これはまたすごい数です

これは大きな環境問題ですね。

食用の、実際に料理をしたという、ブログも多数あるようですので、検索してみてください。

私も見てみたのですが、ちょっと・・でした・・
しかし味はすこぶるおいしいのだとか・・

『生き物にサンキュー&VSリアルガチ危険生物合体3時間スペシャル』の内容(

この番組でココリコの田中さんと、鈴木奈々さんが、多摩川でカミツキガメを捕獲するという、一部始終を放送する要ですね。

カミツキガメは、大きくなると70㎝にもなるそうです。


(出典元:http://ネタ広場.com/2017/02/26より引用)

勿論かみつきですから、噛みつかれたらえらいこっちゃ~~になります。

最近は多摩川でも、河川敷で目撃されるということで、第二の印旛沼になるのでは??

そう危惧されてるそうです。

危険性も含めて、その放送見てくださいね~~

スポンサーリンク

カミツキガメのまとめ

といろいろ書いてみましたが、今の日本で一番生息地で、多い個体が確認されているのは、印旛沼のようです。

なんと個体数は16000匹!

そんなにいるの??

って思うのですが、そう書いてますから、そうなんだと思います。

この口を見ると、とても近づきたくはないですね。

怖いです。
噛みつかれたら、まずその部分は持っていかれそうです。

子供たちは、特に気をつけないといけないと思います。

しかしもちろんですが、カミツキガメに罪はないわけです。

最初はペットとして買ったけど、大きくなって(多分の例ですが・・・)手に余って川に放した!

これが実態なんだと思います。

悪いのはその放流した、人間ですよね。

なんでもそうだと思うのですが、ニャンコやワンちゃんも含めて、ペットとして飼ったら、最後まで面倒見ましょう!

我が家の家族は、犬の〇君と鶏が9羽と、池の鯉が6匹です。

最後まで面倒みますよ~~

特に犬の〇君は、先代と同じ名前にしました。

2代続けて同じ名前です。
先代も最後まで看取ってあげましたから。
でも悲しかったな~~

皆さんペットは責任をもって、かわいがりましょうね。
家族ですよ~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る