チューリッヒ2017の優勝賞金はいくら?賞金総額とコースもチェック!

チューリッヒクラシック2017が、今週は開催されます。
松山英樹は、谷原秀人とタッグを組んで、出場予定です。

場所(開催コース)は、ルイジアナ州エイボンデールにある

「TPCルイジアナ」

です。
開催日程は4月27日~4月30日ですが、賞金総額や優勝賞金、チーム戦のルールなどを紹介しようともいます。

スポンサーリンク

昨年までは、通常のツアーでのストロークプレーで、勿論個人戦だったのですが、今年からチーム戦に変更になりました。

なんで??

どうしてでしょうかね~~

まあルールですから、そういうことで。


(出典元:ttp://www.nolameetings.com/tpc-louisiana/より引用)

チューリッヒ2017の優勝賞金、賞金総額と開催概要!

「チューリッヒクラシック2017」

には、日本からは。松山英樹と谷原秀人組が出場します。

出場資格は、松山英樹と石川遼プロのようですが、松山英樹は谷原秀人が出場する場合のみ、エントリーするという条件だったようです。

石川遼は回避するようです。

それでは、大会概要を見ていきます。

チューリッヒクラシック2017の大会概要

  • 正式名称:チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ(のようです)
    スポンサー:チューリッヒ保険
    主催:フォレ!キッズ財団
    大会日程:2017年4月27日~4月30日
    賞金総額:710万ドル
    優勝賞金:102万2400ドル
    フェデックスpt:400pt
    開催コース:TPCルイジアナ

とこういう内容のようです。
優勝賞金とフェデックスptですが、優勝した2名それぞれに、与えられるようです。

ちょっと低いように思いますが、これはルールで1位と二位の合計を、二人で分けるためにこうなるようです。

では参加資格を・・


(出典元:https://golfcrescentcity.com/courses/より引用)

チューリッヒクラシック2017の開催規定

  • 1:第一ラウンドと第三ラウンドはフォアサイトのルール。
    要は一個のボールを交互に打っていきます。
    2:第二ランドと第四ラウンドはフォアボール。
    各プレーヤーの良いほうのスコアをカウント
    3:フルフィールドは80組160名
    4:PGAのランク上位が、ペアを指名する。
    5:パートナーはPGAメンバー化推薦可能なこと
    6:第二ラウンドの予選カットは、上位35位タイまで。
    7:賞金及びポイントは、正式なPGAの成績にカウント
    8:優勝した選手は2年シード、トーナメント・オブ・チャンピオンズ、ザ・プレイヤーズチャンピオンシップ、全米プロゴルフ選手権の出場資格を得る。
    *ただしマスターズは除く。

と大まかですが、こんな感じのようです。

尚プレーオフは、フォアボールのサドンデスと、なってるようです。

では次に、開催コースを見ていきましょう!


(出典元:http://www.golftourusa.com/america/louisiana/より引用)

チューリッヒクラシック2017開催コースはTPCルイジアナ!

「TPCルイジアナ」

ってどんなコースなんでしょうか?
場所は、「ルイジアナ州エイボンデール」という処のようです。

設計は有名な

「ピート・ダイ」

氏のようです。

ヌマスギと、樫の木に囲まれたコース、ということのようです。

さらに、ピートダイ氏が難度を高めるために、バックナインのウェイストエリアに、100個以上のバンカーと5つの池をはいしたといいますから、すごいですね。

が・・しかしその思惑とは裏腹に、難易度はそんなに高くないようです。

優勝スコアが、それを物語ってるような気がします。

2015年のジャスティンローズの優勝スコアは

「22アンダー」

です。
あとは20に届かなくても、ほぼ近い数字が並びます。

また予選のカットラインも、高いです。

2~4アンダーという、そんなイメージのようです。

難易度を上げたかった、ピートダイ氏の思惑は・?

何かが違ったんでしょうね!

このコースはパブリックのようです。

「華やかなパブリックゴルフ場ベスト4」

ゴルフダイジェスト社によるチョイスで、ランクインしたこともあるようです。

また・・ゴルフウィーク誌の「みんながプレイできるベストコース」に常にランクインしているそうですよ~~

名物は17番のパー3。

230ヤードあるそうです。
池越えでリスキーなホールということですね。


(出典元:http://www.neworleansgolf.net/tpc-louisianaより引用)

コースの写真を、数枚張っておきます。

綺麗なコースですね。

スポンサーリンク

チューリッヒクラシック2017賞金や開催概要のまとめ

チューリッヒクラシック2017の大会概要は、上記に紹介しましたが、改めて下記のような内容のようです。

  • 正式名称:チューリッヒ・クラシック・オブ・ニューオリンズ
    スポンサー:チューリッヒ保険
    主催:フォレ!キッズ財団
    大会日程:2017年4月27日~4月30日
    賞金総額:710万ドル
    優勝賞金:102万2400ドル
    フェデックスpt:400pt
    開催コース:TPCルイジアナ

賞金とポイントですが、二人のチームということで、優勝した場合は1位と2位ですから足して、2で割った数字のようです。

ちょっと・・だな~~

というのは、優勝者にマスターズの出場資格がないことですね。

まあPGAランク上位者は当然でいいのですが、パートナーに指名された方が、ランク上位とは限らないですから、仕方がないことなんだろうとは思います。

コースの「TPCルイジアナ」の設計、監修は

「ピートダイ」氏です。

すごい数・・もしかしたら、コース造ってるんではないかな~~

すごくしょっちゅう聞きます。

すごいですね。

一般のツアーコースだけでなく、メジャーチャンピオンコースも手掛けてますよね~~

まさに名匠なんだろうと思います。

コース予約は楽天GORA

では松山英樹、谷原秀人組には、頑張っていただきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る