忍びの国(大野智主演)のあらすじと結末!ロケ地がどこか気になる!

嵐の大野智さん主演で、和田竜さんの小説「忍びの国」の映画化発表がありました。
くしくも石原さとみさん演じる「お国」は、さとみさんの本名「石神国子」とダブりますよね~~
この映画「忍びの国」のあらすじと、結末を予想してみます

気になるロケ地がどこかも、予想してみようと思います。
エキストラも募集しているようですよ~。
気になる百地三太夫役は誰かな?

スポンサーリンク

嵐の大野智主演で映画「忍びの国」の企画映画の作成が決まったというニュースです。
キャストは石原さとみさんや鈴木亮平さん、伊勢谷友介、知念侑李さんや最近人気の平佑奈さんらの豪華なキャストですねえ~

驚くのは石原さとみさんの役の

「お国」

って皆さん何か感じませんか~
本名は「石神国子」さんなんですよね!
大野智君演じる「無門」との愛情劇でお国と呼ぶのが本名なので・・
これたまらなくなるファンも多いのでは???

さて・・私が気になるのは百地三太夫ですが・・
こちらの役はなんと・・立川談春さんが演じるようです。

小説忍びの国はこの間映画になった「のぼうの城」の原作で有名な

「和田竜」

さんです。
和田さんは本当にこの歴史小説が得意なんですね。
書くものがほとんどベストセラー化されてます。

しかも映画化にされて・・魅力的な作品ですよね・・面白いです。

主役の無門の役を嵐の大野智さんが演じるので、どんな役を演じるのかとても楽しみです。

アクションが多いので、そのカッコよさで女性ファンの方は卒倒する???

どうやら今年はNHK大河ドラマで「真田丸」から始まって戦国物が大ヒットのようです。
ついこの間、映画「関ヶ原」のキャストも発表なったばかりです。

2017年は映画で楽しまさせてもらえそうです。

sinobi
忍びの国文庫、コミック価格比較はこちら

映画忍びの国の時代背景の考察

この時代は織田信長が勢力拡大を必死に行っていた時期です。
その中でも織田信長の次男の「織田信雄」は一般的には凡庸で知られています。

まあ、あんまし戦国向きではなかったわけです。

なんで?

戦が下手だったから・・でも親父は織田信長・・兵力は圧倒的です。

第一次伊賀征伐は兵8000(第一次天正伊賀の乱)
第二次伊賀征伐は兵50000です。(第二次天正伊賀の乱)

映画はこの第一次天正伊賀の乱を主体に作られていきます。

この戦は信雄の拙策もあって伊賀の大勝利となります。

その時の最強の忍びが大野演じる

「無門」

ですが、その妻「お国」役を石原さとみさんが演じます。

基本忍者の世界では男女の愛情はご法度!
人間の意識は捨てるということをたたき込まれて育つと、書かれていましたが、実際はどうなんでしょうか?

しかし映画の世界ではその愛情と、愛憎とを時代劇アクションも含めて、感動する作品にしてるといってるようですね。

来年の夏の映画は絶対にこれだな!

さてその結末ですが、歴史的には第一次天正伊賀の乱は大勝利です。
織田信雄軍は撤退しますが第二次では凄惨な結末を迎えます。

原作と映画はまた別な結末を迎えるのも、これは常の事なので第一次の勝利するシーンが主だった内容ではないかと思います。

そしてエンディングで次の第二次につながりシーンを流すイメージで・・

こんな感じかと思いますが、これはまったく私の勝手な推理ですので責任は持ちませんので、予めご了承ください!(笑

スポンサーリンク

映画忍びの国、注目のロケ地やエキストラは?

さてロケ地の予想ですが・・っていうかすでにクランクインされていて、エキストラの募集が行われているようです。

その募集要項を見ると・・・

7月初旬から9月下旬まで都内、千葉県東部、長野県、山梨県を中心に行われる撮影・・

この地域にお住まいの方は、ということになるのかもしくは行ける方なんでしょうね。

それから具体的なロケ地の予想ですがズバリ

「ワープステーション江戸」

ここはつくば市にありますが、やはり時代ものを撮影するには江戸時代風のセットがないと無理でしょうから、ここが一番可能性が高いかと!

住所:茨城県つくばみらい市南太田1176

上記はワープステーションの所在地です。

それから情報ではつくば市のの宝篋山で大野智さんと石原さとみさんが撮影したという情報があります。

時代を演出するのですから、景色や戦場考証などを含めるといろんなロケ地が考えられます。

百地三太夫は石川五右衛門の師匠で百地家は現在も存続

百地三太夫は伊賀の忍者を統括する3人衆の一人です。
忍者の世界では一番偉い方の一人なわけですが、あの有名な石川五右衛門はこの、百地三太夫の弟子だったといわれているようです。

ずいぶん前ですが、司馬遼太郎の「梟の城」が映画化されたときに、観たのですが主人公は中井貴一さんが演じていましたが、風間五平がこれが確か石川五右衛門だったような気がします。(間違えたらすいません・・・)

って思ったら百地家といううのは今でも継続されているようです。

今の当主は三重県名張市に居を構えていて19代目当たるということです。

忍びの国文庫、コミック価格比較はこちら

いや~~~これは驚きました。
あの時代から続いていたんですね~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る