RBCヘリテージ2017の優勝賞金はいくら?賞金総額とコースもチェック!

「RBCヘリテイジ」

が開催コース

「ハーバータウンゴルフリンクス」(7,099ヤード・パー71)

にて、開催されます。

大会概要と、賞金総額と優勝賞金、また開催コースの紹介もしていこうと思います。

石川遼プロは、なかなか予選通過できないですね~

この辺が、いよいよ正念場になろうかと思います。

スポンサーリンク


今週は

「RBCヘリテイジ」

が「ハーバータウンゴルフリンクス」で開催されます。

大会概要と賞金額など、それと開催コースの

「ハーバータウンゴルフリンクス」

はどんなコースか見ていこうと思います。


(出典元:https://golfscape.com/ja/united-states/より引用)

RBCヘリテージ2017の大会概要と優勝賞金は?

先週はマスターズトーナメントでした。

その興奮冷めやらぬ、翌週ともあって、多くのトッププロは欠場するようですね。

確かに、メジャーで目いっぱいの神経戦と、体力を使って消耗激しいでしょうから、休養に当てるは当然かと。

松山英樹プロも今週は欠場です。

しかし日本から3人のプロが参戦します。

石川遼・池田勇太・谷原秀人の3人ですが、この大会でちょっとは、意地を見せてほしいですね。

万年予選落ちではちょっと・・・
日本の賞金王も泣きますから!

では、RBCヘリテージの開催概要を、見ていこうと思います。

RBCヘリテージの開催概要

  • 大会正式名称:RBCヘリテージ
    大会主催:ヘリテージ・クラシック財団
    大会スポンサー:カナダロイヤル銀行
    開催日程:2017年4月13日~16日
    賞金総額:6500000ドル
    優勝賞金:1170000ドル
    フェデックスp:500p
    開催コース:ハーバータウンゴルフリンクス
    (7,099ヤード・パー71)

簡単ですが、こんな内容になっているようです。
マスターズの翌週の大会でも、優勝賞金は117万ドルですから、すごいですね。

アメリカのPGAの優勝賞金は、どうやら100万ドル以下っていうのは、どうやら無いようですね。

まあ・・・・すごい金額です。


(出典元:https://golfscape.com/ja/united-states/より引用)

RBCヘリテージの出場資格

通常の大会では156名が出場できるのですが、この大会は

「インビテーショナル」(招待)

形式なので「132名」となってるようです。
規格がいっぱいあるので、下記にリンクさせていただきましたので、を参照ください。

RBCヘリテージの出場資格

過去の優勝者や、メジャーチャンピオン、昨年度のフェデックスカップポイントの125位以内とか、いろいろな制約があるようです。

いずれ日本からの3人は

  • 石川遼:公傷制度で有資格
    池田勇太:世界ランク50位以内
    谷原秀人:世界ランク50位以内

のようですね。

ハーバータウンゴルフリンクスの設計(監修)とどんなコース?

それではRBCヘリテージの開催コースは、どんなコースなんでしょうか?

開催コースは

「ハーバータウンゴルフリンクス」

で公称の規格では

コース総延長:7,099ヤード
       パー71

とあります。
多くのコースが7300ヤードオーバーの中にあって、ちょっと短い設定ですが、そのせいかパーが「71」という設定なのかもしれないですね。

「ハーバータウンゴルフリンクス」の設計(監修)は誰?

このRBCヘリテージは、この「ハーバータウンゴルフリンクス」の完成と、同時に始まった、PGAの大会ということのようです。

まさにこの大会を行うために、この

「ハーバータウンゴルフリンクス」

を造った!
そう言っても過言ではないかと。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/news/gdoeye/pga/より引用)
では設計したのはだれ?

「ピート・ダイ」

です。がともに設計した方がいたのですが

「ジャックニクラウス」

です。
ピートダイは当時売込み中の、新進気鋭のゴルフコースの設計家!

ジャックニクラウスは、説明の必要はないですよね!

共にこの大西洋に望む海岸沿いに、素晴らしいコースを作ったんですね~~

出来たのは1969年。
と同時に1969年に第一回の

「RBCヘリテージ」

を開催。
それ以降延々と続いているわけです。

現在のアメリカのツアーで、同一会場で行われている大会は下記のとおりです。

  • 「ソニーオープンinハワイ(ワイアラエCC)」
    「クラウンプラザインビテーショナル(コロニアルCC)」
    「ザ・メモリアルトーナメント(ミュアフィールドビレッジGC)」
    「RBCヘリテージ(ハーバータウンゴルフリンクス)」

なんと4つしかないんですね。
なんと~~

その二つが「ジャックニクラウス」の設計。
いうまでもなく「ミュアフィールドビレッジGC」です。

英雄ですね!

「ハーバータウンゴルフリンクス」の特徴

「ハーバータウンゴルフリンクス」の特徴は

  • 1:林に囲まれた狭いフェアウェイ
    2:小さいグリーン
    (平均340平米(ツアー平均は610平米))
    3:池やバンカーの位置が巧み

といった特徴があるようですが、もう一つの特徴が下記です。

2012年にツアープレイヤーが選んだベストコースで

「2位」

にランクイン。
ちなみに1位は「オーガスタ」でした。


(出典元:https://golfscape.com/ja/united-states/より引用)

名物は18番ホール。

ペブルビーチを彷彿させる、海岸線を回るホール!
その奥には赤と白の灯台が・・

いい風景だな~~~

スポンサーリンク

RBCヘリテージ2017のまとめ

RBCヘリテージ2017の開催概要は上記で紹介しましたが

  • 大会正式名称:RBCヘリテージ
    大会主催:ヘリテージ・クラシック財団
    大会スポンサー:カナダロイヤル銀行
    開催日程:2017年4月13日~16日
    賞金総額:6500000ドル
    優勝賞金:1170000ドル
    フェデックスp:500p
    開催コース:ハーバータウンゴルフリンクス
    (7,099ヤード・パー71)

となっています。
歴史的には1969年が第一回で、今年は何回になる?

59回目になるのかな…たぶん!

コースを変えないで、第一回からず~~~っと同じ場所で開催されてるツアーって、4大会しかないんですね。


(出典元:http://golf-bk.com/wordpress/2014/04/0026900.htmlより引用)

勿論これにはメジャー大会は、含んでいません。

しかも4大会のうち、2大会がジャックニクラウスが、コースの監修に携わったコース。

すごいです・・・さすが「帝王」

「ハーバータウンゴルフリンクス」

名物ホールは18番。

ペブルビーチのように、海岸線を打っていくホールで、正面に赤白の東大が見えるようです。

写真の通りです。

綺麗なコースですね。

さて、ここでの日本人3人のプロはどうなる?

せめて予選は通過してほしいな~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る