ジョーダンスピースのプロフィールは?年収や家族や恋人の噂も!

2017年シーズンは、これまでに「AT&Tペブルビーチプロアマ」で、一勝しています。

世界ランキングは現在6位(2017年3月末現在)

賞金ランキングは7位です。

然し、昨年度21016年に最も稼いだ、スポーツ選手ランキング(2016)で

「9位」(5280万ドル)

にランクインされました。

ジョーダンスピースは苦労人です。
彼のプロフィールや、家族や髪の毛の話題も、考察してみようと思います。

スポンサーリンク

ゴルフの賞金以外の、スポンサー料で稼いだのだと思いますが、結構な金額です。
ちなみにタイガーウッズは、ツアーに全くでなかったのですが、4530万ドルで、堂々の12位です。

ゴルフ界のNO1は「フィルミケルソン」で「8位」で5290万ドル。

すごいですね。

それはいいとして、ジョーダンスピースのプロフィールを紹介します。

まずは家族から紹介します。


(出典元:http://www.alba.co.jp/tour/news/より引用)

ジョーダンスピースの恋人や家族は?

ジョーダンスピースプロの家族は、下記のようです。

  • 父はリーハイ大学時代で野球部に所属
    母はモラビアン大でバスケットボールの選手
    兄:スティーブン
    妹:エリー
  • 弟:二人

と本人の7人家族です。(非公表です)
お父さんとお母さんの名前は、非公開のようで、出てきませんでした。

妹のエリーさんは、生まれつき自閉症の病気を持っていました。

エリーさんのために優勝??

なんて美談が舞い上がってますが、それは結果であって、決してそれだけの理由で、ゴルフをやっていたわけでは、ないと思います。

それは下記で紹介します。

ジョーダンスピースの恋人は「アニー・ベレット」さん

ダラスの高校時代からの、お付き合いのようです。

マスターズでの優勝の時も、一緒でしたね!


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/news/pga/より引用)

最初に選んだスポーツは、お父さんが野球をやっていた、影響もあったと思うのですが、「野球」でした。

しかし13歳の時に、ゴルフ一本で行くことに決めた。

その時のことを本人は

「最も難しい選択」

こう表現しています。

ジョーダンスピースのゴルフ界でのプロフィール

簡単なプロフィールは下記です。

名前:ジョーダン・スピース
生年月日:1993年7月27日(23歳)
身長:185 cm (6 ft 1 in)
体重:84 kg (185 lb)
出身地:テキサス州ダラス
経歴:プロ転向2012年
メジャー選手権最高成績:
マスターズ優勝: 2015
全米オープン:優勝: 2015
全英オープン:T4: 2015
PGA選手権:2位: 2015
世界ランキング最高位:1位
2017年3月末現在:6位
(wikipediaより引用)

今年の7月が来て(2017年)24歳という年例です。

お父さんは上記に消化しましたが、コンピューターソフト関連の仕事していたのですが、これが大のゴルフ好き。

弟さんがお二人、スピースのあとに生まれたとありますから、兄弟は5人なのかもしれないですね。
このお二人とスピース本人を連れて、よくゴルフ観戦に行ったそうです。

ある日衝撃的なことが・・・

ジョーダン・スピースが7歳の時。

ダラスでのバイロンネルソン選手権での出来事。

ミケルソンのボールが、グリーン奥にこぼれてまさに親子の目の前に。

お父さんがミケルソンに

「ショットの邪魔になるでしょうから子供たちをどかせましょうか?」

そしたらミケルソンはなんて言ったか?

「じっとしていられるかい?」

「イエス」(スピースの返事)

そこからミケルソンは、寄せてパー!

そしてスピース本人に

「じっとしていてくれてありがとう」

といったそうな。
父親はその時のスピース本人の様子を

「まるでジョーダンは雷に打たれたような顔をしていた!」

そういってるようです。

この年の7歳の時に、妹のエリーが生まれているようです。

この時から、ジョーダンスピースはゴルフにのめり込んでいくことに。

他の子が映画やプールに行く時も、一日中球を打っていたそうです。

然しスピースは、それにしあわせを感じていたといいます。

然しながら、ゴルフはお金がかかるんですね~

家庭にはジュニアでゴルフを続けるような、そんな余裕はまったくなかったといいます。

そこでゴルフ界での奨学金という制度で、援助を受けることになったのです。

ゴルフを続けるには、そういった選択しか、なかったようですね。

こういう点は、また別記事で紹介しようと思いますが、ジェイソンデイにも相通じるものが、あるような気がします。

正式に言うと

AJGA(米国ジュニアゴルフ協会)とその協力財団「ザ・サンダーバード」

こういう財団が、ジョーダンスピースのような、有望なジュニアに対して、奨学金として資金援助して、くれるんだそうですよ~

日本にはある?
聞いたことないな!

いずれそういうことで、ジュニアではゴルフをやれることに。

その時のコーチがあとで有名になる

「キャメロン・マコーミック」

という方です。


(出典元:http://www.alba.co.jp/tour/news/より引用)

16歳でバイロンネルソン選手権出場とプロへの道!

本人に転機というかチャンスが来たのは、16歳の時。

2010年の時に、マコーミックさんの推薦で、バイロンネルソン選手権に出場できることに。

この試合のコンディションは悪天候!

然しながら、名だたるプロに交じって堂々の

「16位」

周囲はまったくもって驚き!
タイガーの再来だ・・・

っていったかどうかは知りませんが・・・
ちなみに2011年は32位タイでした。

全米ジュニアアマを複数回勝ったのは、タイガーウッズとジョーダンスピースのみです。

しかしタイガーウッズはその上を行く3度の優勝。(やはりウッズは怪物ですね)

そして18歳で高校を卒業して、名門テキサス大学に進学。

しかしここで大問題が。

ジュニア限定だった奨学金は打ち止め!

大学に入った初年度に、数々のNCAA(全米大学体育協会)のタイトルを獲得しても、お金にはならないわけです。

この経済的な困窮から脱するためには、プロになるしかない!

そう思ったんですね~

そこで大学は1年で中退。

その時の本人の弁がありますので紹介します。

「あのころの僕は、それはそれは貧しかった。プロになってマスターズに出ることは子供のころからの夢だったけど、あのころは夢のためではなく、生活費を稼ぎたい一心で、一刻も早くプロになろうと思い立った。失うものは何もない。賭けに出よう。そう思って僕はプロ転向を決意した」

こういう決意だったので、この時点で妹さんの上記のような美談が、頭の中にあったかどうかはわかりませんが・・・

とにかく本人は必至!

そこで問題になったのがキャディーを誰に依頼するか?

そこで真っ先に頭の中に浮かんだのが

「マイケルグレラー」

さんという方。
この方はジョーダンが、2011年全米オープンにアマで出たときに、バッグを担いでくれた方。

紹介してくれたのは親友の

「ジャスティントーマス」

選手です。(最近の活躍で世界ランク8位)
そこでグレラーさんに会って頼んだのですが、それには本人びっくり!

「教師を辞めて自分の専属キャディーになってほしい」

じつはこの方確か高校の教師で、結婚間近!

しかしこの方もすごいですね。
ジョーダンスピースという、この若者のやる気と、そのポテンシャルにかけたんですね~

早速学校に辞表を出して、ジョーダンスピースとの二人三脚が始まったわけです。

プロ宣言は2012年の末。

2013年から本格始動!

とはいってもPGAのメンバーには入れませんし、シード権なんて勿論ないし、スポンサー推薦を期待しても、そんなアマから飛び出した新人にはね~~

期待したのは本人も言ってますが

「希望はスポンサー推薦と、マンデートーナメントからの勝ち抜き戦!」

しかしほとんどは、このマンデーからの勝ち抜き戦です。
プロですから、マンデーからは自由なわけです。

が・・しかしやはり、この方の実力は本物でした!

マンデーで勝ち抜いて、そのトーナメントで10位以内に入れば、翌週のシード権がもらえるわけです。(マンデー免除)
さらに賞金もいただける!

  • ファーマーズ・インシュランスオープン 98
    AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 22
    プエルトリコオープン 2
    タンパ ベイ選手権 7
    シェル・ヒューストンオープン 50
    バレロテキサスオープン 96
    RBCヘリテージ 9
    チューリッヒクラシック 119
    ウェルズファーゴ選手権 32
    HP バイロンネルソン選手権 68
    クラウンプラザインビテーショナル 7
    ザ・メモリアルトーナメント 63
    全米オープン 124
    AT&Tナショナル 6
    グリーンブライアークラシック 23
    ジョンディアクラシック 優勝

上記は、2013年の初めからの、年での成績の推移です。
ファーマーズ・インシュランスオープンから始まってるわけです。

10位以内に入ると、翌週の出場権で、ツアーを戦ってきて、7月のジョンディアクラシックで初めての優勝!

これでマンデーとはおさらばで、しかも翌年のシード権も、しかもマスターズの出場権(優勝者権利)も一気につかみ取ったんですね。

勿論PGAの正式メンバーにも、なったわけです。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/news/pga/より引用)
そして翌年のマスターズでは優勝!

しかもタイガーウッズに並ぶ18アンダーでの、史上最少スコアでの優勝でした。

同じくその年の全米オープンにも優勝。

メジャー二冠を達成!

しかし昨年のマスターズでは、12番のアーメンコーナーで、まさかの池ポチャに初で、沈みました。

もう誰しもが、ジョーダンスピースの連覇!

そう思ってました。

でも今年、また期待してみましょう!

然しキャディーの「マイケルグレラー」さん

すごい決断でしたね。

同じような美談が、トムワトソンのキャディーさんにもありましたね~

スポンサーリンク

ジョーダンスピースのまとめ

ジョーダンスピースの生い立ちや、ゴルフを始めたきっかけや、家族などのついて書いてきました。

妹さんは生まれつき障害があって、数年は一緒に暮らせなかったようです。

ジョーダンスピースは、そういった方たちのために

「ジョーダン・スピース・チャリティ基金」

を立ち上げて、社会に貢献しています。

さてここまで、ジョーダンスピースを成功に導いたものって、何でしょうか?

他の記事でも書いたことがありますが

「ボビージョーンズはマッチプレーが弱かった!」

しかし当時は勝負はマッチプレー!

ストロークはめっぽう強かったジョーンズも、マッチプレーは勝てなかったそうです。

しかし・・・

1920年の全米オープンで、あこがれの

「ハリーバードン」(バードントロフィーはこの方の名誉)

と同組でラウンド。
ボビージョーンズは、固まってしまった・・かどうかは知りませんが・・

その時のプレーがもとであの有名な言葉・・

「アンクルパー」

という理論を導いたといいます。

それからはボビージョーンズは破竹の勢い!

まさに球聖でした

ゴルフって周囲は関係ない、自分との闘いなんだな!

クラブセッティングですが、私の他記事で紹介しています。

下記です。

ジョーダンスピース(2017)ドライバーとパターは?クラブ契約先も注視!

パターですが、パターは、スコッティーキャメロンの009プロトタイプですが、これは15歳の時から、使用してるんだそうです。

小さいから憧れだったアダム・スコット、ジェフ・オギルビーが同じモデルを使用していたのが、きっかけなんだそうです。

皆さんは、人生で追い込まれたことがありますか?

しかも人生をかけた、岐路という点で。

これを乗り越えた方はやはり、強いんでしょうね~~

タイトリストpro v1ボール価格比較はこちら

以上長々と書いてきましたが・・・このへんで・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る