リディアコ(2017)ドライバーとパターは?飛距離とクラブ契約先も注視!

「リディア・コー」プロが、2017年よりクラブ契約先を

「PXG(Parsons Xtreme Golf)」

と契約したようです。
以前はキャロウェイでしたが、今期よりPXGに変更、ということのようです。

現在、世界ランキング「1位」の「リディアコ」プロですが、何かいいものがあったんでしょうね。

ではリディアコの、クラブセッティングの2017年版を、見ていこうと思います。

気になるのはやはり、ドライバーとパターですが・・

その前に、「PXG(Parsons Xtreme Golf)」というメーカーは、なじみが薄いので、そちらのメーカーも、わかる範囲で紹介します。

スポンサーリンク

まずこのリデア・コープロのPXGの、キャップをかぶった写真ですが、似合ってると思いませんか~

かっこいいね!

世界ランク1位の貫禄を感じるね。

PXGのクラブを見てみると、ちょっと独特ですね。

では「リディアコ」プロのクラブセッティングを見ていこうと思います。


(出典元:https://www.pxg.com/ja-jp/より引用)

リディアコのクラブセッティング・ドライバーとパターは?

下記に今季2017年の、「リディアコ」プロのPXGとの、契約セッティングを紹介します。

ドライバー:PXG 0811X プロトタイプ、ロフト9°
シャフト:グラファイトデザイン Tour AD TP 4 S、45.75インチ


(出典元:https://www.pxg.com/ja-jp/clubs/より引用)

FW(#3):PXG 0341 3ウッド、ロフト15°


(出典元:https://www.pxg.com/ja-jp/clubs/より引用)

FW(#5):PXG 0341 5ウッド、ロフト18°

ハイブリッド:PXG 0317 Hybrid、ロフト22°


(出典元:https://www.pxg.com/ja-jp/clubs/より引用)

ハイブリッド:PXG 0317 Hybrid、ロフト25°

アイアン:PXG 0311 Xtreme Dark Irons #5-9、pw


(出典元:https://www.pxg.com/ja-jp/clubs/より引用)

ウェッジ:PXG 0311 Milled Dark Sierra Wedges、ロフト53°、58°


(出典元:https://www.pxg.com/ja-jp/clubs/より引用)

パター:PXG Gunboat、33.25インチ


(出典元:https://www.pxg.com/ja-jp/clubs/より引用)

とこんな感じなのですが、「リディア・コ」プロはすべて黒「DARK」で統一しているようです。

かっこいいですね。
黒のヘッドが、精悍です。

「リディアコ」プロのドライバーはPXG 0811X プロトタイプ、ロフト9°

まずはシダインプレッションの動画があったので、張っておきます。

ちょっと英語で・・という方は翻訳機能があるようなので、使ってみてください。

(PXG 0811 Driver )

(出典元:Mark Crossfieldさん試打動画より引用)

この精悍なマスクですが、ソール部分に16個もの脱着可能な、ウェイトと調整可能なホーゼルの組み合わせで、最適化することが可能だということです。

確かに他メーカー、例えばキャロウェイや、テーラーメイドやタイトリストも、調整は可能ですが、ウェイトの位置は数か所にとどまります。

PXGのクラブは、アイアンでも複数のウェイトでの調整が可能で、これまでの思考が、すっ飛んでしまいそうです。

さて・・これがいいことなのか・・悪いことなのか・・いた悪くはないよね!!

しかし価格は高いね。

然しこれ一本で完結するなら、もしかしたら高い買い物でも、結果的には安い??

そう感じる方もいるかもしれないです。

何しろ弾道も調整できるという、設定ですからね~~

PXG 0811 ドライバー

気になる飛距離ですが、ゴルフダイジェストのデーター紹介では

「248ヤード」(79位)

という数字です。
最高に飛ばす、「レキシートンプソン」プロは271ヤードですから、30ヤード近く置いていかれても、ランキングは1位なんだよね~

やはり飛距離ではないんだな!

そこそこ飛んでれば、あとはグリーン上の勝負!!

リディアコープロの使用パターはPXG Gunboat、33.25インチ

形状は写真の通りですが、テーラーメイドに似たような形状が、あったような気がします。

が・・これも最大の違いは、バランスがウェイトで、調整できるんですね。

形状はマレットタイプで、まっすぐに引き出せそうです。

然し・・道具の追求というのは、終わりがないですね。

pxg ゴルフ パター価格比較はこちら

「PXG(Parsons Xtreme Golf)」はどんな会社(メーカー)?

PXGというゴルフクラブメーカーは、ちょっとなじみがないので、調べてみました。

おおよそ下記のようです。

  • 1:創業者はボブ・パーソンズ氏という方で大富豪(ビリオネア10億ドル以上)
    2:2014年アメリカアリゾナ州スコッツデールで設立
    3:エンジニアとして元PINGのクラブディレクターも参加(創業者として)
    4:日本の輸入元はグランドヒルズ株式会社
    5:日本で30か所の販売店を用意する!
    6:PXGブランドのボールも開発中

とまあこんな感じのようです。
PXGの「Parsons」は、自分の名前からとってつけた、ということのようです。

また「extreme」というのは極限とか、最も優れた・・そんな意味があるようです。

ですから思うに、ゴルフクラブメーカーの中で、最も良い商品を追求!

そんな意味もあるのかも、しれないです。

「ボブ・パーソンズ氏」はどんな方?

調べてみたら驚きました。

この方は世界NO1のドメインを管理する、ホスティング会社の米国「GoDaddy社」の創設者で、CEOの方だそうです。

では俺のドメインもここか?(よくわかりませんが・・)

そのボブ・パーソンズ氏が、いくらお金をかけてもいいから、自分に合ったゴルフクラブを作りたい!

ということでPINGのエンジニア2名を、迎えて作った会社が「PXG」なんだそうです。

お金がある方は、何でもできるんだな~~なんてね!

現在のクラブ契約をしているプロは今HPで確認したのですが

「17名」

いらっしゃるようです。
有名どころでは

  • 「リディア・コ」
    「ライアン・ムーア」
    「ザック・ジョンソン」
    「クリスティ・カー」
    「ジェームズ・ハーン」
    「Charl Schwartzel」

などなど・・
大物がそろってますね。

スポンサーリンク

「リディアコ」プロのクラブセッティングまとめ


(出典元:wikipediaより引用)

「リディアコ」プロのクラブ契約先は、2017年よりキャロウェイ社から

「PXG(Parsons Xtreme Golf)」

に変更になりました。
クラブセッティングは、上記に紹介しました。

「PXG(Parsons Xtreme Golf)」

という会社も、上記に概要は紹介しましたので、参考にしてください。

PXGの使用契約プロで、ジェームズ・ハーンプロと、ライアン・ムーアプロがPXGクラブ使用で、勝利を挙げたようですね。

日本でも使用プロが、出てくるかもしれないです。

しかし思うに・・

今やゴルフクラブのメーカーは、撤退方向ですよね~

ナイキは売りに出ていますし、テーラーメイドも親会社のアディダスが、同様に売却の方向です。

しかしその売却先がない!

ナイキはもしかしたら、タイガーウッズが買うかも・・

ガセネタでした~~

しかし昔の話ですが・・・キャロウェイゴルフが出てきたときも、こんな感じだったような気がします。

クラブのコンセプトも、デザインも斬新でした。

何しろデカヘッドの走りですからね~

グレートビッグバーサは、デカヘッド!

大ヒットでしたよ。

アイアンも低重心の、キャビティーバックの奔りでしたね~

「S2H2アイアン」

買いましたよ!
一本3万円以上するアイアンですよ~

もう忘れたけど・・確か10本セットで35万くらいしたような・・

私はそれを買って使ってましたよ~~

10年ほど使いました。

それからミズノの今の軟鉄です。

あの時のキャロウェイの勢い!

くしくも当時、アニカソレンスタムが契約プロで、まさに破竹の勢い!

なんか「リディアコ」プロと重なります!

ANAインスピレーション2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

今週は「ANAインスピレーション」ですね。

リディアコは昨年の優勝者で、ディフェンディングチャンピオン!

今年はいっそのこと・・連覇行ってみましょうよ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る