キングコング(2017)ストーリーとあらすじの結末は?ラストのネタバレ!

『キングコング 髑髏島の巨神』

が、3月25日から公開されます。
これは絶対に観に行きたい、映画の一つですね。

全編ががクライマックス・・と銘打ってるようですが、予告編を見る限りは、期待できそうです。

ではどんなストーリー、あらすじなのか、ちょっと気になったので、調べてみました。

主演は「トムヒドルストン」監督は「ジョーダン・ヴォート=ロバーツ」さんです。

スポンサーリンク

監督の「ジョーダン・ヴォート=ロバーツ」さんは、70年代の映画をこよなく愛しているのだとか・・

主人公の「コンラッド」の名前はおそらく、地獄の黙示録の作者の「ジョゼフ・コンラッド」から取ったのだと、推察されるとか。

確かに予告編を見ると、あの地獄の黙示録のシーンに、すごく似ています。

え??地獄の黙示録ってしらない???

年代によってはかもなあ~~

(映画『キングコング:髑髏島の巨神』日本版予告編)

(出典元:ワーナー ブラザース ジャパンより引用)

映画2017キングコング 髑髏島の巨神のあらすじ!

キングコングが住んでいたのは南太平洋の孤島“スカル・アイランド(髑髏島)と言われる島!

う~~ん

実際にまだ未知の島って、あるのかな~

ってこのお題目を見て思ったのですが、あるのかもしれませんね。
まあ・・ここはそういうことで。

あらかじめ、生物学者、カメラマン、特殊部隊員などが構成されていったのですから、事前に何らかの生命を探す・・

そういう意図があったのだと思います。

が・・そこは生命体どころか、人間が決して足を踏み入れてはいけない、そんな島だった。

その島にいたのは絶対君主の

  • 「キングコング」
    「様々な怪獣」

怪獣の類は、恐竜時代の生き物のような気がしますが、もしかしたらその絶滅したはずの恐竜のある種が、その島にだけ生きながらえていた!

そんな想定もあり得ますね。

そこの乗り込んだ人間は、その絶対的君主のキングコングを、怒らせてしまった!

さあどうする?

予告編を見る限りは、えらいこっちゃあ~~

ですよね。
さて島から脱出できるのか?

そこが見所かと思います。


(出典元:http://beagle-voyage.com/より引用)

映画2017キングコング 髑髏島の巨神の結末の予想!

さて結末ですが、私はまだ見ていないので、わかりません。

まずわかる方はいないと思いますが、(先行で見た方は別ですが・・)なので予想してみようと思います。

ここで参考になる事例があるのです。

なに?

今後の撮影予定ですよ~~

2019年に『Godzilla 2』
2020年には『Godzilla vs. Kong』

この二本は、すでに「レジェンダリーピクチャーズ」から作成の予定が、アナウンスされてるんだそうです。

っていうことは、一連のこの映画のストーリーが、つながっていると思っても、何ら不思議ではないかと。

ですから、次につながる終わり方でないと、まずい??

なんとなく、そういう気がするのですが。


(出典元:ワーナー ブラザース ジャパンより引用)

キャストも、主役級は生きていてもらわないと、困るかもしれません。

私の勝手な推測ですが、その辺を考慮しながら鑑賞すると、なかなか楽しめるかもしれません。

って私は思うのですが、皆さんは如何ですか~~

スポンサーリンク

映画キングコング 髑髏島の巨神のまとめ

これは楽しみな映画です。

キングコングは、本作で通算で8作目と、いうことのようです。

ところでキングコングって、生みの親は誰だっけ?

調べたら1933年に最初のキングコングがアメリカで作られてるようです。

そのまんま

「キングコング」

という映画のようです。
思い出しました・・

美女アンを抱いて、エンパイア・ステート・ビルに上る姿が印象的なあれです!!


(出典元:wikipediaより引用)

ということで今度はゴジラですが、ご存知の通りゴジラは東宝が最初です。

1954年に東宝映画で誕生したようです。

歴史を感じますね。

前述したように、今後の予定では

2019年に『Godzilla 2』
2020年には『Godzilla vs. Kong』

が予定されてるようです。
キングコング対ゴジラは、東宝で一度製作されてますが、それは1962年のことです。

えらい昔ですね。

さて現代版はどういう設定になるのか?

それも楽しみですね~~

まずは、今回の『キングコング 髑髏島の巨神』を楽しみましょう!

見てきたら、感想なども書いてみようかと思います。

キングコング 髑髏島の巨神原作はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る