平祐奈のCMのギャラの合計はいくら?年収(月収)も気になる!

平祐奈さんのCMのギャラの合計は、いくらか推定してみました。
年収(月収)が気になるので、およそですが予想してみました。

きょうだいは6人で、兄が4人で姉(愛梨さん)一人の末っ子です。
太眉のラインがすごくかわいいと評判ですね。

ブログでは母親のことも書かれていて、あったか家族が印象的な17歳です。(2016年現在)
事務所は株式会社ピーチの所属のようです。

スポンサーリンク

平佑奈さんは、ポカリスエットやJR東日本などのCMで、頻繁にテレビで見るようになりましたね。

母親との約束の太眉のラインが、今やトレードマークでとてもかわいいですね。

今月8月20日には映画 「青空エール」 が公開されます。

平佑奈さんのCM本数が結構な本数になってるという話題です。

yuna
(出典元:http://wpb.shueisha.co.jp/より引用)

平佑奈さんのCMランキングは何位?

今年上半期のCMタレント起用社数ランキングなるものが発表されたのですが、なんと平佑奈さんは

「7社」 だそうです。

この7社というのは第6位ということですごいですね~

1位はマツコ・デラックスで12社といいますからこれは別格のデラックスですね。

7社の内訳ですが・・

「大塚家具」
「大塚製薬」
「片倉工業」
「ベネッセコーポレーション」
「ミサワホーム」
「JR東日本」
「ワイモバイル」

大手どころの「JR東日本」がすごいですね。
ここはシリーズもの、で同じタレントさんで継続する傾向があるので、当分続くかもしれません。

平佑奈さんはイメージ的には爽やかで清楚な感じがあふれていますから、これからどんどんイメージガールとして、CMには売れていくんだと思います。

さてそこで気になるのが、我々一般人が気にする

「ギャラ」

です。

いったいいくら稼いでいるんでしょうか?

わかりません!

って言ったら終わってしまうので、推測してみました。
これはあくまでも私の推測ですから、それなりに・・

そこで参考になるのが、ほかの女優さんの一本当たりのギャラですが・

もちろんそのタレントさん、女優さんの知名度や貢献度にもよって違ってくると思うのですが、それなりに。

例えば堀北真希さん

一本当たりで2500万前後だそうです。

マツコ・デラックスさんは
一本当たりで3000万くらいということですね。
さすが売れっ子で効果が期待できる分高いのかな?

ところがもっと上手が・・・
有村架純さんで行くと一本あたりがなんと・・

「5000万」前後・・

ハア・・ため息が出ます。

私の年収の何年分だ?
1?年分・・恥ずかしくナタ・・


(出典元:MISAWAhomesTV 公式チャンネルより引用)

平佑奈さんのCMのギャラと年収の推定金額は?

ということであくまでも推測ですが、堀北真希さんまで行かなくても最低の線でも

「2000万以上」(これ最低の線でしょうね)

かと思います。

ということは7本なので

「1億4000万」

ですね~~

仮に3000万なら2億1000万ですが、そこは推測ですから、最低でも上記の金額かと思います。

まあそれ以上ですかね。

ぶっちゃけ平佑奈さんの年収はいくらなの?

今年の上半期のCM契約が、そのまんま今年の年収になるかどうかは別にして、(支払期日とか、事務所との契約の関係もあるでしょうから・・)仮に無視したとして、今のCMが反映されたとしての仮定です。

さて事務所のピーチではいくら手数料としてとるのかなあ~
税金は別としてそこが問題ですよね。

CMの契約金がすべて入るということはないでしょうからね。

でもどう見ても

「1億円」

はありそうですね。
それとそのほかの、事務所からのお給料も入るでしょうから(給料制なら)それがいくらかはわかりませんが、しかし1000万ということはないでしょうね~~

普通に考えれば!

具体的に本人が話すことなんてないことですが、私の勝手な下馬評での想像の域ですが、普通に考えればそうなると思います。

皆さんはどう思いますか~~

スターの、タレントさんや売れっ子CM女優さんの懐具合を想像するなんて、怪しからんと思うでしょうが、まあそれはそれで勝手な評論ということでお願いいたします。

しかし平佑奈さん姉の平愛梨さんを超える日も近いかもしれませんね。


(出典元:東宝MOVIEチャンネル 公式サイトより引用)

今月8月20日には映画

「青空エール」

が公開されるようです。
来年には

「きょうのキラ君」 や

「キセキ ―あの日のソビト―」

などの映画も公開されるようなので女優さんとしても活躍の幅が広がっていくようですね。

女優としても活躍期待してますよ~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る