X JAPANのPATAが回復した大腸憩室炎って?併発の門脈血栓症も!

X JAPANのPATAが回復した、大腸憩室炎ってどんな病気なの?
その際に併発の門脈血栓症も、どんな病気か気になる!

全く聞いたことがない病名ですが、回復して元気になられて本当によかったです。
ステージでのパフォーマンスが楽しみですが、初めて聞く病名だったので調べてみました。

スポンサーリンク


X JAPANのギタリストのPATAが、今年1月15日に都内の病院に緊急入院して、集中治療室での治療を受けていましたが、今回何事もなく復活したようです。

途中入退院と手術があったようですが、回復して本当によかったです。

X JAPANのギタリストと言えば

「HIDE」

のイメージが本当に強いんですが、本当に回復してよかったです。
無事退院したようで今月の11日に

「工事完了! 退院しました。応援してくれてる皆さん、ありがとう! 心配かけてスンマセンでした」

というコメントを自身のフェイスブックで発表したようです。
本当によかったです。

途中一度退院したのですが、再度の手術で工事が完了したようでなにより!

10月には

『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016』

があるのでそこで復活ステージとなるようですね。
ファンは待ちきれないですね。

大腸憩室炎と併発の門脈血栓症ってどんな病気なの?

ところでPATAが患った病気で

「大腸憩室炎と併発の門脈血栓症」

これってどんな病気なんでしょうか?
私もそろそろ健康に注意してドックなんかも受けているんですが、聞きなれない病気で気になるので調べてみました。

大腸憩室炎とはこんな病気のようです。

これは私も知りませんでした。
大腸と聞くとポリープかな?
なんても思ったのですが、全く違いましたね。

写真の場所です。

keisitu
(出典元:http://cmedicalcenter.net/より引用))

憩室とは、大腸の壁が袋状に外に飛び出すことでできる、えくぼのようなものです。

この部分は外に飛び出してる分、弁の通りが悪くなるということで、そこに細菌が繁殖して炎症を起こした状態が

「憩室炎(大腸憩室炎)」

というようです。

難しいことは専門に調べていただくとして、ここでは症状はどのようなものかを調べてみました。

  • 微熱
    下腹部痛
    圧痛(押されると痛い)

この三つが典型的な症状と言われるようですね。
まあ端的に言えば

「腹痛」

だと思います。

スポンサーリンク

門脈血栓症とは?

これはチョトしんどそうな病気ですね。
肝臓に起因する病気のようです。

詳しくは専門サイトを参照することをお勧めしますが、ここでは簡単に紹介します。

写真のように肝臓に入る動脈と静脈の間にある血管のことを

「門脈」

というようです。

kankinou
(出典:kankinou.netより引用)

この門脈の役割は、

消化管から吸収した栄養成分や代謝産物などを肝臓で処理するために肝臓に運ぶ特別の輸送路

ということのようです。
この門脈は詰まる病気のことを門脈血栓症よ言うのですね。

門脈血栓症の症状は?

困ったことにこの病気は、殆どの場合が症状がないそうです。
これは困ったことですね。

気が付いた時には大問題に・・

そう言うことが多いのでは?

そんな気がします。
但し出血があった場合は、吐血や黒タール状の便が出るということなので、この辺は常に注意しておきたいですね。

まとめ

X JAPANのギタリストのPATAの病気は結構な難易度の高い病気でしたね。
どちらの病気が軽いかなんて言えない病気のようです。

いつまでも元気で「HIDE」の分まで弾いていてほしいですよ~~

アメリカの本家の「X」を模した「X JAPAN]が誕生した時は本当に驚きましたよ~~

その時から私は見てきていますから、元気でいつまでもコンサートでパフォーマンスを見せてほしいと思います。

それでは皆さん気の短いファンは、10月が待ちきれないでしょうが、自分で勝手にカウントダウンしてテンション上げていきましょう!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る