ネット炎上保険の評価と評判は?内容とこの商品は成功するか検証!

損害保険ジャパン日本興亜が企業向けですが

「ネット炎上保険」

なるものを販売するそうです。

保険料は、年間で「50~60万円」で、補償限度額は「1000万円」ということです。

ネットでSNSが炎上するというのは、芸能人や一部の有名人、だとばかり思ってましたが、確かに企業でも炎上はよく聞かれますよね。

さてこのネット炎上保険って需要があるのかな?

それと個人向けの、「ネット炎上保険」の販売の可能性についても、自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

ネットで炎上するとはどういうこと?

って言うまでもないですよね。
個人のブログコメントや、ツイッターでの拡散、などのことを言うと思うのですが、これよく聞きますよね~

あとは今回の企業向けですが、企業のHPなどへの書き込みで、炎上するというのも、よくあることのようです。

ネット炎上保険の補償内容は?

ではその「ネット炎上保険」の補償内容について、書いてみようと思います。

どんな保証をしてくれるんでしょうか?

これ興味あるよね!

まずはネット炎上が起きた・・ここからです。

まずは認定の作業があると思うのですが、ここではまずネット炎上だ・・そう仮定します。

まずは炎上の拡散防止と原因究明を行いますが、そのための行う、コンサルティング会社に支払う費用を、保障してくれるようです。

それには報道機関や、メディ対策などの費用も含まれるようです。

で・・そのためのコンサルティング会社って、そうそうあるものではないですが、、この損害保険ジャパン日本興亜の場合は

「エルテス」と「SOMPOリスケアマネジメント」の、この2社が対応してくれるということです。(これは評価したいですね)

う~~ん

炎上の拡散防止って、どういうことを行うのかな~~
なんて考えてみましたが、私にはトンとわからないです。

ネット炎上保険適用の具体例と気になる保険金はいくら?

では具体例がありましたので、ニュース記事から、引用させていただきました。

・企業の従業員がツイッターで投稿した写真に、個人情報が写り込んでいたケース。
・不動産仲介業者の従業員が「有名人が来た」などと来店者の情報をツイッター上にあげたケース。
・飲食店店員の不衛生な行為が、ネットで騒動になったケース。
・従業員の不注意な投稿で、内部情報が漏えいしたケース。
・従業員のプライベートな投稿でも、企業と紐付いたかたちで批判が集まった場合。
・商品に異物が混入していたことがツイッター上で実況中継されて、企業対応の内容にも批判が寄せられるケース。
・企業のサービス内容や価格に不満を持ったユーザーがブログで取り上げ、ネット上で拡散したケース。

この事例見て思たのですが、確かによくバイトが冷蔵庫に横たわって、ふざけて撮った写真が拡散・・

これよくありましたね。

ビジネスホテルや、観光ホテルなどの有名人が来た・・こんな書き込みもよく見るパターンかと。

あとこの間のディー・エヌ・エー(DeNA)のまとめサイトですよね~~

あれはちょっと…
医療関係のまとめのキュレーションサイトですが、書いていたのが一般の方だったり・・

そんなのありかな~~、なんて私は思いましたが、ちょっと…でしたね。

あのケースも対象になると、いうことのようです。

ネット炎上保険の保険料と補償額はいくら?

この新商品発表のニュースによると年額で

「50~60万円」

ということのようですね。
そんなに高くはないようです。

できになる保証額は(支払い限度額)

「1000万円」

ということです。

通常こういうネット炎上の場合は、さてどこに頼んだらいいのか?

真っ先に、このことで悩むと思うのです。

この商品の場合は、すでにコンサルティング契約してる、2社が対応するのでスピード感は、抜群だと思います。

この件については評判はいい評価をを取れると思います。

保険料も企業が支払う金額としては、そんなに高いという感じでは、ないように思いますが、さてどうでしょうか?

ネット炎上保険の個人向けの販売はあるか予想してみた!

さて個人向けの「ネット炎上保険」が、発売されるかどうか?

この場合の個人というのは、私のような個人のブロガーが対象??

まあそういう方も、あれば入る方もいるかもしれませんが、私がここで想定するのは

「有名人」

の類の方たちのことです。

例えば芸能人個人の方。
いつかあのベニオクで炎上した例とか・・

テレビでの発言で炎上した・・とか・

あとはコメンテーターとか、キャスターとかの方たち。

でも考えてみれば、こういう方にしても事務所があって、契約してるわけですから、個人事業主の方もいれば、所属の事務所が対応する場合もありますから、ある意味法人(企業)と言えるのかな?

なんても考えてみました。

でもテレビにしょっちゅう出てる方の、保険的なリスクって企業向けよりは、かなり上がりそうな気もするのですが、皆さんはどう思いますか~

企業が炎上する確率と、芸能人などの有名人の方が炎上する確率って、かなりの差があるような気がするのですが。

まあ・・これは私が勝手に考えたことですから、適当に読んでくださいね!

スポンサーリンク

ネット炎上保険のまとめ

ネット炎上保険の販売先は

「損害保険ジャパン日本興亜」

になります。
発売は3月6日からのようです。

対象は企業向け。

対象事例とコンサルティング会社当の説明は上記を参照してください。

保険料は年間で「50~60万円」

保険の支払限度額は「1000万円」

私が思った疑問点は有名人や、芸能人やタレントなどの対象は、どうなるのか?

これはちょっと、気になりました。

事務所所属といえば、やはりこれも企業という解釈もできる?

などと考えてみたりしました。

あとはブロガー対象とか・・
これは完全に個人ですよね。

いろんな保険商品が出てくるんですね。
世の中が変化していけば、それに対応した保険商品が出てくる、そんな感じでしょうか?

世の中変わったな~~

コース予約は楽天GORA

注:本記事はニュース記事からの抜粋です。保険料や補償内容は、3月3日時点でのニュース記事の内容を、引用させていただきました。保険料は実際の契約時と異なる場合があるので、おおよそで見てください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る