東北露天風呂付の秘湯温泉でお勧めはどこ?絶景ランキング10選!

東北の温泉で、源泉かけ流しで、しかも露天風呂がある秘湯と呼ばれる温泉を、選んでみました。

私が実際に行った温泉もあります。

露天風呂から見た風景はどこも絶景ですが、しかし気分が最高になるのも、これもまた露天風呂ですよね~

東北にはたくさんの温泉があります。

皆さんは温泉好きですか~~

スポンサーリンク

秘湯かどうかは、わかりませんしかし名湯なことは、間違いがありません。、

日本人ほど温泉が好きな人が、集まってるお国もないかと思います。

勿論私も温泉大好きです。

「今度の休みどっか行く?」
「じゃあどっか温泉でも行かない?」

これが普通の私らの夫婦の会話に近いかも。

新玉川温泉/秋田県

ここは昔からとても有名な温泉です。
一時期ある特定の病気の効能が、宣伝されてましたが、真意のほどはわかりません。

が・・やはり口コミで、そういった効能を求めてくる方が多いようです。


(出典元:http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/より引用)

ただ、温泉のお湯は、もちろん源泉100%のかけ流しで、秘湯中の秘湯と言えると思います。

岩手県ならここはまず外せないと思います。

お湯の特徴は、日本一と言われる強酸性の

「ph値は1.2!」

刺激が強い泉質で、貴金属類にはちょっとよろしくないようです。
この辺はちょっと注意を要するようですよ~~


(出典元:http://ponpare.jp/hotel/akita/akita/より引用)

源泉は摂氏98度と言いますから、ほとんど沸騰水ですね。
量は毎分9000リットルだそうですよ~~

一か所の量としては日本で最大!!
幅3メートルの湯の滝だといいますから、これはすごいです!

新玉川温泉はバリアフリーも充実で、冬場は雪上車で本家の球が温泉にも行ける、ツアー(?)気分も・・

岩盤浴も有名

玉川温泉では、岩盤浴も有名です。

然し悪天候時は中止になったりする場合もあるようなので、ちょっと注意が必要ですね。


(出典元:http://www.jiyujin.co.jp/onsen/より引用)


(出典元:http://s.webry.info/sp/arbustes.at.webry.info/より引用)

私は地元ではないですが、お隣の宮城県なので、何度か行ったことがありますが、とてもいい温泉ですが、やはり弱酸性という珍しい泉質のために、注意が必要です。

住所:秋田県仙北市田沢湖玉川字渋黒沢2番地先
電話:0187-58-3100
アクセス:車以外;JR田沢湖駅下車→路線バス玉川温泉行きにて約70分→新玉川温泉前下車
車:東北自動車道~盛岡IC~R46を田沢湖方面へ、R341を八幡平方面へ約100分

新玉川温泉予約はこちら

須川温泉/岩手県

4県にまたがる栗駒さんの、岩手県側にある温泉です。

ここは個人的にも大好きな温泉です。

すぐ隣に「栗駒山荘」という温泉もあって、そこは宿泊もできるので、いいところです。

我が家のおふくろさんは毎年ここに宿泊して、温泉を楽しんでます。


(出典元:http://www.sukawaonsen.jp/より引用)


(出典元:http://www.sukawaonsen.jp/より引用)

今回は須川温泉ですが、ここは昔からある温泉です。

ここの特徴は、なんといっても源泉かけ流しはもちろんですが、湯の花(硫黄分)が固まってこんな光景も!

昨年行ったときに撮った写真を何枚か、掲載します。

温泉内はカメラがちょっと心配で・・取りませんでしたが、こんな感じです。(HPより)

天然蒸し風呂(ふかし湯)

この温泉からちょっと上に歩いて行ったところにあるのですが、天然蒸風呂(ふかし湯)というのがあるのです。


(出典元:http://www.sukawaonsen.jp/より引用)

ここはでもちょっと入り方というか、なかなか注意が必要なので、長い時間はお勧めしません。

私も、ここは入ったことがないのです。

アクセスについて

一関インター(R342)より、所要時間約80分
築館インター(R398)より、所要時間約80分
十文字インター(R342)より、所要時間約80分

電車なら
一ノ関駅~須川温泉(岩手県交通・定期バス)所要時間約90分 料金:1,450円

私が好きなルートは築館から、花山をかかっていくルートの景色が大好きです。

秋は絶景です。
こんな感じの風景ですよ~~

冬の間はクローズです。(雪深くて通行止め)

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉/秋田県

乳頭温泉は、秋田県仙北市田沢湖にある温泉で、7つの宿があります。

その中でも人気で、景色がいいのは

「鶴の湯」

かと思います。


(出典元:http://www.nyuto-onsenkyo.com/tsurunoyu.htmlより引用)


(出典元:http://www.nyuto-onsenkyo.com/tsurunoyu.htmlより引用)

ここのいいところは夜の風景ですね~~

このランプの明かりが何とも、旅情感を誘います。
秋田県の田沢湖という処ですから、当然冬は雪が深いです。

そして秋田と言えばやはりかまくら!


(出典元:http://www.nyuto-onsenkyo.com/tsurunoyu.htmlより引用)

ここでは冬になると、このかまくらも体験できるようです。

美しくライトアップされて、とてもいい風情ですね~~

リピーターが多数で、一度行ったら二度,三度と足を運びたくなる露天風呂です。


(出典元:http://www.nyuto-onsenkyo.com/tsurunoyu.htmlより引用)

アクセス
所在地:秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50
電話:TEL: 0187-46-2139

電車
東京駅より2時間50分
仙台駅より1時間16分
盛岡駅より35分
秋田駅より57分


東北自動車道盛岡ICより約1時間
秋田市から約1時間30分

乳頭温泉予約はこちら

松川温泉 峡雲荘/岩手県

松川温泉 峡雲荘は、岩手県の八幡平国立公園の中にあります。

従って秋は特に絶景です。


(出典元:http://www.kyounso.jp/より引用)

冬もスキーが楽しめていいところです。

ここの温泉の特徴は、このページで紹介してるpン戦はすべてですが

「源泉かけ流し」

です。
そしてお湯の色ですが、少し青みがかった乳白色という、一風変わった色をしています。


(出典元:http://www.kyounso.jp/より引用)

周辺はもちろん自然を満喫できる、ブナやナラの原生林に囲まれてます。

いいところですね。


(出典元:http://www.kyounso.jp/より引用)

驚いたことに、源泉は無色透明なんだそうですよ~~

それが外気に触れたとたんに、乳白色のこんな色に変化するといいますから、すごいですね~~

自然の力を感じます。

アクセス
電車バスなら

JR東北新幹線盛岡駅東口→岩手県北バス乗り場松川温泉行きで約1時間50分、終点下車、徒歩すぐ

自家用車
東北自動車道松尾八幡平ICから約15km 約25分

花巻大沢温泉/岩手県

花巻の大沢温泉には何度か行ってます。

泊まったお部屋が、渓流沿いでとても感じのいいお部屋でした。

湯治客と廊下をまたいで行ける作りになっています。(私が止まった部屋は・・)

そこから露天風呂に行くのですが、川沿いでとても景色が良かったです。

私が行ったのは湯治屋という処の露天風呂です。


(出典元:http://www.oosawaonsen.com/touji/より引用)


(出典元:http://www.oosawaonsen.com/touji/より引用)

宿泊は「山水閣」というところに泊まりました。

ここまで来たらやはり露天風呂は、入ってみないと・・

そう思っていってみたら、なんと川沿いで向こう側に道路を歩いている人が見えるんだな~

まあそういうところです。


(出典元:http://www.oosawaonsen.com/touji/より引用)

説明では

これぞ大沢温泉名物!

混浴露天風呂「大沢の湯」

だそうです。
確かに混浴でした。
(女性専用時間が設けられているようです。)

アクセス
新幹線
新花巻駅よりタクシーで35分
JR花巻駅よりバスで30分


東北自動車道花巻南ICより15分

幹線上からは、意外と近いので交通の便はいいです。

花巻大沢温泉予約はこちら

鳴子温泉/宮城県

日本国内の温泉の泉質は、11種類なんだそうです。
そのうちの9種類が、ここ鳴子温泉で体験できます。

従って温泉の数は、いっぱい!

大中小のホテル旅館がひしめいて、古きから新しき大物件まで、いっぱい!

ぜひ選んで楽しんでください!

鳴子温泉は私の地元です。
色んな温泉があります。

ここで日本にある温泉の種類のすべてが体験できる!

そうも言われてるほど、泉質は豊富です。


(出典元:http://www.hotespa.net/hotels/kissho/より引用)

昨年10月のオープンした

「鳴子温泉 湯元 吉祥」

を紹介します。


(出典元:http://www.hotespa.net/hotels/kissho/より引用)

ここはオープンしたばかりの新しい温泉旅館です。


(出典元:http://www.hotespa.net/hotels/kissho/より引用)

天然温泉かけ流しの大浴場と露天風呂と、無料の貸し切り風呂が4つもある温泉旅館です。

新しいので、お部屋もとても綺麗ですね。


(出典元:http://www.hotespa.net/hotels/kissho/より引用)

温泉旅館で一泊して、おいしいものを食べて・・そういう方にはベストなチョイスかと思います。

ただ私の本当のおすすめは、私も会員になっている

「農民の家」

です。
ここは全くきれいではありません。
が・・しかし世にも珍しい温泉があるのですよ~

「炭酸泉」

の温泉です。
これはぬるいです。

入った瞬間ぬるくって、水に入った感じなのですが、しかし20分くらい入ってると、汗がどんどん出てきます。

この効能がナント・・

「自律神経不安定症・不眠症・うつ状態」

です。
私の妻が病気でその後・・うつ状態の時に、ここによく行きました。(今は快癒しました)

さらにここの「農民の家」には温泉の泉質が異なる種類で

「4つ」

もあるのです。
一か所に行って、4種類の温泉を経験することが可能です。


(出典元:http://www.noumin-onsen.or.jp/より引用
(中央の建物が農民の家本館)

まあ・・でもきれいなところで、温泉を楽しんでおいしいものを食べて、ゆっくりと過ごしたいですよね。

余談でした。
もし興味のある方は、上記で紹介した「湯元 吉祥」から歩いて10分かからないですね・・多分。

アクセス

新幹線
古川駅よりJR陸羽東線で48分鳴子温泉駅より徒歩7分
古川駅よりバスで1時間鳴子温泉駅より徒歩7分


高速道路古川インターより、47号線を鳴子方面に向かって、約40分

鳴子温泉 湯元 吉祥予約はこち

銀山温泉/山形県


(出典元:http://www.ginzanso.jp/より引用)

ここも何度も行ったことがあります。
ただ、日帰りのみで宿泊したことはないのです。

が・・しかしこの昭和と大正時代を思わせる、レトロな雰囲気は何とも捨てがたいいいものですね。

何度いっても、ここを散策していると、心が落ち着いてきます。

いいところです。
私の家からだと車で1時間半~2時間くらいですね。


(出典元:http://www.ginzanso.jp/より引用)

散策していると、足湯があって、そこに足を入れて座ってると、体があったかくなってきますよ~~

いつかここに泊まってみたいな~~
なんて思うのですが、なかなかチャンスがなくて、今まで来てしまいました。

あんまし近いと宿泊しないものですよね。

何時もいけない遠くにばっか、目が行ってしまうんだよね~

考えてみれば、近くにもいっぱいいいところがあるんですよね!


(出典元:http://www.ginzanso.jp/より引用)

ここでいいなあ~と思うのは露天風呂ならここかな・・

「仙峡の宿 銀山荘」

露天風呂はすごいですね。


(出典元:http://www.ginzanso.jp/より引用)


(出典元:http://www.ginzanso.jp/より引用)

写真で見れば、見るほどレトロですよね。

なかなかこういう風景って見られないと思います。

アクセス
住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑417

JR
JR大石田駅下車 市バス40分 タクシー30分

東北自動車道から山形自動車道へ入り、山形方面へ~東根IC~国道13号線を新庄方面へ、尾花沢に入ったら右折し、国道347号線

宮城県側から行くのであれば、鳴子を経由していくルートも、特に秋なら観光にはおすすめです。

銀山温泉予約はこちら

新高湯温泉 吾妻屋旅館/山形県

ここの温泉のキャッチフレーズが

「山奥の秘湯!」

です。
さすが山奥です。
私が住んでるところも山奥ですが、これほどではもちろんありません・・

露天風呂は絶景!

内風呂はヒノキの風呂で、極楽感は最高ですね。
ここは行ってみたいな~~

人気のようですね~~
なんと露天風呂が4つもあるんです。

眺望露天風呂


(出典元:http://www.on1000.jp/spa.htmlより引用)

根っこ風呂


(出典元:http://www.on1000.jp/spa.htmlより引用)

大岩たぬき風呂


(出典元:http://www.on1000.jp/spa.htmlより引用)

滝見露天風呂


(出典元:http://www.on1000.jp/spa.htmlより引用)

眺望露天風呂は開放感抜群の、まさに絶景!

滝見露天風呂も、滝を見ながらの露天風呂なんて、いかがですか~~

まさにここは、山奥の秘湯中の秘湯と、言えるかと思います。

向こうに見える風景は、西吾妻の1126メートルの、雄大な風景です。

まさに秋なら絶景と言えます。

勿論源泉かけ流しの、温泉です。

温泉につかって、米沢牛を戴くなんて言うのは如何ですか~~

アクセス
所在地:〒992-1472 山形県米沢市大字関湯の入沢3934


東北道・福島飯坂ICよりR13号 → 米沢市より県2号を経て55km → 福島飯坂ICから75分
磐越道・会津若松ICよりR121号 → 米沢市より県234号で小野川 → 県2号を経て85km
→ 会津若松ICから100分

電車なら
JR米沢駅(よねざわえき)~天元台湯元(てんだいゆもと)は山形交通の路線バス「白布湯元(しらぶゆもと)」行きをご利用頂き、終点「湯元駅前(ゆもとえきまえ)」から宿までの山道(1km)は宿で送迎

新高湯温泉 吾妻屋旅館予約はこちら

秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘/宮城県

宮城県の秋保温泉です。
佐勘は伝承1000年という歴史のある旅館です。


(出典元:http://www.sakan-net.co.jp/より引用)

私もかなり前ですが、行ったことがあります。

すごくいい雰囲気の旅館です。
私の娘が、看護学校を卒業した時に、記念に家族で行きましたが、すごくいいところで、ちょっと驚きました。(値段もよかったですが…)


(出典元:http://www.sakan-net.co.jp/より引用)


(出典元:http://www.sakan-net.co.jp/より引用)


(出典元:http://www.sakan-net.co.jp/より引用)


(出典元:http://www.sakan-net.co.jp/より引用)

間違いなく秋保温泉では、ベストなチョイスの温泉であることは間違いないと思います。

日帰りのプランもありますから、ここで予約しておいしい料理を食べて、露天風呂に入って一日ゆっくり・・

なんてのはいいですね。

仙台駅からの送迎バスが出てますので、気軽に利用できるかと・

仙台からも近いですから、とてもいいところです!

アクセス
所在地
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元


東北自動車道「仙台南IC」から車で約15分
仙台駅からは約40分
仙台駅からは、無料のシャトルバスが運行!

秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘予約はこちら

二岐温泉 大丸あすなろ荘/福島県

開湯は享保13年(1728年)と言いますから、古いですね。

でも、温泉の世界から見れば、比較的新しい方なのかもしれないです。

この温泉の特徴は湯船の割れ目から自噴する温泉にあります。


(出典元:http://www.daimaruasunarosou.com/より引用)

ブクブクと一人で湧き上がる、自噴する温泉はまさに温泉そのもの!

そんな感じです。

この大丸あすなろ荘には、6本の自然湧出の源泉があります。

そのうちの一本が、子宝の湯と称される、PHの値が子供を授かりやすいといわれる、子宝露天風呂があります。


(出典元:http://www.daimaruasunarosou.com/より引用)

渓流を眺めながら、渓流の音を聞きながらの露天風呂は気持ちいいですね

こんな景色が見れるのは、やはり秘湯ということなのだと思います。


(出典元:http://www.daimaruasunarosou.com/より引用)

子宝の湯という露天風呂はこれです。

う~~ん

実際はどうなんでしょうか?
まあそういうことで・・

二岐温泉 大丸あすなろ荘予約はこちら

アクセス
東北新幹線新白河駅東口発着
二岐温泉行バス「ゆったりヤーコン号」(片道500円・1日1往復要予約)

車なら
東北自動車道白河I.Cより県道白河羽鳥線を羽鳥湖方面へ。
国道118号を経て温泉へ(白河I.Cより約60分)

周辺観光では有名な大内宿と塔のへつりがあります。
昨年行ってきましたがとてもいいところです。

温泉ついでの観光もいいかと思いますよ~~

スポンサーリンク

東北の露天風呂付温泉秘湯まとめ

いろいろ勝手に書いてきましたが、自分が行ったことがあるところはそれなりに、紹介しました。

私は宮城県の山奥の僻地に住んでますが、車で1~2時間も行けば結構な数の温泉に行きつきます。

鳴子までなら1時間弱くらいですね。

花巻の大沢温泉までなら1時間半かな~~多分・・(高速で)

仙台まで1時間半くらいの距離です。

なので休日の過ごし方なら、温泉も楽しみの一つであることは、言うまでもないです。

勝手に秘湯などと、つけましたが、やはり露天風呂があるところは、秘湯というイメージがついて回るような気がします。

その基準で選んでみました。

でも紹介した温泉のほとんどは、楽天やじゃらんでは人気のスポットになってるようです。

勿論話題性がなければ、やはり行きませんよね~~

当然私もそうです。

どんどん秘湯を制覇していきたいです!!

では皆さん温泉を楽しんでくださいね~~

温泉旅行は楽天トラベル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る