WGCメキシコ選手権2017の優勝賞金はいくら?賞金総額もチェック!

WGCメキシコ選手権が、メキシコの「チャプルテペクGC」 (クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック)で、開催されます。

開催コースの「チャプルテペクGC」のコースの内容と、賞金総額と優勝賞金などを、調べてみました。

松山英樹が出場しますが、その内容も含めて書いてみようと思います。

昨年までは「トランプナショナルドラール」での開催でしたが、今年はフィールドをメキシコに移しての開催です。

なんとなく、意味深なものを感じますが・・

スポンサーリンク

WGCとは

「ワールドゴルフチャンピオンシップ」(世界ゴルフ選手権)

の略称です。
こういった呼称ですから、参加資格はまさにチャンピオン級です。

参加資格なども厳正に決められてますので、含めて紹介します。


(出典元:http://www.ebigbridge.com/より引用)

WGCメキシコ選手権賞金総額と優勝賞金と大会日程!

wgcメキシコ選手権の、大会概要(日程など)と賞金総額と優勝賞金額、開催コースを調べてみました。

概ね下記のようです。

  • 大会名称:wgc-メキシコ選手権
    開催日程:2017年03月02日~03月05日(現地時間)
    開催コース:クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック(チャプルテペクGC)
    今回の設定:7330yd(パー71)
    賞金総額: $9,750,000
    優勝賞金額:$1,660,000

えらい高額な大会です。
優勝で166万ドルですからね~~

すごいです。
メジャー級ですね。

さすが純メジャーという位置づけを、証明しているような大会にふさわしい、賞金額だと思います。


(出典元:http://lopezdoriga.com/deportes/より引用)

松山プロ・・・ぜひ優勝してほしいね!

WGCメキシコ選手権参加資格と大会概要!

今週はWGCメキシコ選手権が開催されます。

日本からはもちろんですが、「松山英樹」が参戦します。

そのほかには池田勇太と、谷原秀人、キムキョンテプロが参戦します。


(出典元:http://www.golfadvisor.com/より引用)

WGCメキシコ選手権の参加資格

次のようの基準のようです

  • 1:世界ランク50位以内であること
    2:アメリカPGAツアーで30位以内
    3:ヨーロピアンツアー賞金ランク20位以内
    4:日本ツアーの賞金ランク3位以内
    5:南アフリカツアー賞金ランク3位以内
    6:オーストラリアツアー賞金ランク3位以内
    7:アジアツアー賞金ランク3位以内

とこんな感じの参加資格のようです。

上記の日本選手の参加基準では、谷原秀人とキムキョンテプロは、賞金ランク3位以内という基準での資格のようです。

ZSTAR XV 2017価格比較はこちら

開催コースのチャプルテペクGCってどんなコース?


(出典元:http://www.todoensubastas.com.mx/より引用)

wgcメキシコ選手権の舞台は

「チャプルテペクGC」

です。
詳しい名称はどうやら

「クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック」

というようです。
今回の設定は

「7330yd(パー71)」

という設定のようです。
しかし昔と比べて、距離が長くなったな~~って思います。

今や普通に7300~7500ヤードですもんね~~

しかもパーが71で。
これだけ道具が進化して飛ぶようになると、コースの設定もこうなるのかな~~なんて思います。


(出典元:http://begolf.mx/123352/より引用)

チャプルテペクGCの歴史

まず所在地ですが、メキシコシティーとナウルパンの間に位置するそうです。

開場は1928年と言いますから、今から約90年前!

オーガスタより古いですね。

設計は当初1899年に全米オープンチャンピオンの

「ウィリースミス」

さんという方です。
しかし1916年に他界してしまったために、その後を引き取ったのは彼の兄弟の

「アレックス」

さんという方です。
ここでは1944年に「メキシコオープン」が開催されたのが、一番最初のツアーですね。

1960年までこのチャプルテペクGCで単独の開催でしたが、その後持ち回りになったようです。

その後1972年に

「パーシークリフォード」

という方が大規模に改修されたとあります。

さらに昨年6月のこの地での開催が発表されてからというもの、ここ数か月でまたまたWGC開催のための改修工事が、大規模で行われたようです。

まあアップグレードということですね。

昨年までは前述しましたが、「トランプナショナルドラール」での開催でした。

何とも政治的な臭いがぷんぷんしますが、昨年の覇者は

「アダムスコット」

でした。
昨年はアダムスコットは、前週のホンダクラシックでも優勝して、連勝でした。

さて今週はどうでしょうか?


(出典元:http://begolf.mx/123352/より引用)

コースの写真ですが、おおむねこういう感じのコースのようです。
一説には林間コースで、日本のコースによく似ているという方も、いらっしゃいました。

なるほどこれまでは、シーサイドであったり、アメリカのあのリゾートを思うようなコースだったのですが、ちょっと違うようですね。

スポンサーリンク

WGCメキシコ選手権のまとめ

大会の概要は下記のようです。

  • 大会名称:wgc-メキシコ選手権
    開催日程:2017年03月02日~03月05日(現地時間)
    開催コース:クラブ・デ・ゴルフ・チャプルテペック(チャプルテペクGC)
    賞金総額: $9,750,000
    優勝賞金額:$1,660,000

この賞金総額ですが、まさにメジャーに匹敵する金額です。

昨年の全米オープンの優勝賞金が

「189万ドル」

ですから、その差20万ドル強・・といったところですね。

通常のツアーの賞金は、大体120万ドル前後と比べれば、50万ドルほど高いんですね。

まあビッグな大会であることは、間違いがないです。

日本からは、松山英樹のほかに3選手が出場します。

池田勇太プロ、最近というか、今年はまったく絶不調のようですね~

折角ドライバーを、キャロウェイのGBBのサブゼロに交換して、いい感触だって言ってたのですから、ここでは頑張ってほしいな!

では皆さん今週末もゴルフで楽しみましょう!!

コース予約は楽天GORA

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る