吉岡 里帆のカルテットの悪女役の演技に絶賛?はまり役と評判!

火曜夜10時の枠のドラマ

「カルテット」

ですが、徐々に視聴率が上向いて、きたそうです。

その一端が

「吉岡 里帆」

さんの悪女役がはまってるという、評価なんだそうです。
吉岡理帆さん演じるのは、ライブレストラン「ノクターン」の、アルバイト店員なのですが、悪女っぷりがはまってると・・・!

スポンサーリンク


カルテットの主演は松たか子さん演じる、巻真紀さんのようですね。

ある日4人は(カルテット)偶然にも出会った!

そして軽井沢の別荘で、カルテットを組んで共同生活することに・・・

脚本は脚本家の坂元裕二氏が書いた、完全オリジナルのドラマです。


(出典元:http://www.ateam-japan.com/ateam/より引用)

吉岡理帆のカルテットの悪女役の演技に絶賛!

このカルテットのテーマは番組案内によると・・

「大人のラブストーリー*ヒューマンサスペンス」

なんだそうです。
4人はそれぞれに事情を持った、30代の男女二組!

文字通りカルテットを組んで、演奏するレストランはライブレストラン

「ノクターン」

なわけです。
そこのアルバイト店員役が

「吉岡 里帆」

さんなわけですね~~

そこでの吉岡 里帆さんの悪女ぶりに・・視聴者のコメントがすごいことに・・

「人の弱みに付け込んで、暴力的で心をかき乱す女!」

このように書かれているようで、その役をこなすあまりにあまりにも迫真で・・

「真紀を問い詰めるシーンに嫌悪感」
「テレビに向かって『このクソガキ』って声が出ちゃった」

これはもう役者冥利ではないですか?
完全にこの役にはまってる、としか言いようがないですね。

視聴者のこの意見が、観る者の心を揺さぶっていると言えそうです。


(出典元:http://www.ateam-japan.com/ateam/より引用)

悪女の役は難しいのか?

私は素人ですから、わかりませんが、いろいろ調べてるとこの悪女役、というのは極めて難しいようです。

「簡単そうでいて然し、かなり難しい!」

ということのようです。

「悪人顔をするのは簡単ですが、悪びれもせずに“悪”を演じるのは難易度が高い。しれっとした表情で毒を吐いたり、平然と相手を追い込むような演技をする必要がありますから。そのためには、中途半端ではない“突き抜けた演技”が要求されます。その点で、吉岡の演技は光っていますね」

こういう評価のようですよ~~

確かに気づかれないように、自然と悪がにじみ出るような演技!

これはできないよな~~

半面、菜々緒さんも悪女で有名ですが、菜々緒さんの場合は極めて美人なわけです。

菜々緒さんは美人で完璧であるという、優越があるといいます。

然し吉岡さんは自然な、どこにでもいる女性です。

どっちが難しい?

後者がピカ一に難しいそうですよ~~

ということは、吉岡 里帆さんはこういった役に今後はまっていくかも!

活躍するかもしれないですね。

 

さてカルテットは21日(2月21日)から、第二章に入っていきます。

どんな展開になるんでしょうか?

皆さんこういう評価の吉岡さんも、期待を込めて・・なるほど~~~

ってな感じで見るとまた違った味が、ドラマに出てくるかもしれないですね。

吉岡 里帆さんのプロフィール

吉岡 里帆さんの簡単なプロフィールは下記です。


(出典元:http://news.walkerplus.com/article/より引用)

生年月日:1993年1月15日(24歳)
出生地 : 京都府京都市右京区
身長 :158 cm
血液型 :B型
職業 :女優・グラビアタレント
ジャンル:映画・テレビドラマ・CM
活動期間 :2013年 –
事務所 :エーチームグループ
最終学歴:京都橘大学
公式サイト:http://www.ateam-japan.com/ateam/yoshiokariho/
公式ブログ:http://ameblo.jp/yoshi-rihorihoriho/

(wikipediaより引用)

吉岡 里帆さん、公式ブログでもカルテットの宣伝をしていますね!

ご自分が出演ですから当然かと。

まだ24歳の方なんですね・・これは知りませんでした。

特技は書道とアルトサックスなんだそうです。
何と書道は八段で書道化を目指して、大学に進学したそうです。


(出典元:http://news.mynavi.jpより引用)

NHKの連続小説「あさが来た」で好演して一躍注目の人に!

ゼクシーの9代目のイメージガールに、採用されています。

これ方がすごく期待される方ですね。
悪女役にはまってますが、なかなかそれを演じれる方って、いないですからね!

スポンサーリンク

吉岡 里帆の悪女役のカルテットまとめ

最近のドラマというと、かなり売れたコミックの実写版であったり、はまり漫画をドラマに作り替えたりというのが、流行りのようですが、このカルテットは完全オリジナルのようです。

本来ドラマというのは、脚本家の方が書くオリジナルであったはずなのですが、簡単に視聴率を取れる・・・

そんな意味合いが強いのかな~~

なんて私は勝手に思ってました。

このカルテットは、オリジナルの物語です。

然し偶然出会った30代の4人が共同生活?

この偶然は必念だった!

っていうことになりそうな気がするのですが、どうかな?

誰かが仕組んだ出会いだった??

なんてね!

サスペンス調でも、大人のラブストーリーという命題があるようですから、それなりのドラマ展開なのだと思います。

さて吉岡さん、これからどういう悪女を演じていくか・・

期待して見ましょう!!

吉岡里帆写真集ほか

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る