畑岡奈紗クラブセッティングは?スポンサー契約先や使用パターを調べた!

畑岡奈紗プロはプロ宣言して、クラブセッティングをどこと契約するか、注目されてましたが

「ダンロップスポーツ」

と、クラブ使用のスポンサー契約をしました。
契約額はいくらなのかな?

今年からアメリカのLPGAに参戦中です。

大型新人で、アマでしかも高校生の現役で、キャディーはその時お母さんで・・

「日本女子オープン」

を制し、優勝したのですから、期待料もあったと思います。

ヒルズゴルフ・トミーアカデミー(中嶋常幸主催)所属なので、ダンロップという選択だったかとも思いますが・・

スポンサーリンク


畑岡奈紗プロのスポンサー契約先って、気になりますよね。

プロは有名になればなるほど、勝てば勝つほどに価値が上がって、スポンサーもついていって、言わばそのスポンサーの、広告塔の役割を担うわけです。

さてクラブ契約先やスポンサー、そして気になるクラブセッティングを見ていこうと思います。


(出典元:http://news.golfdigest.co.jp/news/より引用)

畑岡奈紗スポンサー契約先は?

プロ宣言したからと言って、有力なスポンサーがつくというのは、これは異例中の異例ですよね!

いくら稼ぐか、どういった成績を残すかは、未知数だからです

今はまだ期待値を込めた価格と、将来性を買ってるとしか言いようが、ないと思います。

勝負の世界って、半端なく厳しいですから。
ゴルフとおんなじ

「上がってなんぼ」

の世界かと思います。

さてそのスポンサーですが、

「森ビル」

が3年の契約を結んだようです。
それもそのはずで、「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」は森ビル傘下の会社が運営に深く関与しているということで、優等生の畑岡さんには最高のプレゼントになったようです。

契約期限は2017年1月13日で、この日は畑岡さんの誕生日だそうです。

ダンロップとスポンサー契約

クラブはダンロップと契約したようですね。

小さい時から、用具はダンロップだったそうです。
ダンロップには愛着があったのと、恩師の中島常幸プロも、ダンロップの契約プロです。

そんな縁で、自然とダンロップに決まった節があります。

私はそんな印象を覚えました。

尚、契約期間は複数年ということで、何年なんでしょうか?

まあ複数年ということで・・

畑岡奈紗プロのクラブセッティングと使用パターは?

畑岡奈紗プロのクラブセッティングは下記のようになるようです。

勿論ダンロップです。

  • ドライバー:スリクソン Z545 ドライバー (8.5度)
  • ウッド:スリクソン Z F65 フェアウェイウッド (3番15度)
  • ユーティリティ:スリクソン Z H45 ハイブリッドユーティリティ(3番)
    スリクソン Z U65 ユーティリティ (4番)
  • アイアン:スリクソン Z745 アイアン(5番~PW)
  • ウェッジ:クリーブランド 588 RTX 2.0 ウェッジ(48、54、58度)
  • パター:ピン スコッツデール パター PIPER C
  • ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR XV ボール

パターのみがピンで、あとはすべてダンロップです。

ウェッジのクリーブランドですが、これもダンロップの傘下です。


(出典元:http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/より引用)

クリーブランド 588 RTX 2.0 ウェッジ価格比較はこちら

このウェッジの

「 588 RTX 2.0 ウェッジ」

のフォージドタイプは、松山英樹プロが監修したというモデルのようですね。

パターの

「ピン スコッツデール パター PIPER C」

は中古品しかないようです。
この商品はすでに、生産完了品なのかな??多分!


(出典元:http://www.golfpartner.jp/item/より引用)

ピン スコッツデール パター PIPER C価格比較はこちら

最後にドライバーですが、「スリクソン Z545 ドライバー (8.5度)」です。


(出典元:https://golf.dunlop.co.jp/magazine/より引用)

スリクソン Z545 ドライバー 価格比較はこちら

松山英樹プロは、昨年までドライバーはスリクソンのZ-30でしたが、キャロウェイに変更してから、絶好調ですね。

ドライバーだけの要因ではないと思いますが、でも大きなウェイトを占めているのは間違いないです。

畑岡プロはスリクソンZ545で、今年のツアーを戦うんだと思います。

スポンサーリンク

畑岡奈紗クラブセッティングのまとめ

畑岡奈紗プロのスポンサー契約や、クラブセッティングを調べてみて、書いてみました。

ダンロップは、以前から使っていたということで、自然な流れだったんだと思います。

それと中島常幸プロが、ダンロップの契約プロだということも、きっかけだったとも思います。

「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」

では最初の優勝者・・何かな…たぶん。

優等生ですね!

然し森ビル関連企業が、中島常幸プロ主催の

「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」

を運営主体の会社とは、思いもしませんでした。

確かに「ヒルズ」といえば森ビルだな~~

さて前回のアメリカツアーでの初戦は、予選落ち!

今週のISPSハンダオープンははどうでしょうか?

期待してみましょう!!

コース予約は楽天GORA

尚・・本セッティングは2017年2月14日現在の、セッティングのようです。
今後新商品、もしくはプロはその日の調子で、クラブを変更する場合もあるようですので、それなりに見てくださいね。

変更があった場合はまた追記します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る