ホワイトバイトは職種で楽して稼げるか決まる?主婦のおすすめチェック!

楽して稼げるバイト=ホワイトバイトという、構図になるのかな?

その反対は言うまでもなく、よくネット上で聞く

「ブラックバイト」

つい先日もコンビニバイト休んだら、休んだ分の時給分を天引きされたって、いうのが書いてたけど・・

ホワイトバイトというのは、楽して稼げる?

ではその職種は?

スポンサーリンク

ブラックバイトなら頻繁に聞きますが、ホワイトバイトってあんまし聞かなかったです。(私は・・・)

でも実際にそんなバイトがあるんですね。

でも世の中には、ただほど高いものはないっても言いますから、本当かどうか疑ってかかった方がよさそうな気がしますが、どんなものでしょうか?_

ホワイトバイトの職種を調べてみた!ほんとに楽して稼げる?

(ここからはまったく私の考えと経験則が、占めますのでそのおつもりでお読みください。)

昨日「週プレ」の特集記事が載ってましたが、その中でネットでも公開されてましたが・・

  • 1:セルフのガソリンスタンド
    2:郊外の国道沿いのカラオケ
    3:オフィス街の出来高制宅配業ホワイトバイト

このほかにもあるそうですが、詳しくは紙面で見てくださいね~

って観てきたんだけど、やはり出版物なので公開は控えます。

この三つを見てみますが、すべてホワイトなのかというと、そのアルバイトの勤務先にもよると思いますよ~

セルフのスタンドでも、私が行ってるところはきちんと誘導していますし、セールの企画があればチラシ配りもやってます。

あと外なので、今の時期は寒い!

中にいる人、いるっちゃ~~いるけどそんなに楽かな?

って思ってしまいました。

2番のカラオケ店だって、私も誘われていきますが、基本運転手は決めてあとは飲んで騒ぎます。

「おいこれ片付けるの大変だな…」

って思うの時は結構ありますね。

3番の宅配バイトですが、これ引っ越しって自分の場合は、最高に嫌なバイトだ!

まずは荷物の整理が成ってないと、なかなか進まない。

確かに運ぶものが決まってるのなら、それなりにいいかもしれないが、時間が有効に使えるかというと、そうでもない気がする!

って勝手に書きましたが、基本的には下記のことがかなり影響すると思います。

どの職種がホワイトなのかは個人の価値観で違う!

皆さんは何が得意で、何が苦手ですか~~

私がこれまでの経験則で考えたことは下記です。

  • 1:仕事が暇だから楽
    2:人間関係が楽なのか
    3:肉体的に楽なのか
    4:自分に向いてるから楽なのか
    5:ノルマがないから楽
    6:残業がないから楽
    7:ストレスがないから楽
    8:自分の得意分野だから楽

如何ですか~~
自分が楽な仕事って分類わけしたら、大体上記の8項目の中に入りませんか?

ちなみに私の場合は今の仕事に就いたのは、大きくは2です。
入ってみたら1も該当していました。

長年管理職をやってきたので、人と接する仕事や、労務を管理したりするのはもうやめたかった。

機械が相手の仕事がいいな・・そう思っていたのでした。(機械は感情がない)

これはバイトに限らず、仕事だって(正社員)同じですよね。

いろんな職種がありますから、自分にとって何がストレスなく働ける分野か、よ~~く考えることが大事だと思います。

そうすれば、きっと長く勤務して、長くバイトを楽しんでいくことができると思います。

主婦の方だって、大学生だって、社会人だって同じことだと思います。

皆さんはどう思いますか~~

私のバイト遍歴

バイトっていうと私が大学生の時にも、貧乏学生でしたから、いっぱいバイトしました。

何せ仕送りがホント少しだったし、女の子と付き合ったりするのも、基本大好きでしたから、お金がかかるんです。

でやったバイトは?

  • 1:板橋の出版会社で夜勤
    2:家庭教師
    3:喫茶店のバーテン
    4:バーのバーテン
    5:道路工事
    6:塾のビラ配り
    7:喫茶店のウェイター
    8:製造業のライン工
    9:新宿でディスコの客引き
    10:ベニヤ板作る工場の夜勤

などなど…
今思えばホワイトなのは、な~~~んもなかったな!

比較的ホワイトっぽいのは、1番だな。
実働は2時間くらいだった。

ひたすら校正が済むのを待っているんだったな。
できたら、それいくど~~ってあの輪転機に掛ける版を作るんだった!

あとのバイトははもう、ひたすら時間が過ぎるのを待つんだ。
(もちろん仕事しながら・・いやだった!)

スポンサーリンク

ホワイトバイトのまとめ

実際に自分が今やってるバイトが、ホワイトバイトだ・・

と思ってる方ってどんくらいいるでしょうか?

周囲から大変そうに見えても、やりがいがあったり、楽しかったりしたらそれは、本人にとってはホワイトバイトなんだと思います。

何を言いたいかというと、ただそこにいるだけでバイトになるっていうのは、ちょっと考えにくいです。

上記のホワイトバイトの3連発ですが、確かに楽そうに書いてますが、使う方にしてみればまず気が付く方の方が、いいに決まってます。

何もせずににそこにいるだけの方は、自分的には必要ないような気がしますね。

必要でも、それは短期で終わってしまいそうな、気がします。

必要以上のことはしない方と、少しの+アルファーがあって、一人でもセルフスタンドに来る客が増えるなら、そっちの方がいいに決まってます。

楽なホワイトな仕事ほど、代わりはすぐに見つかるはずですから。

楽な仕事だから・・・と安閑としているとある日即首!

なんてこともあるかもしれませんから、そこそこ空気は読んでいきたいでよね~~

ということでホワイトバイトのお話でした。

参考になったかどうかはわかりませんが、世の中美味しい話ばかりは無いですから、そればかりは注意してくださいね!

まず上の8項目を考えてみることをお勧めします。

すると自分にとってのホワイトな仕事が、おのずと見えてくるかもしれません。

バイトル[時給1,200円以上]を検索
バイトル[時給1,200円以上]の一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る